2020年02月22日

【河和田幼稚園】寸暇を惜しんで遊ぶ

子どもは、どれだけ遊びたいか?
ほとんど無限といってもいいくらいかもしれません。
地球クラブ(預かり保育)のようすから伝えしますね。

3:00におやつの「いただきます」があって、3:30にお家の方がお迎えにくる子がいます。
おやつが済むともう待ちきれない様子で、さっと支度をして
園庭にかけ出す子どもたち。お迎えまでの時間はわずかです。
KちゃんSちゃんが「なわとびしていいですか?」と聞いてきたので
「いいんだけれど、1分か2分かもしれないね」と先生は答えた・・・
ふたりにとってはなわとびしたい思いが伝わるだけでいいのに
1分とか2分とか、大人の発想だったなぁと先生は思ったのでした。

きのうは5時まで預かりの子がいて、やはりなわとびで遊んでいました。
S君とK君のふたりは「あ〜、5時まであそびたかったぁ」と
お迎えに来たおかあさんと4時58分にしぶしぶ帰っていったそうです。

2月28日なわとび大会があるので、自主練をしているようなのです。
たのもしいですね、男の子も女の子も。
子どもにとって1分2分ってどんな時間なのでしょうね。
5歳の子どもたちは、時計が読めたりしますが
とにかく寸暇を惜しんで遊ぶ!

P2191264P2191265いきなりこんな写真ですが
何かわかりますか?
苔なんです。
幼稚園の玄関前に
プランターがあって
もう20年くらい使っているプランターなのですが
こんな感じで、青々とした苔が楽しめます。
幼稚園の庭には、梅の花がさいたり、木々の芽がふくらんで
春の訪れが感じられます。

kawawadayochien at 13:12 園だより 
月ごと過去記事