園だより

2018年06月08日

【河和田幼稚園】北風と太陽

在園のK君のお母さんから、こんなエピソードをお寄せいただきました。

園庭でブランコに乗っているわが息子Kちゃん。
首から紐の長い水筒をぶら下げており、ブランコを漕ぐたびに水筒が地面にこすられます。

私はイライラしながら「Kちゃん、水筒を取ってからブランコをしてくれる?
水筒、汚れちゃうし、傷がついちゃうよ。危ないし、水筒をママに渡して」と
何回も強く言いました。でも、Kちゃんは無視して水筒をぶら下げたままブランコに乗っています。

すると、隣でブランコをしていた年長のMちゃんがニコニコしながら私にこう言いました。
いいじゃない、やらしてあげれば。水筒をかけて、ブランコしたいんだよ、きっと。
こういうのが好きなんだよ、やらしてあげればいいじゃない
」と。

私は、ハッとしました。私は「水筒が汚れると面倒だから」と、
自分の都合で注意していたことを恥ずかしく思いました。
Mちゃんの言うとおりです。何とも言えない気持ち、この女の子の言うとおりだ。
何だか忘れかけていた熱いものがこみ上げてきました。

私は「そうか、そうだね、ありがとう」とMちゃんに言って息子の様子を見ていました。
暫くするとKちゃんはブランコから降り、
水筒をすぐに放り投げて砂場で遊びはじめたのでした。
水筒をぶら下げてブランコをすることに満足したのでしょうね。

私は、イソップ物語の「北風と太陽」を思い出しました。
私が北風、Mちゃんは太陽です。
無理矢理、力ずくで奪い取ろうとする北風、黙って見守るあたたかい太陽。

子どもがしたいこと、けれど親はしてほしくないこと、たくさんあります。
でも、子どもの目線に立って、子どもの興味や好奇心に共感することが大切なんだと、
Mちゃんに教えられました。
子どもは欲求が満たされると満足する、黙って見守るだけでいい、
子どもの頃の気持ちを忘れないで、いつも太陽でいたいものです。


おかあさんからお寄せいただいたエピソードの全文をご紹介しました。

P5181081「子どもはスゴイ」といつも言っていますが
ほんとうにすごいですよね。
Mちゃんはニコニコしながら、こんなことをさらりと言ってのける。
Mちゃんの笑顔は天下一品で、
その笑顔だけでシアワセになれそうなほどです。
こんな経験をできてKちゃんのお母さん、よかったですね。

ちなみに、この場面は降園後のひとこまです。
お母さんが2時にお迎えにいらして、お庭で3時まで遊べるようにしているので
年次が混ざり合って遊ぶようになります。
年少のKちゃんと年長のMちゃんがブランコで隣り合わせになり
そのようすをお母さんが見ている、そんな中で生まれたエピソードなのです。

こういう いろんな人がごちゃまぜの混ぜの中で、
ほんとうの学びが生まれるのかもしれません。
子どもは親に育てられるのですが、親も子ども(わが子ばかりでなく)に育てられるのですね。
子どもという存在は、ほんとうに宝です。

kawawadayochien at 17:10|この記事へのリンク

2018年06月03日

【河和田幼稚園】子どもの力+おとなの力

今日は昨日に引き続きとてもいい天気
幼稚園の庭にお父さんたちが集まりました。
今日は父の日にちなんで、お父さんたちと一緒にオリエンテーリングです。
P6031133
みんなでラジオ体操。
準備運動です。
「会社でもやっているので、
会社をちょっと、思い出しちゃいました」
というお父さんもいらっしゃいました。

年次別にグループを作り、リーダーを決めて
ポイントを巡るコースを決めたり、休憩場所を決めて歩きます。
P6031137今日は子どもたちが案内役です。
とは言っても、お父さんやお母さんが一緒だと
やっぱり何かと甘えたい子ども達。
まわりの風景を楽しむ・・・とまではいかないことも
あったようですが、子どもと1時間以上ゆっくり時間を
ともにする経験になったようです。

その中で、子どもの意外な一面にであったり
他のお父さんと話す機会があったり、
身近な所にこんな景色があったのかと発見したり・・・
新鮮な一日になったようです。

<アンケートから>
・大人の私はものすごく疲れましたが、息子は常に走っていて
 たくましさも感じられました。
・家での姿とまたちがった子どもの日常が見られて楽しかったです。
・いつもそんなに歩かないのに、きょうは頑張っていて
 成長が感じられました。
・今回初めての竹林が、一気に自然の景色になり
 「ここは河和田か?」と驚きました。
・車は便利ですが、子どもと歩くのはいいですね。
 子ども達も鼻歌をうたい、楽しそうでした。
・ふだん歩くことのない道を歩き、こんなところもあるのか!と
 発見が多く楽しめました。子どもと一緒に行動するだけでも楽しかった。
・実際歩いて見て、目で見て、耳で聴いて
 改めてステキな場所がたくさんあって感動しました。

P6031140ゴールでは記念写真を撮ったり
ゴールの印のお花を付けたり
みさと先生からゴールインの印に
<ゴール印>をもらったり
子どもの力・大人の力を合わせて楽しむ
オリエンテーリング。

お休みの子もいて、残念でしたが
ぜひぜひ、親子で河和田町を歩いて見てください。
お疲れさまでした。






kawawadayochien at 13:36|この記事へのリンク

2018年06月01日

【つぼみちゃん】みんなで新聞紙あそび

今週のつぼみちゃんでは
新聞紙あそびを楽しみました

新聞紙は変幻自在
まずは広げて顔を隠して「いない・いない・ばー」
棒状に丸めてクルッつと円を作ってドーナツやハンドルに
P5311122








ドライブに、しゅっぱーつ
トンネルをくぐって進みます

くしゃくしゃに丸めるとボールに早変わり
キャッチボールが楽めます
サッカーも新聞紙ボールは転がりすぎず つぼみちゃんにはピッタリ

P5311124








最後は新聞紙あそびの醍醐味
ビリビリに破いて楽しみます
子どもたちも大興奮
お母さんにかけたり、新聞紙に埋もれてみたり
思いきりあそびました

P5301113









そして、大きな布の上に新聞紙をたくさん乗せて
「3・2・1」の合図で上に持ち上げ
布を勢いよく引き抜くと・・・


P5311129








新聞紙が部屋中に舞い散ります
子どもたちも「わ〜っ」と声をあげて見あげます。
お母さん達もうれしそう。
集団だからこそできるダイナミックな楽しみ方
こんな瞬間に“みんなで楽しむ”ということを感じることでしょう。
また、みんなで遊ぼうね 

kawawadayochien at 09:02|この記事へのリンク

2018年05月26日

【河和田幼稚園】たかが遊び?

新聞紙はいろいろなことに使われます。
ちょっとしたものを包むとき、何かの下敷きにしたり、
荷造りの詰め物にされたり、その大きさとか紙質とかが重宝されてます。
幼稚園の遊びでも、様々に使われます。
きのうは<新聞紙ジャンケン>で使いました。
<新聞紙ジャンケン>は、ご存知でしょうか?
広げた新聞紙の上に立って、ジャンケンをして
負けたら新聞紙を半分に折っていきます。
IMG_2194
この写真は2回負けた状態ですね。
この子は結構ジャンケンが強くて
他の子の新聞紙はもっと小さくなっています。
「ぼく、まだ2回しか負けてな〜い」
とうれしそう。

IMG_2199ところがその後、どんどん負けて
半分の 半分の 半分の・・・とあっという間に
こんなに小さくなってしまいました。
それでも強い方ですね。
周りには、もう立てないほど小さくなって
ゲームが終って座っている子もいます。

IMG_2197
新聞紙が小さくなっても
子ども達は何とかがんばってゲームを続けようとします。
つま先にぐっと力をいれて
お姫様みたいなスカートをはいてるこの子も
ふんばっています。

遊びの中には、いろいろな要素が含まれていますが
この新聞紙ジャンケンもそうですね。
ジャンケンを理解していなければ楽しめないし
「半分」という概念がわかって半分に折れないとゲームはすすみません。
そして、新聞紙が小さくなったときにはバランスをとって、踏んばって立つ力も大事。
ジャンケンする時は、後出しジャンケンはしない等のフェアな精神も必要です。
こういう様々な力が備わって、ゲームが成立し、悔しさも経験しますが
楽しめるわけですね。

たかが遊び、されど遊び。
子ども生活にはいろんな遊びがあって、子ども達は育っていきます。

kawawadayochien at 12:16|この記事へのリンク

2018年05月21日

【河和田幼稚園】ハローハロ!

毎年のことですが、今の季節、幼稚園のフェンスには
テイカカズラの花が満開です。
P5190266ほら、この通り星のような5枚の花弁の白い花が
無数に咲いています。
そして、かぐわしい香りがあたり一面に
ただよっています。
こういう風景や香りは、
子どもにどのように記憶されるのでしょうね。

香りは人の記憶に留まって、その記憶はその周辺の記憶とともに刻まれるのだとか・・・。
楽しい思い出とともに、記憶されますようにと願わずにいられません。

P5181081また、木々のみどりを仰ぎ見れば
初夏の日差しが葉っぱごしにやさしくふりそそいできます。
これが風にゆれたりすれば、
木漏れ日がキラキラとふりそそぎます。
幼稚園のまだまだ生長中の木々たちからも
こうして自然の美しさが感じられます。

そうそう、きょうお昼頃、空を見あげましたか?
何でも写真を撮る習慣がないので、写真でお伝えできませんが
超レアな大気現象が見られたのですよ。
お日さまのまわりに、大きく光の輪ができて
その輪はちょっと虹がかっていました。
ちょうど、降園の時間だったので「みなさん、空を見あげてください」
とマイクでアナウンス。
まぶしい太陽を手をかざして防御し、
広がる光の輪をお迎えのお母さん方と観測しました。
インターネットで調べてみると<ハロ現象>又は<日暈(ひがさ)>というそうです。

今日のような日差しが強い日は、お日さまを見るなんて普通しませんが
上空かなたでは、いろんなことが発生しているのですね。
うつむいて地面ばかりを見てないで
「お〜い」と大声をだして、空を見あげるのも楽しいですね。
明日はどんな空になるかしら?



kawawadayochien at 20:21|この記事へのリンク

2018年05月05日

【河和田幼稚園】やさしき大男

P4180983この花、実物はもっと華やかで賑やかな感じ。
「きれいだね〜」と年長の女の子たちがいるところで言ったら
「この花、ダンスパーティーっていうんだよ」と教えてくれました。
なるほど、ダンスパーティーの賑やかな音楽や声が聞こえてきそうです。
アジサイの種類らしく、そういえばガクアジサイと同じような姿です。
ピンクや白で、雰囲気がだいぶ変わるものですね。

ところで、5月2日の夕方から幼稚園の遊戯室で合唱セミナーが開かれました。
河和田幼稚園合唱隊Mammyの指導をして下さっている原田先生からの依頼で
合唱セミナーの会場となったのです。

<東京カンタート2018 サテライトセミナーin水戸>という
合唱界では名の通ったセミナーとのことで、講師も何とオーストリアから来日。
ウィーンを本拠地に活動しているエルヴィン・オルトナー氏。
ルネサンス・バロック期の作品から現代作品まで、
またアカペラから管弦楽との大規模な作品やオペラまでと
レパートリーがとても豊富で、かつ高水準な演奏が好評を博している指揮者とのこと。

男女学生を中心に50人ほどの受講者とともにオルトナー氏の指導を見学しました。
年齢は70歳くらい、身長は190僂らいで、小豆色のポロシャツ姿。
リラックスして声を出すところから始まり
様々なことを語って語ってそして歌って、時にはピアノでリードして・・・でした。
心に残ったこと、感じたことを少しだけ伝えます。

●楽譜を読むということは、どういうことか?
音符や記号を几帳面に追いかけていく、ということではなくて
それらの流れの中でシューベルトが表現していることは何かを掴んでいくということ。
●合唱する時の自分はどうあればいいのか?
人と合わせて合唱だけれど、それより自分がどう感じどう解釈し、表現するか
そして指揮者と一人ひとりが音楽を分かち合うことを大切に。

通訳を通しての話は聞き取るのに多少の困難があり
ましてや本格的な合唱練習となると専門性も高いため
話の内容より話の雰囲気から学んでいく時間となりました。
実はその日の午前中、子ども達との時間の中で、
もっともっとその場その場で感じたり、思いを分かち合いたい、と思う瞬間があり
現実と通じるオルトナー氏の話しに、勝手に頷いて聞いておりました。
今どきのあり方は、いろいろな束縛を生みますが、
ウィーンからやってきた“やさしき大男”のオルトナー氏によって
遊戯室が混声合唱の豊かな響きでいっぱいに満たされる頃には
わたし達は、実はもっと自由になれる場や時間がたくさんあるのでは?
とさえ思うに至ったのでした。



kawawadayochien at 15:26|この記事へのリンク

2018年04月29日

【河和田幼稚園】緑の美しい季節に

まだ春とはいいがたい時期に幼稚園の水辺にカエルがタマゴを産み、
例年より早く訪れた桜の開花とともにオタマジャクシが元気に生まれ
池のなかを気忙しく動き回っていました。
そして、ここ1週間は水辺から大合唱が聞こえてきます。
♪ カエルの歌が 聞こえてくるよ
♪ 
グワッ グワッ グワッ グワッ
♪ ゲロゲロ ゲロゲロ グワッ グワッ グワッ

カエルの歌はこのように歌いますが
幼稚園のカエルは、ちょっとかわいらしく歌います。
まりが転がるように、というか。
大合唱中のカエルの姿を見てみよう、と水辺にいってみますと
歌は聞こえど、姿は見えず・・・
よ〜く目を凝らしましたが、ついに見つけられませんでした。

IMG_2009新緑が目にまぶしい季節
年中さんは報佛寺にさんぽに出かけました。
たくさんの緑があふれています。
濃いみどり、鮮やかなみどり、明るいみどり・・・
風の温かさと
キラキラの光が子ども達を包んでくれています。

IMG_2008鐘つき堂の石段を登るのも
木々の間からこぼれる春の日差しを
感じながら、何だかワクワクします。

身近な環境の中で、
お寺は自然が大切にされている場所のひとつです。

ところで、4月26日のエピソードをお話しします。
年中の仲良しの男の子4人が帰りの支度をしておりました。
おしゃべりしながらなので、なかなか進みません。
「誰が一番はやいかしら?」と先生が声をかけると
やっとスイッチが入って、ぐんぐん支度が進みました。
ところが近くにいたAちゃんはマイペースで支度しており、 
一番最後になりました。すると4人組の一人が
さっきまでのことは棚に上げて
「Aちゃん、おそ〜い」と言ったのですね。

すると、傍にいた年長のKちゃんがこう言いました。
「Aちゃんもがんばっているのに、そんなこと言ったら
悲しいでしょ。だから叩くんだよ」
Kちゃんがこんな風にいうのも、年中の頃にAちゃんから叩かれたからです。
そんなことがあっても、子どもは学んでいるのですね。
叩くのは、いいことではないかもしれないけれど
成長の過程では、言葉で表せずに思わず手が出ることもある。
子ども同士の生活の中で、子どもはこんなにも繊細で複雑なことを
感覚的に理解しながら学んでいる。
そして、その積み重ねが言葉になって、年下の子に心を込めて伝えられる。
Kちゃんから諭された年中の子は、ポロリと涙をこぼしたそうな・・・。

一つひとつを大切にしながら過ごす日常の中で、子どもは良く育っています。
子どもが自分の速度で出来事を咀嚼できるよう、ゆったりした時間を大切にしたい。
大人はそんな子どもの姿を見守って、しみじみと子どもから学んでいきたい。




 




kawawadayochien at 13:03|この記事へのリンク

2018年04月21日

【河和田幼稚園】ぐるんぱのビスケット

ひとりぼっちのぐるんぱは、お風呂も入らず仕事もしません。
見かねた仲間たちが、ぐるんぱを働きに出すことに。
最初に行ったのは、ビスケット屋さん。
はりきって特大ビスケットを作りますが・・・

という「ぐるんぱのようちえん」という絵本があります。
ぐるんぱが作った特大ビスケットって、どんなビスケット?
食べてみたいなぁ、子どもならずとも大人だって食べたくなります。

そんな食いしん坊のために「絵本からうまれた おいしいレシピ」というmookが
父母の会のくじら文庫>にあり
きょうの自由登園で、ぐるんぱの特大ビスケットを作ることになりました。

mudaiまずは生地をよく コネコネして
IMG_1963








わくわくしながら、よく伸ばして
竹串でポツポツ穴をあけたり
模様をつくったり。そして
オーブンに入れて焼きます。

台所から、いいにおいが流れてきます。あぁ、早く焼きあがらないかなぁ。
みんながコップをだして、麦茶を入れて待っていると・・・
IMG_1970
「お待たせしました〜焼けました」
わーい、おいしそう。どうやって食べる?
IMG_1971
みんなで食べるには
割らなくちゃね。
もったいないけど
思い切って割って
食べることにしました。



IMG_1975わーおいしい
ほっぺが落ちそう!

あんまりおいしかったので
「おかあさんにも食べてほしい」
Nちゃんから、そんな言葉がでてきました。
そうそう、おいしいものは分け合ってね。

お迎えにいらしたお母さん方に、コロコロのボーロのようなビスケットでしたが
食べていただきました。

おいしい時間の今年度初めての自由登園でした。
きょうは小学校の授業参観があったせいか、参加者が少なかったのですが
自由登園では、先生たちがいろんなたのしい計画を考えているので
この次の自由登園にはどうぞ、来てください。



kawawadayochien at 13:34|この記事へのリンク

2018年04月20日

【河和田幼稚園】さんにんさんよう、なのに

毎年、年度が改まるたびに鉢植えの花を買って園内に飾ります。
P4180987これは地球クラブの窓辺を飾るベゴニアです。
世界一のベゴニア育種専門農場、オランダのKoppe社が
育種した黄金色の花芯が特徴のベゴニアだそうです。
ベゴニアに挟まれてワンちゃんが座っています。
さて、今週火曜日、この地球クラブでのステキな話を
お伝えします。

登場人物は3人。ブログで実名を出さないことにしているのですが、
Y君とかSちゃんだと何だか話がつまらないので、太郎と正子と桃子ということにします。
その日の地球クラブは外遊びになり、3人は砂場で遊んでいたそうな。
正子がアイスクリームを作り、桃子が誕生日ケーキを作り、太郎は何かの仕事をしている・・・
つまり、三人三様ということ。
地球クラブのひろこ先生が正子のアイスを食べていると、
桃子が「誕生日ケーキにアイスのせてみようかなぁ」とつぶやいたので
正子がさっそくアイスを届けたそうな。
すると仕事をしていた(砂場なので穴掘り系の仕事なのでしょう)太郎が
休憩に入ったらしく「アイス食べたくなってきたな〜」とつぶやく。
正子はそれを聞きつけ、アイスを配達したそうな。

このフワフワとつながる会話のなんと上等なこと
「人にものをいう時は、お顔をちゃんと見ていうのよ」なんて
目くじら立てて“指導”とやらをしてたら、こんなステキな物語は生まれますまい。
三人三様でバラバラなのに、つながっている
ほんと、ステキ。







kawawadayochien at 20:16|この記事へのリンク

2018年04月19日

【つぼみちゃん】2018年度スタートしました!!

4月18日と19日から今年度のつぼみちゃんが始まりました
つぼみちゃんは、親子での未就園児クラスです
週1回、親子で幼稚園にきて遊んだり・おやつを食べたりして過します

今回は初回ということで
つぼみちゃんの説明やスタッフ紹介・園長の挨拶などの話がありましたが
動きたくてウズウズしている子ども達
頑張ってお話を聞いたあと、みんなでわらべうたで遊びました

いっぽんばし こちょこちょ 〜♪ と手の平をくすぐりながら
みなさんご存知の歌で親子のスキンシップ
こちょこちょこちょ〜の所になると子ども達の笑い声が響き渡ります

手の平だけでなく、今度はゴロンと寝ころんだ子ども達の全身に一本橋をかいて楽しみました
DSCF8218









続けて「うまはとしとし」 と 「ずくぼんじょ」 というわらべうたも楽しみました

わらべうたは、歌声があればどこでも気軽に楽しめます
ぜひ覚えて、お家でもたくさん楽しんでみてください

わらべうたとダンスの後は、自己紹介をしていただきました
DSCF8216

お名前・お子様のマイブーム・一言コメント
をそれぞれお話ししました




これから、子ども達もお家の方々もみんな仲良くなれますように

来週は、お庭に出て遊びます
お楽しみに

kawawadayochien at 14:16|この記事へのリンク
月ごと過去記事