2019年12月01日

【河和田幼稚園】紅葉と高揚

IMG_0221園庭の紅葉も見ごろ。イチョウの葉っぱは一気に散りましたが・・・。
イロハモミジの赤や橙色、͡コナラは黄緑と黄色が混じって、
ニシキギの深い赤、そしてエノキの黄色・・・と
夏のころの緑あふれる園庭とは違う楽しみがあります。
イチョウの落ち葉を束にして「先生あげる」と前触れもなく渡してきた子。ステキにできたからプレゼントという気持ちなのかしら。

久しぶりの晴天でテラスから眺めると、もう一つの紅葉か、と言わんばかりに
年長さんがオレンジ色のユニホームを着て、写真撮影をしています。
IMG_0220卒園に向けて<おもいでノート>の
1ページをかざる集合写真を撮っていました。
音楽会も控えていてとても心が高揚している年長さん。
卒園にむかって、というより
きっとみんなで撮影がうれしいにちがいありません。
後ろ姿からも賑やかさが伝わってきます。

“遊びは学び”といわれるようになって、遊びがどれだけ子どもにとって意味があるかが
浸透してきました。
IMG_0219“幼稚園の砂場で人生のすべてを学んだ”という言葉もあります。
今、ほし組の男子を中心に砂場でこんな遊びが続いています。
管をつなげること、隙間なくつなげるにはどうすればいいか
この管の中を水を通すにはどうするか、
試行錯誤するうちに高低差をつけることに気づきます。
「ちょっとスコップ持ってきて」「砂を入れるからここ持ってて」
「もっと固くして」・・・などなど声が飛び交います。
自ずと協力することも生まれてきます。
こういうたくさんの気づきの生まれることに大人は何をすればいいのでしょうか。
時間を細切れにせず、たっぷり保証してあげること
子どもが試行錯誤できるような環境をさりげなく整えていくことなどでしょうか。

秋空の下、子ども達が我をわすれて夢中になって姿は本当にまぶしいですね。

kawawadayochien at 10:16 園だより 
月ごと過去記事