2013年05月03日

【河和田幼稚園】大物登場!

ゴールデンウィーク後半に入りました。
天気もよく楽しく過ごせそうですね。
ゴールデンウィークの中に<こどもの日>もあり、
幼稚園では、きのう誕生会と<こどもの日>のお祝いをしました。
誕生会では、10人の5月生まれの子をお祝いしました。
誕生日を迎える子に“大きくなったら何になる?”と聞くのですが
今月は様々な答が返ってきました。
警察官・美容師・クルマをつくるひと・宇宙飛行士・パン屋さん・おかあさんなどでした。
ちなみにクルマをつくる人と答えた子に“どんなクルマをつくるの?”ときくと
“おかあさんが乗るようなクルマで、ピンクとか水色とか黄色のクルマ”をつくるのだそうです。
パン屋さんになりたいのは年少の男の子でしたが、
フランスパンを作るのだそうです。
おかあさんになりたいのは、年少の女の子Mちゃんでしたが、
まったく迷わず“おかあさん!”というのでした。
きっとMちゃんのおかあさんは、ステキなおかあさんなんですね。

その後に<こどもの日>のお話しをしました。
鯉のぼり・菖蒲湯・柏もちには、それぞれ願いが込められているのよ
という話です。子ども達はよく聞いており、
その5時間後の地球クラブの会話で、なおこ先生の柏もちをみて
「落ちない葉っぱだよ」「ず〜っとついてる葉っぱ」
「園長先生がね、木にずっとついてて落ちないって言ってたよ。
実がなるまで(次の芽が出るまで)落ちないってさ」と口々に語ったそうです。
柏もち1 002
こどもの日の話の後に、神社にお参りに行って
“これからも元気に過ごせますように”とお願いしました。
そして、幼稚園に帰ってきて鯉のぼりを眺めながら
「鯉のぼり」の歌をうたい、
好きな所で柏もちを食べました。
ちなみに、柏の木は葉っぱが枯れても次の芽が出るまで落ちないので
子孫代々栄えるようにとの願いが込められているのだそうです。

ところで、さきほどの地球クラブの子達がお昼ご飯を終えた頃のことです。
幼稚園の水辺には、いろいろな生き物がやってきていますが、ついに大物が登場したのです。
何がやってきたと思いますか?
カモです。カルガモです。
カモ2 006
みえますか? 
こちらに1羽、むこうに1羽。
つがいでしょうか?

R君はソロ〜リソロ~リ近づいて
くちばしや羽の色などじっくり観察しました。


カルガモ002ほら、こんなにきれいな青い羽が見えていたり
脚のオレンジ色もとっても鮮やか!
カモはリラックスしてきたのか、
その後は1本脚立ちになったりして、
しばらく、水辺で過ごしていきました。

幼稚園の水辺の水はきれいな地下水だから
“ここの水はきれいだわ”とやってきたのでしょうか

鳥の世界も今、いろいろなことが起きていますが
どうか、健やかに過ごせる場がありますように。
人も鳥も、穏やかに健やかに過ごせるようにと、願わずにはいられません。






kawawadayochien at 15:26 園だより 
月ごと過去記事