2014年07月30日

【河和田幼稚園】一日ちがい

7月26日は幼稚園の夏祭りでした。
例によって屋外の行事は、天気が、特に雨が気になります。
先週は猛暑ではありましたが
雨の心配がなかったのは救われました。

9時から、助っ人(ボランティア)のお父さん方と
やぐらを組み立て、ちょうちんを取り付け、花火の準備をしました。
うだるような暑さの中、みんなで黙々と作業をすすめました。
後半はエアコンをつけた室内で、笑いも交えて
ヨーヨーづくり・花火の準備を進めました。
さぁ、準備万端! 夕立などが来ませんように。

午後1時からは、ポップコーンづくりの夏祭り委員さんも来ました。
2時からはその他の担当の夏祭り委員さんも来て、
4時からは助っ人のお父さん方も来て、各ゲームコーナー
お店屋さんの準備も整えてお客さんが来るのを待ちました。
DSCF4227
写真は勢ぞろいした夏祭り委員さん!
そろいの衣装でカッコいいでしょ
 委員さんの中に、髪結い屋さんもいるので
髪をアップにしたりして
ちょっと粋な感じに変身したお母さん方
張りきっています。

いよいよ、お店の開店です!
DSCF4236DSCF4235夏祭といえば
ヨーヨー屋さんですよね。

それからかわわだ幼稚園名物
<じごくの鬼たいじ>
今年は、店長がゆかり先生です


DSCF4237DSCF4238
輪投げ屋さんでは
助っ人のお父さんの他に
ドラえもん顔のたくや先生もお手伝い!

腕ずもう屋では、ちひろ先生が
子どもを相手に戦っています。

その他、ペインティング屋もあって、
ほっぺや腕に好みのものを描いてもらえます。
例えば、などですが
やはり男の子はなどが人気があるのですが、難しかった。

DSCF4233お母さん方のお店では
お菓子や飲み物を売っていたり
おもちゃも売っています。

写真は飲み物屋さん
暑い日は、ジュースやラムネが
うれしいですよね。

DSCF4243DSCF4254その後は年長さんのおみこし
「ワッショイ、ワッショイ」

それから盆踊り。 
「おどりゃんせ」と「め組のひと」
どちらもオリジナル盆踊りです。
子どもはもちろん、父さんもお母さんも小学生も
みんなで踊りました。

日が暮れてきたところで、花火をあげました。
最後に、盆踊りでカッコいい、ステキな、カワイイ踊りだった大人・子どもの表彰式がありました。
そして無事におわりました。

ところで、この記事を書くのが遅くなった理由があります・・・
夏祭りの次の日のこと、覚えていますか?
7月27日、午前中はやはり 暑くて、地域のお祭りがありました。
「あっついけど、無事終わってよかったね」 と言いつつ解散して
私は、午後から小美玉で開かれた小さなコンサートに出かけたのです。
・・・・・コンサートが終わって3時半くらいに外に出ると
やけに気温が下がって「ずいぶん、涼しくなったね」などと帰路に着いたのです。
そして、茨城町に近づくころから、道路がぬれていて、
緑の葉っぱも散らばっている、吹き寄せられている。
水戸に入ると「こっちから風が吹いてきたに違いない」 というように
木々の葉っぱが一定の方向に形状記憶されているではありませんか
「幼稚園の木々はどうしているかしら?」
とても心配になり、さっそく幼稚園に向いました。

幼稚園に着くと・・・一見たいした被害はないように見えました。
植樹されて3年目の若い木々たちも、しっかり立っていました。
サクラの枝先がバラバラと地面に落ちてはいました。
ビックリしたことは、砂場の日よけに立てていたテントがなくなっていたのです。
そして、何と隣の畑にあおむけにころがっていたのでした
それから、ジャングルジムが横になっていました
風圧を受けにくいホネホネのジャングルジムがなぜ、倒れなきゃいけないのでしょう。
それから、2時間くらいかけてテントを園庭に戻したり、
泥を洗い落としたり、みかんの小屋の中の掃除をしたり・・・。
そして、次の日も当番で来てくださったお母さんと道路のはき掃除をしたり、
テントの一部が破れたので、かぎ裂きを繕う要領で繕いました。

そんなこんなで、あの突風豪雨の後始末に追われた次第だったのです。
それにしても、一日違いで夏祭りが終わっていて、本当によかった。

 

kawawadayochien at 18:27 園だより 
月ごと過去記事