2019年06月29日

【河和田幼稚園】さよなら みかん

こんな日がこようとは・・・。
6月26日「みかんの元気がないね」としおり先生と子ども達が
みかんのようすを見守りました。
「大丈夫かな?」と心配しながら、動物小屋の掃除をしました。
しおり先生がしまださんに伝えて、病院に連れて行くことにしました。
「みかんが戻ってきた時に、きれいになっていたら きっと喜ぶね」
というと、子どもたちは「うん」と頷き、
溝にはさまっているウンチも一つひとつピンセットで取るAちゃん。

点滴をして、お世話になっている病院から戻ってきたみかんは
静かに過ごせるように園長室で過ごすことにしました。
先生達は仕事が終わって帰る時間になりました。
先生達も気になって、みかんを見てから帰っていきましたが、
午前中から世話していたしおり先生は、何だか気持ちが落ち着かず
一度引き返してみかんを撫でていると
少しずつ呼吸がゆっくりなっていくのがわかりました。
・・・6時5分ごろ、息がとまったのでした。
残っていたみさと先生、ゆかり先生ほかで、出張していた園長先生やしまださんに連絡。
7時ごろに明日の相談をしました。

6月27日、子ども達にみかんのことを話しました。
まずは、ほし組さんに話しました。
ほし組さんもずいぶん話をよく聞けるようになりました。
思わず両手を組んで祈るように聞いていたRちゃん。
「お空にいったのよ」というと「お空にいっちゃったの?」とつぶやくS君。

その後、つき組・たいよう組の子も集まってお話を聞きました。
IMG_1104きのう みんながよく世話してくれたこと。
病院に行ったこと
夕方、息がゆっくりになっていったこと・・・。
それから、少し思い出話もしました。
みさと先生が幼稚園の先生になったときに
みかんも河和田幼稚園にやって来て、みかん箱に入ってきたから
みかんという名前になったこと。
「みかんは幼稚園中のだれのことも、み〜んな、よ〜く知っていた」という話もしました。
みかんの世話を一人ですると「みかんは、私のことよく見ているにちがいない」と思ったからです。
子どもたちは、微動だにせず、じーっと話を聞いていました。
生きているものは命があるけれど、命は限りがあり
それをどれだけ大切に使うかがだいじなの、という話もしました。

その後、年長さん・年中さんは、みかんに最後のお別れをしました。
IMG_1107「天国に行っても元気でね」
「・・・・・」
みかんのふわふわの毛をなでながら
それぞれの思いを胸に
菊の花をそえながらお別れしました。
静かな時間でした。
夕方には火葬をすることにしていましたので、
地球クラブで残っていた子ども達と先生たち全員でお線香をあげて
見送りました。

IMG_2987みかんが若い頃、とは言っても幼稚園に来て
かれこれ5,6年たった頃の写真です。
みかんは不思議な能力があって、冬になって敷いてあげたワラを
こんな風にキレイに並べて几帳面ぶりを発揮してました。
みかんだけれど、リンゴが好きだったり
ニンジンより、サツマイモが好きだったり、
キャベツや幼稚園のクローバーやタンポポの葉っぱも好きでした。
お世話になった獣医さんに亡くなったことを連絡すると
「ウサギとして11年以上生きたのは、みなさんの丁寧なお世話のおかげ
だと思います。天寿を全うしました。ご冥福をお祈りいたします」
とありがたい言葉をいただきました。
P6290698
このかわいいお花は、
その獣医さんがいる動物病院から贈られてきました。
みかんのお骨は、幼稚園の床の間に安置されています。
しばらくここで休んでいます。


みかん、いつもいるのが当たり前と思っていたけれど
烏骨鶏と同居という大変な時期もありました。
ひとり暮らしも長かったけれど、すいぶん辛抱強いたくましいおばあちゃんだったのですね。
お疲れさまでした。そして、ありがとう。



kawawadayochien at 19:12 園だより 
月ごと過去記事