2017年08月08日

【河和田幼稚園】やっぱり、スイカ割り

夏の自由登園は前期・中期・後期それぞれ2日ずつあります。
昨日・今日は中期の夏自(夏の自由登園の略称でナツジと呼んでいます)でした。
夏の楽しみの一つに“スイカ割り”がありますが、
昨日は計画的にスイカ割りをしました。
IMG_0746
さあ、この子は命中するでしょうか?
周りの子から「ひだり、ひだりぃ!」と
掛け声が飛んでいそうですが・・・




IMG_0747あ〜残念、ちょっとはずれたね。
何人も挑戦して、なかなか命中しないところも
スイカ割りの楽しいところ。
だけど、早くたべたいから
「目かくししないで、割っちゃおうか」
などと言う子でてきます。

P8070451みどりに黒のしましま模様のスイカが
やっと割れて
パカッと中身があらわれると
真っ赤!というのも感動的。
思わず「わぁ!という歓声があがります。


夏はやっぱりスイカ割りだよね!」という結論。
そんなことを言っていたら、
今日はK君のお父さんが特大のスイカを持ってきて「食ってください」とのこと。
それで、今日もスイカ割りをしました。
子ども達の歓声にひかれて、園庭にでてみると
大きなスイカを囲んで「どうする?なかなか割れないね」という話。
「もう一回、最後の一人・・・園長先生にやってもらいましょう」とご指名をいただき
挑戦することにしました。
何が何でも命中させるぞ!
距離を測ったり、足裏の感じを確かめたり準備万端にして
豆絞りの手拭いで目隠しすると、いざ出陣
1・2・3・4・5・・・この辺りだったな
すると「ひだり、ひだり」との掛け声が。
人の親切を素直にうけて、ずりずりと左に移動。
竹棒を振りかざして、えいっ!と振り下ろすと・・・ちょっと鈍い感触があり
そうです、見事に命中しました。
しかし、特大スイカだったこともあり、表面にわずかな凹みができたくらい。
それでも、命中にはかわりなく、包丁で切って食べることにしました。
P8070453
特大スイカだったから53人でも
たくさん食べられました。
Sちゃん、思わず大きなスイカを選びましたが
「わたし、スイカきらいだったんだ・・・」と気付いて
わ〜んわ〜んと泣くのでした。

夏はやっぱりスイカ割りだよね」との結論。
おかげで私も今日は一仕事したと達成感がありました。



kawawadayochien at 19:28 園だより 
月ごと過去記事