2020年02月08日

【河和田幼稚園】ほのぼの展覧会

今日はあたたかく、とても天気のいい日でしたね。
午前と午後に分かれて家族で展覧会を楽しんでいただきました。
展覧会は幼稚園中がギャラリーになって、
子どもたちの作品・園生活のようす・お母さんたちの作品などを見ていただく行事です。
P2081240「こんな作品展は初めて見ました」
とおっしゃるお客様がいました。
写真でもお分りのように、室内がずい分スッキリしているでしょう。
幼稚園や保育園が行うガラクタ工作がほとんどありません。
羊毛フェルト・毛糸・自然物・折り紙・積み木・おもちゃ・・・など
おだやかな素材がほとんど。
                                          
P2081248絵画は「お家の人の絵」「将来の夢」など定番のものですが、
先生とおしゃべりしながら描き、そのおしゃべりを添えてあるので
子どもの気持ちが手に取るようにわかります。
気持ちが分かって絵を見ると「なるほど」となって
ほのぼのとしたあたたかい気持ちになります。
「改めて、今を大切にと感じました」との声もありました。

しみじみとした思いを味わいながらと思っていても
子どもは「こっち、こっち」とお家の人を引っ張っていきます。
P2081247
子どもは自分の作ったものを見てほしいんですね。
それくらい自分を表現できているのだと思うと
大したものだと思います。
そう思うと、しみじみ見ていただきたいところですが
そうはいかないようです。

それから、今年のフォトスポットは、こんな感じです。
P2081251幼稚園が2月1日で55周年なので
それを祝うデザインです。
大きな花束を持っているように写真に写ります。
大きなバースデイケーキも作りました。

切り紙を楽しんだり、紐かけを楽しんだり
小さなお楽しみも盛り込んで
お庭に出たら、思いっきりかけっこしたりブランコしたり、

お家の方々はおしゃべりに花を咲かせて、楽しい1日は過ぎていきました。

kawawadayochien at 15:31 園だより 
月ごと過去記事