2010年06月22日

【河和田幼稚園】ここで、問題です!

つき組のお昼ごはんの時間。
いつもは楽しそうな声で賑わう室内も、今日はちょっと違いました

それは、こんな一言から始まりました。
W君 「ここで、問題です!」

いきなり響いた声に、何も返せずにいた子ども達ですが、
W君と仲のいいR君は違います

R君 「ジャジャン♪」
なんと、クイズの効果音を口ずさむではありませんか

そして、クイズが始まったのです

W君「ドーナツはドーナツでも、穴が2個開いたドーナツは何〜だ?」

突然の出題にも関わらず、すぐさま対応するのが子どもの凄いところ
多くの手が挙がります

W君 「じゃあ、H君!」
H君 「スーパードーナッツ!」
W君 「残念、違いま〜す」

その後も、たくさんの回答がでますがなかなか当たりません
痺れをきらしたW君。ついには、
「じゃあ正解言うよ!正解は…メガネでした」

・・・ドーナツなのに、メガネ?
それで大丈夫なのかしらと心配している保育者をよそに
子ども達からは納得の声があがります

子どもの考えるクイズっておもしろい!
少し感動すら覚えていると、すかさず

W君 「はい、それでは第2問!」
R君  「ジャジャン♪」

W君 「恐竜は恐竜でも、とても小さい恐竜はな〜んだ」

恐竜なのに、小さい・・・
ご飯を食べる手を止め、真剣に考える子ども達

しjかし、なかなか手が挙がらないのをみて
Sちゃん「問題が進んでいくのと一緒に、難しさも増えていくんだね」
なんと、難易度の解説すら始まりました

一方、クイズに夢中で静まり返るようすにSちゃんの一言。
「なんだかお部屋が静かだと寂しいんだよね。やっぱり、つき組は楽しいほうがいいな

31名の子ども達。
同じことをしていても、考えていることはそれぞれ違う。
それだから楽しい

その後、答えを聞いて納得する年中児たちと、
分らないことが悔しい年長の「そうだと思った」の一言。

たまには、こんなお昼もいいなと感じるひと時でした

W君による問題。みなさんも考えてみてください
分った方は、ぜひ、つき組まで・・・

W君 「じゃあ、ヒントね。始めの文字は・・・“お”だよ。」



kawawadayochien at 20:25 園だより 
月ごと過去記事