2021年05月23日

【河和田幼稚園】生きもの達のおしゃべり

日にちがたつのが早い!ですね。先週15日に、今年度2回目の自由登園がありまして
そのことを書こうと思っていたら、あっという間に1週間がたってしまいました。
何のことを書こうと思っていたかというと、小学1年生のことです。
P5152846自由登園には小学生も参加できるのです。
1年中OKなのですが、
小学1年生は1学期は“片足幼稚園に残っている”感じです。
まだちょっと慣れない小学校生活を送っているのでしょう、
幼稚園に来ると<水を得たサカナのよう>で、
陣取りなどを幼稚園生と張り切ってやっています。ムリもありません、
3ヵ月前は年長さんと年中さんの関係だったのですからね。
そして、この写真は次回の自由登園日をみお先生に教えてもらって
メモしているところです。もう、字を書くことが日常になっているのですね。
さて、1ヶ月後の彼らにどんな変化があるのでしょうか。

ムラサキの花が咲いて、今は白い花があちらにもこちらにも咲いています。
P5182850これは、エゴノキの花です。
風に吹かれて、ポロポロリと落ちるのを楽しむかのように落ちるので
エゴノキの下の地面は、白い花模様になっています。
タフ舟に、水をはって「キレイなお花を浮かべましょう」と
花拾いをしてみました。
「お花のお風呂のようだね」という子がいました。

P5182851洗面器に浮かべてもきれいでしょう。
そんな言葉があるかどうかわかりませんが
「花洗顔」ができそうです。





もう一つの白い花、河和田幼稚園のこの季節の自慢の植物<テイカカズラ>
この1週間は花盛りです。
P5212853テイカカズラは花の数ばかりでなく
その香りもたのしめます。見た目の楽しさは写真で少しわかりますが
香りはここまで来ないとわかりません。

また1週間は咲き続けると思いますので
良かったら見に来て、香りも楽しんでください。

P5212855雨の日は、花や葉っぱが落ちるとアスファルトに貼りついて
こんなキレイな花柄が生まれます。

そうそう築山にあるヤマボウシ。これも白い花を咲かせているようですが
実はこれは花ではなくて苞(ほう)でした。

幼稚園の庭でカエルやオタマジャクシ・ダンゴムシ・ミミズなどの
小さな生きものとさまざまな緑の葉をつけた木々と花たちが
子ども達のまわりで、雨が降る中、賑やかにおしゃべりしているようです。




kawawadayochien at 15:19 園だより 
月ごと過去記事