2018年07月18日

【河和田幼稚園】一瞬でも暑さを忘れ

幼稚園は今日から夏休みです。
1学期最後の日のきのう「夏は暑いので、おうちで過すのよ」と言ったのですが
こんなに暑くちゃ、これで筋が通るのかどうかわからないですね。
今日は<つぼみちゃん>があって、お兄ちゃんお姉ちゃんも参加して水遊び。
こんな風に過せば、幼稚園に来るのも楽しいでしょう。

幼稚園の庭は、ずいぶん木が大きくなって木陰ができて涼しそうでしょう。
P7121306でもやっぱり、暑いのですけれどね。
子ども達は1学期の間この庭でいろいろな虫に出会い
部屋の中に連れてきて、しばらく一緒にすごしました。
タマムシには榎の葉っぱをあげたり、
お世話もしましたが、仲間や家族の棲むところにかえそうと
見つけた場所に帰してあげました。

そうそう、水辺のほとりにはこんな花もさいたのですよ。
P7121310クサギの花です。花全体が牡丹のような咲き方をして臭気あり、
ということでクサギはクサギでも<牡丹クサギ>といいます。
そして、決定的瞬間!
アゲハチョウが蜜を吸いに来ているではありませんか!
むせ返るような暑さのなかで
こんなに美しい瞬間があると、一瞬暑さを忘れますね。

7月はこの暑さが続くということ。
今週末の夏祭りも夕方から始めますが、夕方5時はまだ暑いでしょうね。
夏祭り委員さんやお父さん方もいろいろ工夫して、
暑さを吹き飛ばす夏祭りにします。楽しみにしていてください。

kawawadayochien at 19:14 園だより 
月ごと過去記事