2021年07月09日

【河和田幼稚園】おばけやしきのちっと

きのうは、朝のうち大雨でしたね。
昼ごろには、何とか雨が上がったので<七夕焼き>をしました。
空一面の雲の中に、みんなの願いを乗せた煙がもくもくと吸い込まれていきました。

P7082979雨上がりの水たまりは子どもたちの恰好のあそび場!
黙っていても、裸足になり
ぬかるみに入っていきます。
ドロドロの砂を手でかき崩し
溝を掘ったり、山を作ったり
泥がはねて、友だちにかかるけど、お互い様


P7082981ところで、きのう
年長さんからこんな紙切れをもらいました。
おばけやしき
おばけやしきのちっと

と書いてあります。
誤表記がちょっとありますが、おばけやしきのチケット です。
「あした、おばけやしきをやるので、きてください」
ということです。

きょう、お弁当の後で「きてください」とのお誘いがあったので、
出かけてみました。
チケットを持って出かけると、順番待ちのイスが並んでいて
受付け嬢が、チケットにスタンプを押してくれます。
入場の際には、提灯を持って行くように促されます。

いよいよ入場しますと、「な、なんだ」いきなり、赤い礫が飛んできます。
歩を進めると、イスが乱雑にころがっています。
そして、まるで死体のように!何人かの子どもが倒れています。
不気味・・・そして、やおら起き上がると、髪の毛がざら〜んと顔面にたれています。
ひるまず進むと、ロフトの暗がりに行くよう矢印があるので、
きっといるだろうと思っていた、子どもおばけが!
そして、あの髪の長い まい先生おばけも襲いかかってくる!
出口に逃げようとすると、ゾンビのように追いかけてくるのでした。

終わって少したったところで「どうだった?」と聞いてくる子がいたので
「ぶきみだった」と答えました。
年長さんが何日もかけて研究した渾身<おばけやしき>
午前中のお客は年少のほし組さんだったのですが、
思いきり泣く子もいて、無理からぬことと思いました。

年長さんの企画・製作力、話合い力、おもしろがって工夫する姿に成長を感じました。

kawawadayochien at 15:25 園だより 
月ごと過去記事