2008年06月04日

【河和田幼稚園】あそびは大事なのだ!

f335fcf0.JPG “人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ”という名言がありますが、それほど子どもにとって、遊びは大切です。そして、遊びは子どもだけでなく大人にとっても、大切でステキで人生になくてはならないものだと思います。とは言っても、遊んで暮らす、ということではなくて、いろいろなことを楽しんで生きていこう!ということです。 
 それで、幼稚園からお母さま方に“みんなで川柳をつくって遊んでみよう!”と投げかけました。どういうことかというと、河和田幼稚園には幼稚園と父母の会の広報委員でつくる広報誌<むぎの穂>があるのですが、今度発行される64号は「みんなの川柳」というタイトルで特集を組むことにしたのです。
 投げかけてはみましたが「ヤダー」などと言われて、てんで原稿が集まらない、というようにならなければいいけれどと、広報委員さんが熱心に働きかけてくださっていたのはわかっていましたが、内心心配でした・・・。
 
 きょう、広報委員の編集現場に行ったら、写真のとおりみなさんとても楽しそうです。聞いてみると川柳がたくさん集まって、その中身もおもしろいらしいのですね。
あー、よかった。この原稿を集める期間、おかあさん方の頭の中が川柳のために使われたら頭も元気になるのではないかしら、と楽しみにしていたのですが、どうやら実現しそうです。ちなみに、お父さんで寄稿してくださった方もいるらしく(なにしろ父母の会活動ですからね!)ほんとに楽しみです!!
 64号が発行されたら、またお伝えいたしますね。

 

kawawadayochien at 11:15 園だより 
月ごと過去記事