2008年12月30日

【河和田幼稚園】包丁技

 年末にわざわざ書くことではないのですが、ご紹介しておきたかったことなので書きますね。

 卒園生のおうちからリンゴが送られてきたことは、前にお伝えしたと思いますが、今年は第2弾がありまして、12月19日にもりんご屋さんが開店しました。
 
 2回目は1回目とは違うやり方をしました。園庭に面したテラスで開店することにしたのです。そして、ボランティアのお母さん方のアイディアで、皮むきパフォーマンスを子ども達に見せようと言うことになりました。きれいに皮むきをしたリンゴをいただくだけでは・・・ということです。
 「包丁の技を披露します」とのオープニングでスタートしました。Y君のお母さんもボランティアの一人として皮むきをしてくれました。たぶん、おうちでだってお母さんは皮むきしていらしたと思いますが、こうしてマジマジと皮むきを見るのは、初めてだったのでしょうね、Y君すっかりお母さんの見事な包丁技に見とれてしまったそうな・・・。K君・H君・U君も食い入るように見てました。リンゴの皮むきって、ちょっとマジックみたいじゃないですか
 こうして、青空の下、皮むきパフォーマンスの後に食べるリンゴは、
また格別の味がしましたよ。

 皆さま、まだまだリンゴのおいしい季節です。コタツでみかんもいいけれど、天気がよかったら、たまには外の空気をすいながら、皮むきパフォーマンス付でリンゴを食べるのもいいかもしれませんよ。こんな風にして食べるとまた味わいがありますからね。
 りんご屋のお母さんたち、ありがとうございました


 


kawawadayochien at 17:41 園だより 
月ごと過去記事