2021年05月08日

【河和田幼稚園】ヘビイチゴってどんな味?

連休が終わって、5月6日・7日と子ども達がやってきました。
予想はしていたものの、連休の余韻があってなんとなく落ち着かないスタートでした。
P50628165月6日には5月生まれの子の誕生会をしました。
大きくなったら何になる?というインタビューをしますが
「猫カフェのお仕事するの」という女の子がおりまして
後でお母さんとお話をしたら「動物が好きなんだけど、売るのは嫌なんだそうで、“猫カフェ”ってあるよと、話したんですね」とのことでした。
その後、みんなで幼稚園の前の吉田神社にお参りに出かけ
“これからも元気に育ちますように”とお願いしてきました。
幼稚園に戻って、コイノボリを眺めながらコイノボリの歌を歌いました。そして
P5062818お天気が良かったので、お庭で柏餅を食べました。
この頃は、柏餅も丁寧に包装されています。

写真の花は、幼稚園の庭に咲いている<テッセン>です。
今年も紫色の大輪の花を咲かせてくれました。見事です。


ところで、この日年長のSちゃんが「これ食べられる?」とヘビイチゴを持ってきました。
たしか食べられると聞いていたが「調べておくね」とお題を預かりました。
柏餅を食べているとRちゃん・A ちゃんも加わって「まだぁ(調べてないの)?」と聞いてきました。
食べ終わってから調べてみると‥‥食べられるが、とてもうすい味とのこと。
さっそく、小さなボードに要点を書いて3人に伝えに行きました。
Rちゃんからは「教えてくれて、ありがとう」とお礼も言われました。
小さいことですが、うれしい一言でした。

この日は、食べられずに終わったので、翌日7日に愛先生が子ども達とヘビイチゴを探し
洗って食べたそうです。たくさんの子が参加して、愛先生も食べたそうです。
それは店で売っているイチゴのまだ赤くなっていないところのように
やっぱりうすい味だったそうです。
「おいしくない」「うすい味」といういう子もいる中「おいしい」という子も・・・。

春の自然の中には、子ども達を魅了する
大人たちも知らない未知のことがたくさんある。
暖かい日差しの中、子ども達には、たくさんの自然出会わせたい。




kawawadayochien at 13:36 園だより 
月ごと過去記事