2018年05月26日

【河和田幼稚園】たかが遊び?

新聞紙はいろいろなことに使われます。
ちょっとしたものを包むとき、何かの下敷きにしたり、
荷造りの詰め物にされたり、その大きさとか紙質とかが重宝されてます。
幼稚園の遊びでも、様々に使われます。
きのうは<新聞紙ジャンケン>で使いました。
<新聞紙ジャンケン>は、ご存知でしょうか?
広げた新聞紙の上に立って、ジャンケンをして
負けたら新聞紙を半分に折っていきます。
IMG_2194
この写真は2回負けた状態ですね。
この子は結構ジャンケンが強くて
他の子の新聞紙はもっと小さくなっています。
「ぼく、まだ2回しか負けてな〜い」
とうれしそう。

IMG_2199ところがその後、どんどん負けて
半分の 半分の 半分の・・・とあっという間に
こんなに小さくなってしまいました。
それでも強い方ですね。
周りには、もう立てないほど小さくなって
ゲームが終って座っている子もいます。

IMG_2197
新聞紙が小さくなっても
子ども達は何とかがんばってゲームを続けようとします。
つま先にぐっと力をいれて
お姫様みたいなスカートをはいてるこの子も
ふんばっています。

遊びの中には、いろいろな要素が含まれていますが
この新聞紙ジャンケンもそうですね。
ジャンケンを理解していなければ楽しめないし
「半分」という概念がわかって半分に折れないとゲームはすすみません。
そして、新聞紙が小さくなったときにはバランスをとって、踏んばって立つ力も大事。
ジャンケンする時は、後出しジャンケンはしない等のフェアな精神も必要です。
こういう様々な力が備わって、ゲームが成立し、悔しさも経験しますが
楽しめるわけですね。

たかが遊び、されど遊び。
子ども生活にはいろんな遊びがあって、子ども達は育っていきます。

kawawadayochien at 12:16 園だより 
月ごと過去記事