2017年10月28日

【河和田幼稚園】8:30には寝ること

10月の大きな行事は年長さんの<おとまり会>。
2日目こそ雨でしたが、1日目は暑いくらいでおとまり会は無事に終わりました。
その後は、すずこ先生のミュージック・ケアを楽しんだり
年長の保護者の方とは、卒園まで5ケ月となった所で一人ひとり面談をしました。
そして今週はイモ掘りがありましたが、その前に台風が来ましたから24日を見送って、
25日にすると早朝「イモ畑では大粒の雨が・・・」ということで見送って
お天気に振り回されている今年の秋です。
ちなみに今日28日、希望者だけでイモ畑に行って、イモ掘りをしました。
雨続きでイモのでき具合も心配されましたが、
味も量もまずまずとのことでした。

PA250614そんな慌しい日々、シマダさんが模型のクレーン車を持ってきました。
対象年齢3〜50歳のドイツ製のおもちゃです。
事務室に置いていたら、さっそく年中の男の子達がやって来て
目をキラキラさせて見つめて、次に年長さんがやって来て
「さわらせて〜」と言いますが、このおもちゃ今後どうするか
検討中なので、シマダさんが動かすだけにしました。

きのうは、火災訓練として<けむり体験><消火訓練>を実施しました。
<けむり体験>は、けむりの怖さの体験でもあるので、今回はおうちの方も一緒です。
PA270617
こんな感じで、親子で手をつなぎ
口にハンカチをあてて、
もうもうの白い煙の中、
途中シートで仕切られているところもあり
火災の時のけむりの怖さが実感できました。

PA270625
消火訓練は、保護者の方10人と先生6人が訓練してみました。
消火器の中には粉状の消火剤が入っているのですが
訓練では水がはいっている水消火器を使います。
「火事だー」と大声で知らせた上で
ピンを外し、火に近づいて、燃焼物に消火剤をかけていきます。

PA270620
水を大量に搭載した消防車も来ました。
訓練の合間の時間には
近くで消防車をみたり、
おうちの方に写真を撮ってもらったり、
真っ赤な消防車、なかなかの人気です。

最後に質問タイムがありました。子どもからの質問を紹介します。
PA2706221.火事になったら、どうすればいいの?
  近くにいるおとなの人に「火事だ」と知らせてください。
2.消防車には、なにがつんであるの?
  水がたくさん積んであります。水をかけるホースもあります。
3.消防士になるには、どうすればいいの?
  ごはんをいっぱい食べて、歯をみがいて、8:30にねること。

消防隊員は子どもの質問に、子どもができそうなこと・わかりやい答えで返してくださいました。
3番目の質問をした子は、別の答を期待していたのかもしれません。
???というような顔をしていましたが、
ゆくゆくは、やっぱりそれが基本だ、と知る時が来るかもしれません。

訓練を終えて門をでていく消防車に向かって、子ども達が叫びます。
「バイバーイ」「ありがとう」「またきてね」







kawawadayochien at 15:13 園だより 
月ごと過去記事