2013年01月20日

【河和田幼稚園】グチョグチョだけど

1月14日には、けっこうな量の雪がふり
交通機関がマヒして、
生活のさまざまな面に影響がありました。
それで連休明けの登園時間をいつもより遅くしました。
加えてほし組ではインフルエンザ感染との連絡があり
急遽、学級閉鎖といたしました。
そんなこんなで、バタバタと慌しい1週間でした。
明日から、元気に登園する子がふえることを
祈るばかりです。

カエルも元気こちらは
冬も元気な幼稚園のカエル君たちです。
特に、きみどり色のカエル君は元気です。
ときどき、からだを膨らませながら
ぐわぁ、ぐわぁ、ぐわぁっ
ぐわぁ、ぐわぁ、ぐわぁっと
部屋じゅうに鳴き声を響かせます。


同様に元気なのが、幼稚園に来ている子ども達です。
15日はもちろん、雪遊びでした。
雪合戦をしたり
雪だるまを作ったり
それはそれは夢中になって、遊びました。
先生達がプールテラスに雪を積み上げてつくった<雪のすべり台>も
大人気で、子ども達は、登ってすべって登ってすべってとくり返し楽しみました。
登園時間がおそかったので、
あっという間にお弁当の時間になり
食事中も雪の話題で、それこそ雪を溶かさんばかりの
盛り上がりでした。
「雪のすべり台でお尻がぬれちゃった」
「いっぱい遊んだから、ビッショビショ」というものの
笑顔いっぱいのたのしさにあふれたおしゃべりだったのです。

しばらくとけない雪のため、地面がグチョグチョですが
それさえも、楽しんでいるかのような子ども達。
コンクリートにしてしまった方がいいんじゃな〜い、などという意見もあるでしょうが
断じて違いますよね。
子どもは、きっと靴底からたくさんの感覚をうけとっているはず!
子どもの感度のよいカラダが鈍らぬように
遊びや遊び場を考えていきたいものです。



kawawadayochien at 11:16 園だより 
月ごと過去記事