2020年03月07日

【河和田幼稚園】こんなに!すごいね。

今、教育・保育施設は新型コロナウィルス感染対策で
とても気ぜわしい、落ち着かない雰囲気です。
ここだけじゃなくて、日本中いや世界中が新型コロナウィルスの感染におびえ
どうなるのか心配・・・ですよね。
河和田幼稚園では、多くの活動・行事を縮小中止して、
シンプルな園生活を送っています。

金曜日に「園長先生に見てほしいものがある」というので
「いいわよ」と返事して、何が来るのか楽しみにしていると・・・
2人の年長女子が、お皿に河和田銀行発行の紙幣をのせて持ってきたのです。
年長女子がアクセサリー屋さんをひらき、指輪やブローチを販売。
その売上げを見てほしかったのですね。
「あらあら、ずいぶん儲かりましたね」と声をかけると2人はうれしそう。
そこで売り上げがいくらなのか計算することにしました。
まずは、金種分類ですね。皿からはみ出している1000円札から数えました。
P30613271,2,3,4,5枚だから、5000円!ご名答
次の多かったのが、100円玉。
1,2,3・・・・・・9,10、11個だから
100、200、300・・・・900、1000円 ここまでは簡単
ところが次が出てこない「1064?」「ううん」「1005?」「ううん」
「じゃあ、1001の次は?」「1002」「1002の次は?」「1003」

P3061329「じゃあ、1010の次は?」「1020」「1020の次は?」「1030」・・・
「1080の次は?」「1090」「1090の次は?」「1100」・・・
「それそれ!100円玉11個は1100円」
次に少し大きい500円玉。1個、2個。
ここも難しかった。100が5個固まっている500が2個なんですもの。
手指を使って、ドラエモンのようになって示すと何とかわかって、
1000円!ご名答
で、最後は50円玉が3個。
片手ずつ指を折って、右手・左手・右手とやっていって、150円!ご名答

最後に金種合計を足していくという計算ですが、
5000円と1000円で6000円!ご名答
1100円と150円は「園長先生やってください」「はいわかりました」ということで
「全部で7250円です」というと、2りの顔がぱぁっと明るくなりました。
「すごい、お金持ちですね。このお金とどうするの?」
「河和田銀行にあずける。わたし、銀行員だし」

子どもが頭をフル回転させている時の顔が好き。
あの夢中な顔がなんともステキだと思う。
アクセサリー屋さんをやって、たくさんのお金を得た喜び
それさえも誰かに伝えたいのですね。
そのお金の量を円という単位に置き換えると、またその大きさが違う形で頭に入ってくる。
知的好奇心がぐんぐん伸びた時間となりました。

このようすを傍でじーっと見ていた年中さんがいました。
どう思ったでしょう。


kawawadayochien at 17:02 園だより 
月ごと過去記事