園だより

2017年08月08日

【河和田幼稚園】やっぱり、スイカ割り

夏の自由登園は前期・中期・後期それぞれ2日ずつあります。
昨日・今日は中期の夏自(夏の自由登園の略称でナツジと呼んでいます)でした。
夏の楽しみの一つに“スイカ割り”がありますが、
昨日は計画的にスイカ割りをしました。
IMG_0746
さあ、この子は命中するでしょうか?
周りの子から「ひだり、ひだりぃ!」と
掛け声が飛んでいそうですが・・・




IMG_0747あ〜残念、ちょっとはずれたね。
何人も挑戦して、なかなか命中しないところも
スイカ割りの楽しいところ。
だけど、早くたべたいから
「目かくししないで、割っちゃおうか」
などと言う子でてきます。

P8070451みどりに黒のしましま模様のスイカが
やっと割れて
パカッと中身があらわれると
真っ赤!というのも感動的。
思わず「わぁ!という歓声があがります。


夏はやっぱりスイカ割りだよね!」という結論。
そんなことを言っていたら、
今日はK君のお父さんが特大のスイカを持ってきて「食ってください」とのこと。
それで、今日もスイカ割りをしました。
子ども達の歓声にひかれて、園庭にでてみると
大きなスイカを囲んで「どうする?なかなか割れないね」という話。
「もう一回、最後の一人・・・園長先生にやってもらいましょう」とご指名をいただき
挑戦することにしました。
何が何でも命中させるぞ!
距離を測ったり、足裏の感じを確かめたり準備万端にして
豆絞りの手拭いで目隠しすると、いざ出陣
1・2・3・4・5・・・この辺りだったな
すると「ひだり、ひだり」との掛け声が。
人の親切を素直にうけて、ずりずりと左に移動。
竹棒を振りかざして、えいっ!と振り下ろすと・・・ちょっと鈍い感触があり
そうです、見事に命中しました。
しかし、特大スイカだったこともあり、表面にわずかな凹みができたくらい。
それでも、命中にはかわりなく、包丁で切って食べることにしました。
P8070453
特大スイカだったから53人でも
たくさん食べられました。
Sちゃん、思わず大きなスイカを選びましたが
「わたし、スイカきらいだったんだ・・・」と気付いて
わ〜んわ〜んと泣くのでした。

夏はやっぱりスイカ割りだよね」との結論。
おかげで私も今日は一仕事したと達成感がありました。



kawawadayochien at 19:28|この記事へのリンク

2017年08月05日

【河和田幼稚園】ちいさい おうち

「ちいさいおうち」という絵本はご存知でしょうか?
ヴァージニア・リー・バートンが絵も文も書いています。
お話し会のなおみ先生の紹介で
「ちいさいおうち」―時代を超えて生き続けるメッセージ―という
小さな展覧会に出かけてきました。

なぜ出かけたのかというと、この絵本が好きだからです。
東京は東陽町にある竹中工務店本店内のギャラリーだったので
少々遠くはありましたが充実した展覧会で、行った甲斐がありました。
作者のヴァ―ジニア(1909〜1968)という
すばらしい女性を知ることができたからです。
彼女のご長男(現在85歳)は会場内のビデオで
「彼女は、慈愛に満ちた母として聖人のような人でした。
あらゆることに美を見出し、やればできる、ととても肯定的。
とても人間的で、完璧な女性というより完璧な人間で、
よい心(soul)を持った人・・・」などと、
深みのある言葉で母を語るのでした。
いろいろ語り尽くせぬほどでしたが、
ちょっと楽しいエピソードがあったので、それを書きます。

P8032034このおうち、ちょっとだけ「ちいさいおうち」に似ているでしょう。
河和田幼稚園の人ならご存知でしょう。河幼のアンケートBOXです。
実は、上記の展覧会でもアンケートがあったので
記入してBOXに入れようとしたら、
広辞苑よりちょっと大きいくらいの箱でA4のアンケートは
4つ折りで、やっと入るくらいだったのです。

そこで係の人に「私の所では、おうちの形をしたアンケートBOXなんです」と伝え、続いて
「赤い屋根で白い壁のおうちなんですが、園舎を建て替えるのに古い園舎を何かの形にして
おこうと思って、木工が上手な当時の園児のお爺ちゃんに作ってもらったんです」と話すと
「何だか『ちいさいおうち』みたいな話しですね。そのことは皆さん知っているんですか?」と
係の人が聞いてきたのです。
「いいえ、知っている人もいますが・・・。」ということで、
この機会にこのアンケートBOX  が古い前の園舎の模型だということを
お知らせするブログに書こうと思った次第です。
これがアンケートBOXだとご存知の方も「おうちの形のBOXね」と思っても、
前の園舎をシンボライズしていることはご存知ないかもしれませんね。
今は、壁が萌黄色で屋根はシルバーのガリバリウムですが、
前は、壁がこげ茶の時代もありましたが、その後は白い壁で赤い屋根で
こうしてアンケートBOXになって、みんなに親しまれているという話です。

ところで、今週初め先生たちみんなで園内で研修をしました。
いろいろ話し合いなどしましたが、その他にこんな研修もしたので紹介します。
P8012030P8012029








角材にカンナをかけています。
後ろに立っているおじさんが、先生です。
釘打ち・釘抜き・電動ドリルの使い方・木の目の見方など
短い時間でしたが、木工工作を体験しました。
小さいイスやマガジンラックなどを完成させ、
最後に記念撮影P8012033をしました。
木工が身に着いた!とまでは
いきませんが、
2学期・3学期に子ども達と
木工遊びができたら、
と考えています。

ということで、夏休み充実して過ごしていますが、
皆さんはいかがですか?
自然の中で、ぼ〜っとすること・何もしない時間も
おすすめしております。





kawawadayochien at 14:42|この記事へのリンク

2017年07月23日

【河和田幼稚園】シアワセな夕暮れ時

きのうは、夏祭りでした。
夏祭りは前半90分は各家庭で楽しむお店・ゲームの時間。
後半60分は先生の太鼓演奏に始まって、
みんなで楽しむ神輿・盆踊り・花火の時間で構成されています。
この日のために元気な夏祭り委員さんが準備をしてきました。
P7220420当日は、揃いの祭りスタイルでいっそう賑やか。
本当は一人ひとりアップで紹介したいくらいキレイでかわいい!
というのも、先輩お母さんの美容師さんが
全員の髪型を素敵に整えてくださったからです。
このお母さん方の担当は、
手づくりポップコーン・駄菓子・おもちゃを売るお店です。

もちろん、先生たちもいろいろ準備して
子ども達が楽しめる超アナログゲームをボランティアのお父さん達と展開
P7220416P7220417P7220418








オーソドックスな<輪なげ屋>・名前だけでは内容がよく分らない<おとしごろ
地獄の鬼退治>はやられたとたん鬼は泣き顔に・・・。
P7220426P7220427これも祭りには定番の
ヨーヨー屋
そして、メニューから選んだ
好きな絵柄をほっぺに描いてくれる
ペインティング屋
5つのお店がオープン。

その他に<はにわちゃんのお店>という食べ物屋もあって、お祭りならではのものが食べられます。

子どものお小遣いは150円と決まっていて、上手にやりくりして楽しみます。
先生とボランティアお父さんの5つのお店の総売り上げは9,000円
どのゲームも1回10円ですから、たくさんの子ども達が
90分間に900回のトライアルを楽しんだということになりますね。
そして、そこにたくさんのおしゃべり・やりとりがあったことでしょう。
何と素朴で、充実した、元気あふれる時間だったことでしょう。
あちこちに、笑顔と笑い声があふれ、シアワセな夕暮れ時が過ぎていくのでした。

子ども達の心のどこかに、夏祭りのことが綴られて
楽しい思い出の1ページになったらいいな。




kawawadayochien at 18:48|この記事へのリンク

2017年07月17日

【河和田幼稚園】あっという間の・・・

一学期があっという間に終わってしまった!
いろんな意味で“終わってしまった〜”と思うわけです。
一番感じることは 何と早いことか!ということです。
早いのは、この3連休のせいですね。
今でも「なぜ海の日なのか?」という疑問はぬぐえず・・・
子ども達がもっと、じっくり・のんびり遊べたらな〜と思いますが。
働く人のために、連休が多いのですか?
よくわかりませんね。

ブログも書こうとしているのに
あっちもこっちも、忙しくて手がつけられないのです。
この忙しさが子どもに影響していなければいいのですが。
1学期に紹介しようとして紹介できなかった写真を紹介します。

P5170260この写真「わーっ」と思いますか?
このゼラニウムがとても大きいことを
伝えたいのですね。
相当おおきいでしょう。
これが大きい意味はなにか!ということです。
幼稚園では入園式を彩る鉢植えを毎年20鉢くらい用意します。

鉢植えなので、しばらく目を楽しませてくれるわけですが、
たいがいの花は、5月いっぱいくらいで
「ありがとう、お疲れさま・・・」と役割を終えるのですが、
このゼラニウムはちがう。ずっと生き残っているのです。
なぜでしょう?
ゼラニウム自体が強い植物なのかもしれません。
でもそれだけではないでしょう。
このゼラニウムのお世話をした人がいたからでしょう。
この鉢植えは、地球クラブに置いてあるので地球クラブの先生のお手柄です。
前に地球クラブ担当だった直子先生が手塩にかけて育て
それを引継いだ裕子先生が同じようにお世話をしているからに違いありません。
そして、元気な子どもたちの“気”もふりそそいでいるかも。

地球クラブに来た子達も、このゼラニウムと同じように
大切に育てて、大きく育っています。
地球クラブでも、毎日いろんなことがあります。
年が違う子が一緒に遊ぶのが地球クラブのいいところです。
年少さんが寂しそうにすると、さりげなくお世話してくれたり
「先生が出してくれたお菓子を“これ嫌い”って言ったらかわいそうじゃん」と
先生にだってやさしい。
しかも、年長さんにそういわれて、嫌いでも黙って食べる年中さん。
小さな学びが人を育てるのだなあ、とつくづく思います。

あっという間に終わった1学期だったけれど、
子どもたちは、忙しそうな大人に関係なく、自分で歩いているに違いありません。
いっぽ、いっぽ、時には転んでも、また、いっぽと。




kawawadayochien at 19:24|この記事へのリンク

2017年07月10日

【河和田幼稚園】説明会&見学会

      かわわだ幼稚園と出会ってください  

  ご家族でどうぞ ようちえん説明会
                                                             限定12 
       
9/9(土) 9:30〜11:15 

  ゆっくりじっくり  ようちえん見学 10時〜
   9/13(水)  9/20(水)  9/27(水)  
    10/4  水)  10/18(水)   10/25(水) 
         ❤ その他の日も ご要望に応じてご案内いたします。お問合せください。

         お問合せ・申込みはお電話で ☎ 029(251)3154

     
 

kawawadayochien at 15:53|この記事へのリンク

2017年06月29日

【つぼみちゃん】いろいろ変身!

先週のつぼみちゃんでは小麦粉で粘土を作って遊びました
DSCF8036お家の台所にあるもので、簡単に作れて、
もしも口に入れても安心なので
小さなお子さんには、もってこいの素材ですね
梅雨の時期は、外遊びができない日もあるので
おうちで、お子さんと一緒に
ぜひ作ってみてください

材料:小麦粉 1カップ
   塩   ひとつまみ 
   水   適量
   油   少々
道具:ボウル または バット

作り方
1、バットに小麦粉を入れる
2、1に塩を入れ、軽く混ぜる
3、2に水を入れてこねる
  水は少しずつ入れて、耳たぶくらいの固さにします。
  柔らかすぎたら、小麦粉を足します。
DSCF8050








DSCF8039








4、油を入れなじませる 
  このひと手間でベタベタが解消し、粘土が手に付きづらくなります。
5、完成! 粘土遊びをしましょう。
DSCF8046DSCF8056














さらに、赤・黄・緑の食紅で色水を作っておきました
これを粘土に垂らすと、ほんのり色がつき優しい色合いの粘土のできあがり
水を入れてこねるところでは、ベタベタと手について嫌がっていた子も
キレイにまとまると、なんともいえない感触が気持ちよくてニコニコ顔になります
できあがった粘土は、お家にもって帰って遊べるようお土産にしました

そして今週は、みずいろピンクでたくや先生の体操のじかん
親子でたくさんスキンシップしながら、身体を動かしました
いろんなイメージで・・・例えば、カラスから身を守ろう!と
しゃがんで頭を下げて、できるだけ小さくなったり
DSCF8062








サンドウィッチになろう!と前屈したり
DSCF8070








山登りをしよう!と、お母さんのお膝に登ってバランスをとったり
DSCF8075








ペンギンになろう!と腕を突っ張ってぶらさがったり
DSCF8079








親子でたくさん楽しみました
お家でもぜひ、楽しんでみてください

最後は紙芝居を読んでもらって、静かにすごし「さようなら」
DSCF8082









来週は自由に遊びます!
お天気が良ければ、やっぱり水遊び
お楽しみに。

kawawadayochien at 13:44|この記事へのリンク

2017年06月25日

【河和田幼稚園】子どもは全力

梅雨だなぁ、と感じるのは雨が降ったり、アジサイが咲いたり
いろいろありますね。
つぼみちゃんでは、こんな工作を楽しみました。
DSCF8006傘や長靴、サカナもいるね。
大人は「雨かぁ‥・・・」と思うけれど
子どもはどうなのかしら?
水たまりがあると、吸い寄せられるように行って
バシャン、パシャンってやりますね。
お母さんが「やめて!」って思うそばからね。

この子達も雨が好きなのではないかしら?
P6030272P6030273幼稚園の事務室で
ずい分長く飼っているカエルです。
幼稚園ではいつも彼らの食事や環境に
気をつけていることもあり、
このところ、このようにまるまると
してきています。

梅雨の合間の晴れた日には、サッカー教室もありました。
P6162424ホーリーホックのホーリー君が
幼稚園にやって来ました。
ピンポーンって鳴ったから玄関をあけると
ホーリー君がたっていて
ビックリしましたが
さっそく子ども達の所に行くと‥・・・

P6162427ご覧のとおり、大人気
みんな仲良しになりたくて
タッチしようと夢中です
そしていよいよ、ボールを使ってサッカーの練習です。P6162430
前回も来てくれた たけのこコーチ
今回初めての かいちゃん、
2人のお兄さんがテキパキとリードし
どの子も夢中でボールをころがしたり。
しかし、この日の暑さには
さすがのサッカー好きの年長の男子さえも
「疲れたぁ〜」

6月18日は父の日。
年長さんはお父さんの全身像に取り組んでみました。なかなかステキに描けてます。
コメントもステキなので紹介します。
P6230345サッカーしているパパ。いつもいっしょに遊ぶんだ。
 僕よりも上手なんだよ。シュートが上手なんだよ。
 やさしいパパが好き。また、サッカーしようね。

笑っているお父さん。かっこいいんだよ。おこっている時も
 かっこいいの。いつもゲームとかで遊んでくれる。
 また、いっぱい遊ぼう!(右上の赤丸はらしいです)

P6230344おでかけしているパパ。いつも水戸駅につれていってくれるの。
 パパが喜ぶと思って、サクラの木も描いてみたよ。
 いつも遊んでくれて、ありがとう。

お仕事に行ってる時のパパ。ネクタイも描いたよ。
 お兄ちゃんに勉強を教えたり、僕と遊んでくれたり、
 食器を洗ったりもするんだよ。パパの全部が好き。


お父さん方、泣けるでしょう。
忙しくてどんなに短い時間でも、子どもはその時を宝のように感じ
その時のパパの姿を心の宝箱に、しっかり納めていきます。

どんなことも、子どもは全力で受けとめています。



kawawadayochien at 16:39|この記事へのリンク

2017年06月18日

【河和田幼稚園】自分の心

6月のMammy(河和田幼稚園の在園児・卒園児の親子合唱団)の練習が今日ありました。
原田先生の指導で、ほんとうに楽しいひとときを過ごしています。
子ども達はもちろん、お母さん方も原田先生のひとつひとつの投げかけに対して
その気になって、素直にやるとすぐできるので
先生も「すばらしい!」とほめてくださって、どんどんステキな歌声になっていきます。
P5190266この花たちは
一つひとつがパチンとはじけるように咲いているから
全体からすごい力が伝わってきます。

合唱も、一人ひとりの声がステキに響くと
全体が華やかに空間にひびき渡っていくんですね。

そう、きょうはそのステキな気分を
「(東京の)自由ヶ丘!という感じで」などと先生がおっしゃるので
自由ヶ丘の住人の気分?で歌ったりしました。

最後に「先生、なんか楽しかったですね」と感想をいうと
「歌は息をするけど、息って“自分の心”って書くでしょう。息は心、なのよ」
というまたまた、ステキな話を聞きました。





kawawadayochien at 13:07|この記事へのリンク

2017年06月08日

【つぼみちゃん】今週のつぼみちゃんは・・・

みんなで生田先生のリトミックを楽しみました
生田先生は自宅でピアノを教えたり
小学校で演劇指導をしたり
図書館で絵本の読み聞かせをしたり
いろんな所でご活躍の先生です

そんな、生田先生に水曜日・木曜日と連日で
親子リトミックをしていただきました

ゆうぎ室に親子手をつないで行くと・・・
軽快なピアノの音で出迎えてくれました
元気に挨拶を済ませると
親子が触れ合えるように「あくしゅしてよ おかあさん」
からスタート
DSCF8010








お母さんとたくさんふれあい、子どもたちの緊張もほぐれたところで
お散歩に出発!!

ピアノの音を聞きながら歩いたり 小走りになったり
音が止まると動きも止めます
繰り返していくうちに、なんだか楽しくなって子どもたちから笑い声も聞こえてきます
お散歩の途中、動物にも変身しました
ウサギやゾウ、ピアノの音を聞き分けて変身します
最後は汽車に変身!!ところが途中で汽車が脱線・・・

そこで車に乗り換え、タンブリンをハンドルに見立ててドライブに出発
道路に何かが飛び出してくると、「プップーップップー」 とクラクションを鳴らします
DSCF8027




DSCF8013








そうこうしているうちに、山の頂上に到着
青い空に白い雲が浮かび風に揺れています
スカーフを雲に見立てて楽しみます

そのスカーフがチョウチョやお花にも変身しましたDSCF8019DSCF8030









カラフルできれいなスカーフに子どもたちも大喜び

最後にみんなで円になってダンスを踊って
あっという間の30分が終わりました

秋になったら、また来てくださるって。どうぞ、お楽しみに



kawawadayochien at 17:06|この記事へのリンク

2017年06月04日

【河和田幼稚園】道を歩く

今日はオリエンテーリング。
スカッとカラッと晴れて絶好のオリエンテーリング日和。
P6040294P6040296








オリエンテーリングは、お父さんとまたはお母さんといっしょに
3〜4組の親子がグループで
幼稚園のまわりの河和田町をディスカバーしながら、
ポイントをまわって歩く、というものです。

A.ふだん子どもと過す時間が少ない
B.ふだん子どもと歩くことがない
C.ふだん子どもの友だちを知る機会がない
D.ふだん河和田町の道を歩くことがない

これらの一つくらいは心当たりのあるお父さんたち・・・には
いい時間になったようです。
子ども達と歩くことがないのは、今の社会がそういう風になっているから
しかたがないといえば、しかたがない。
だからこそ こうして“道を歩く”ことは大事。
歩いて来たお父さんからは、
何気ない時間の楽しさを感じ、そこに子どもの成長を喜ぶ声が聞かれました。

今年のオリエンテーリングはいろいろ新企画がありましたが
その一つを紹介します。
P6040281P6040288P6040284
P6040280P6040279
P6040289














そう、バンド経験があるお父さん達が子ども達のダンス曲を演奏してくれたので
贅沢にも生演奏で「あるいて帰ろう」を準備体操がわりに楽しんだのです。
イントロでは、意味が分らず演奏するお父さん達をポカンと見ている子ども達でしたが
先生たちが躍り出すと、ついて行く子ども達。
お父さんお母さん達は、知っている方は踊りましたが・・・
しかし、アップテンポな音楽でそれなりの準備体操になったのでは?と思います。
ちなみに、このパパバンドは5月30日に発足の生まれたてのバンドです。
父母の会会長の谷津さんをリーダーとする5人組ですが
今年度は、お父さん方にいろいろなところで力を発揮していただき
子ども達のために、ともに楽しい時間を過していただければと思っています。

ご参加のお父さん・お母さんありがとうございました。


kawawadayochien at 16:14|この記事へのリンク
月ごと過去記事