2008年12月28日

【河和田幼稚園】ふたり、そろって。

 2学期が終わったところで、卒園生のお母さまからおたよりが届きました。
競馬の騎手を養成する学校に入学したお子さんが、今年度3年目をむかえ、最終的な段階のひとつである<模擬レース>に出場したということで、DVDが同封されておりました。
 お手紙には、この模擬レースに出場できた同期生は5名とのとこで、入学生が何名だったのかはわかりませんが、厳しい寮生活を潜り抜けてきた5名の中に入っているのは、とても価値あることなのではないかと察せられました。そしてこの卒園生は双子ですから、5名中2名ということなのです ふたり、そろって模擬レースに出場できたということです、すばらしい
 
 レースは、序盤は他の3名がリードしておりましたが、最後の追い込みで2人のうち1人が猛烈に追い上げて、グングングングン追い上げて、なんと1位になったんです もう1人は5番目でしたが、見事な手綱さばきだったことはいうまでもありません。
 競馬となれば速さを競うわけですから、速くなくては意味がないし、順位がひとつでも上でなければいけないのでしょうが、小さい頃を知っている身としては、こうして馬に乗ってこんなに速く走っているだけでも感動してしまいます
 競技前の挨拶&自己アピール、競技後のインタビューに答える姿・・・ほんとに凛々しくなっておりました(アナウンサーは「どことなく、幼さがある彼らですが・・・」と紹介しておりましたが、なかなかどうして凛々しいです!)5人の中で2人がひときわ凛々しく見えたのは、ひいき目でしょうか?

 今日は、有馬記念があり、競馬界のスター達が競ってレースを盛り上げたわけですが、こうして今まさに、競馬界のスタートラインに立たんとしている若者がいて、それが河和田幼稚園の卒園生だとなると力が入ります。
 卒業試験ともいえる国家試験は来年2月だそうです がんばれ 応援しているからね。 

 

kawawadayochien at 19:01 園だより 
月ごと過去記事