2014年07月19日

【河和田幼稚園】ヤッホッホ夏休み

何だか忙しくしていたら
1学期が終わってしまった・・・。
♪ヤッホッホ夏休み〜 ♪ヤッホッホ夏休み〜
子ども達がゆうぎ室中に声をひびかせて歌う。
子ども達は夏休みが大好き。
(私もそうだった)
なんで、あんなにワクワクするんだろう、夏休みって。
(それにしてもこの「ヤッホッホ夏休み」という歌は、名曲だ!) 

1学期最後の1週間を振り返ってみますね。
DSCF2699月曜日のできごと。
これは、手芸クラブのお母さん方が
クラスのピアノカバーの手入れをしてくださっているところです。
今から17年前のお母さん方が作ってくださった
ヨーヨーキルト&パッチワークのピアノカバーを
繕ってくださっています。 
その様子を子ども達が見ています。
ここがポイント。
子ども達に大人の手仕事を見せたかったのです。
針仕事を見る機会は、今の生活では少なくなっているのではないかしら。
地球クラブの活動では、年間通して針仕事をしていますが
大人が手際よく針と糸を使う様を見てほしいのです。
DSCF2698
「すごいなぁ」
「おもしろそうだなぁ」
「やってみたいなぁ」と
子どもが大人に対して、尊敬や憧れの気持ちを持つのは
とっても大事だと思うのですね。
子ども達が行儀よく見つめている姿がなんともいえません。
 
 幼稚園の中でそういう時間・空間を作るには
お母さん方の理解や協力がなければできないことです。
この日は、2階の父母の会室でも同様の針仕事をしてくださっており
ほんとうにありがたいことです。 

次に火曜日のこと。
DSCF2703まい先生、消防士に転職!?

ご心配なく。
これは、火曜日に行った火災訓練の一部です。
お昼ご飯の後、まず避難訓練をしました。
年長さんはもう5回目になるので
なれてきて、テキパキ行動できますが
年少さんは初めてなので怖がる子もいます。
だからこそ、訓練が大切なのですね。
先生たちは通報訓練・消火訓練と続き
その様子を子ども達がじっと見ています。

そして、最後にまい先生が消防士の服を着ることになったのです。
結構な重さで、さらに写真では見えませんが、
DSCF2711背中には 酸素ボンベを背負って
「後ろに倒れそう」とのことでした。

お部屋に帰る前に、ヘルメットを持ってみたり
上着を羽織ってみて子ども達もその重さを実感。

貴重な時間となりました。


次に水曜日のこと。
DSCF2716年少さんは、はだかんぼうで、泥あそびです。
この泥は、お庭の井戸を掘ったときのものです。
そのドロドロの素晴らしさ感動して、とっておいたものです。

写真では、だいぶ乾燥していますが
地中から出てきたときにはドロドロのタプタプで
これを体験しない手はないと思いました。

この日は、年長さんが台所でカレーをつくりました。
園庭の畑で作ったジャガイモ
近くのお店<つちっこ>で買ってきたタマネギ・にんじんを
切る係の子が包丁で切って、
大鍋で煮込んでいきました。
そして、幼稚園中のみんなが遊戯室に集まって
カレーランチとなりました。
カレーがきらい!という子もいて、一緒に食べましたが
みんなで食べるって“魔法”がかかるのです。
1杯目は本当にちょっぴりだったカレーを食べきると
なんと、お替りをしたのですね。

そして、きのう金曜日は、もう1学期最後の日です。
8月生まれの子の誕生会をしました。
DSCF2717
誕生会のおやつはこれ。
トウモロコシです。
黄色く熟したこのトウモロコシは
その名も〈ゴールドラッシュ〉というそうです。

「あまい」
「おいしい」とみんな夢中で食べました。
S君は、はじめ「いらな〜い」といっていましたが
みんながおいしそうに食べているのを見ると
「たべる・・・」といって食べ始まり
「おいし〜い、あまい」とアッという間にたべてしまったそうな。

やっぱり、みんなで食べるのって“魔法”がかかるのですね。

そんな、こんなで、1学期が楽しく終わりました。
今日から夏休み。
夏休みの約束を守って、元気にすごしてくださいね。
 

kawawadayochien at 13:09 園だより 
月ごと過去記事