2020年10月18日

【河和田幼稚園】みんな仲良し∞

幼稚園の大きな行事のひとつ<おとまり会>。
今年はコロナ対策として“宿泊なし”を前提に計画することになりました。
お泊りしないのだから<おとまり会>という名前はふさわしくない・・・
名前は保留にし、どんな活動にしようか半年間、話し合いを重ね、下見をして準備を進めてきました。
準備を進めながらテーマが見えてきました。
“自分で考えるのはもちろん、友だちのことも考えて、お互いに力を合わせよう”ということです。
そこで名前は<なかよし会>と決め、
準備期間の初日には園長から子ども達に、このことを手紙で伝えてスタートしました。
そして10月15日・16日の2日間にわたる<なかよし会>が開かれました。

1日目 おたのしみ 幼稚園ウォークラリー カレーづくり 夕ごはん 花火
いきなりのおたのしみは、バードコールづくり!
IMG_0805オモチャづくりの名人、Kちゃんのおじいちゃんの登場です。
実は、おじいちゃんとは1ヶ月前から打合せ開始。
研究熱心なおじいちゃんは、材料の木の枝をあちこちから調達し
子ども達が気に入った木を選べるようにしてくださいました。
ノコギリをやってみたい子には写真のようにやらせてくれたり
ヤスリがけの紙やすりを用意してくれたり、
もう一つの重要部品アイボルトも材質の異なる2つから
音のよく鳴るものを選んでくれたり・・・子ども達にモノづくり楽しさを味合わせてくださいました。

幼稚園ウォークラリーは、くじをひいて出た番号の課題に取り組みます。
IMG_0810例えば、このアングーラという積み木を写真と同じ形に組立てる
という課題にチャレンジ。
グループのみんなで、あーでもないこーでもないと考えて意見を出したり
組み立てていったり。
こんなところでも“力を合わせる”ことになり、仲良しになっていきます。
スムーズにいくグループもあれば、苦労するグループも・・・。

カレー作りは、皮むき・切る・配るなどの担当があり、しおり先生・あかね先生・嶋田さんと
 順調に進めていきました。その一方で係以外の子は、陣取りで盛り上がっていました。
そして、空は夕暮れから徐々に暗くなっていきます。ふだんの園生活では、まさに経験できない
夜のようちえん>です。いくつかの懐中電灯が、まるでホタルのように暗闇に舞い、子ども達の
はしゃぐ声が闇に吸い込まれていきました。
夕食はカレー。夢中で遊んで、食欲もりもりでした。
セ劼匹眞は花火を楽しみにしていました。花火大会の華やかな花火とは違って、手持ち花火です。
子ども達の日常に火と接する機会は、ほんとうに少なくなりました。人類は火を使うところから発展したともいえるところですが、野焼きは禁止ですし・・・。こわごわと着火しながらも、間近で見る花火に
テンションが上がる子ども達でした。

2日目  〇裕┐慮競Εークラリー 昼ごはん 常磐神社まいり ぞ年の森
ウォークラリー いろんな課題をグループでクリアしていきます。
IMG_0851例えば写真は、橋のなまえ調べです。
橋名は平がな表記もあり、子ども達も読める子がいますから
やる気満々です。この他に、
・すれ違った人にインタビュー
・葉っぱを見つけて“研究所”で名前調べ
・グループでポーズを決めて記念撮影 などに取り組みました。

昼ごはん 田鶴鳴梅林の広々とした芝生でお弁当を食べました。
IMG_0861
むこうのこんもりとした森の手前に好文亭が見えます。
2m離れて遊びましょう!という横断幕がありましたが、
子ども達の遊びには何と難しいことか。
常磐線を走る特急列車<ときわ>が何度も見られました。


常磐神社まいり 偕楽橋を渡って偕楽園の東門を左に見て、常磐神社に。
昨年まででしたら、早朝さんぽで愛宕神社にお参りしていました。
子ども達がこれからも元気に成長できますように。
ぞ年の森 最後のおたのしみの場所です。常磐神社から歩く道々「つかれた〜」という声が聞かれましたが、少年の森につくや否やまたスイッチが入る子ども達! おやつも食べて、それぞれ遊びたい遊具で遊びだし、1時間以上ず~っと遊んでいました。
 お家の方がお迎えにいらして、そろったところで「みんな仲良くすごせてよかったね。これからも
その心を忘れずに」と一人ひとり賞状を渡して解散となりました。

 台風が来ていたので、どうなることやらと心配でしたが、
1日目も曇り空ながら何とか持ち、2日目も寒さはこの秋一番ではありましたが
昼ごはんのころには、秋晴れの青空さえ見られました。
お日さまも子ども達と遊んでくれている!
そんなうれしさに包まれ、26人全員が仲良くすごせて、ほんとうに<なかよし会>になりました。



kawawadayochien at 11:45 園だより 
月ごと過去記事