2010年08月23日

【河和田幼稚園】おまじない

今日は、夏の自由登園9回目でした。
倉庫の整理整頓をしていると
K君が「お昼ごはんををいっしょに食べましょう」と誘いに来てくれました。
少し遅れてお部屋に入ると、年少の男の子が2人と年中の男の子が2人のグループがイスを用意してくれていました。
映画に行く話とかおにぎりの具の話とか
ブロッコリーに何をつけるか・・・
などおしゃべりを楽しみながら食べました。

ごちそうさままで、男の子達は図鑑でクワガタとかカタツムリを見て
おしゃべりしていました。
すると、1匹のハエがヒマそうに飛んでいました。
“ひさしぶりのハエ!つかまえてカエルにあげよう”
そう思い、、網をもってきて・・・年長のSちゃんに協力してもらいながら
ハエをつかまえました。
すると、カエルが好きなY君は「ごちそうさまが済むまで、ハエをカエルにあげるの待っててね」とお願いするので、
「わかったわ」といっておきました。

しばらくすると、大きな泣き声が聞こえてきました。
何事かと近づいてみると、Y君とA君がぶつかってお互い痛くて
泣いているようでした。
そこで「Y君、カエルにハエをあげるけど、見に来る?」と聞くと
泣くのをピタリとやめ、ぶつかったA君、年少のT君といっしょに
私について来ました。

「さあ、カエルにハエをあげるわよ」と意気込んでいると
そこにシマダさんがなんと、シジミチョウをつかまえて、
これまたカエルにあげようとやってきました。
カエルはシジミチョウとハエとどちらを先に食べるか!
大人2人、子ども3人合計5人で、カエルの行動に注目しました。
はじめは活発なハエに心を奪われていたカエルでしたが、
なかなか難物と判断したのか、
しばらくするとシジミチョウにねらいを変えました。
カエルがいつジャンプするか、5人はわくわくドキドキで見つめています

もうY君は、おでこに当てていたぬれたタオルは、
手に汗握るこの戦いのために、ぎっちり手で握っており
声が裏返るほどです。
カエルは、みごとシジミチョウをパクリっと捕らえ、
2口、3口とパクリとやると、シジミチョウはカエルの口の中に・・・・・・。
さてハエは、食べるのだろうか?
ほどなくして、カエルはハエに矛先をかえ、臨戦態勢にはいりました。
また5人はわくわくドキドキで見つめています
・・・・・
そして、これまた見事にパクリと、
今度はひと呑みで口の中におさめたのでした。
このカエルの食事に満足したY 君は
「これ持ってて!」と私にあのぬれたタオルを手渡すと
次の遊びに元気よく、走っていきました。

痛いときは、チチンプイプイ  イタイノイタイノ とんでいけ〜
という御まじないもいいけれど、
きょうのお薬は<カエルのパクリ>でした。
よかった、Y 君A君が元気になって!





kawawadayochien at 19:13
月ごと過去記事