2021年06月

2021年06月22日

【つぼみちゃん】今年度、若干名空きがあります。

本日<合同説明会>が行われました。
<合同説明会>は子育て応援のペンギンくらぶが主催する公立・私立が合同で開く幼稚園説明会です。
昨年はコロナ感染拡大予防のため中止となりましたが、今年は感染対策をきちんとして参加でき、
限られた人数ではありましたが、幼稚園入園をお考えの方にお会いできて、うれしく思いました。

今年度のつぼみちゃん、水曜日コース・木曜日コースとも、若干名空きがあります。
入会をお考えの方は、是非ご連絡ください。

にわDay(園庭開放)は予約なしでご利用できます。
ぜひ、遊びにいらしてください。

2021年06月06日

【河和田幼稚園】ちょっぴり雨模様

只今、6月6日午後4時50分。夕方の明るい光が室内に差し込んできます。
今朝、雨が降りはしまいか心配しながらオリエンテーリングをスタートしたことが嘘のようです。

P6062912雨が降りそうで
開会式で集合したときは、こんな風に
傘をさしている人がたくさんいました。
しかし、ちょっとの雨など何のその!と始まった次第です。



P6062921そうしたら、歩き始めた頃には、
雨はほぼ上がってしまったのですね。

レインコートを着ていた子も
暑くなるので、脱いでしまったくらいです。
しかし、天気を読むのは本当にむずかしい。
なので、当初の計画より早めにゴールをするようにしました。
幼稚園近くの通称<てつぼう公園><ヤッホーの丘><どんぐり山>・報仏寺・道祖神・愛パーク・
児童公園がポイントになって、各グループごとにコースを決めて歩きました。

弟妹がオリエンテーリングに参加をするために幼稚園で留守番することになった
6人の小学生のお姉ちゃんたちが園に残った先生達のお手伝いをしてくれました。
その会話に、そっと耳を傾けると「うちの弟、年長さん」などと幼稚園生の保護者の会話のようです。

予定を早めたので、10時を少し過ぎると戻ってくるグループがチラホラあり
P6062923こんな風にゴールしたグループは
グループ表にお花を付けていきました。

もどってきた子の中には、小学生と追いかけっこをするほど
元気な子もいましたが、
付添いのお父さん方はお疲れになったのでは?と思います。

今年度は、クラスの様子をビデオにとっておいたので
それを親子で観ていただきました。
クラス毎にご挨拶をして、おみやげをお渡しして解散となりました。

たっぷり歩くオリエンテーリングではありませんでしたが
余裕を残しながら、親子で楽しい時間になったと思います。
お疲れさまでした。



kawawadayochien at 17:32|この記事へのリンク 園だより 

2021年06月05日

【河和田幼稚園】スジの通った話

ワクチン接種が始まったからといって、コロナウィルス感染の心配がなくなったわけではなく
マスク着用や3密回避や消毒を続ける毎日です。
ブレーキがかかる毎日で、コロナ疲れが出るところでもありますが
何か工夫をしていくことが楽しくすらあります。

父母の会の活動は今年度も委員会活動こそしておりませんが
父母の会のテーマが“知りあう・繫がる・育む”と掲げられたことを受けて
フレッシュな取組みをしてます。
P6032899ビオトープ周りでお母さん達が草取りをしています。
木々の緑の成長とともに雑草も元気に育ちます。
雑草がはびこる様子は、なかなか見事なものですが
幼稚園の庭は里山を目指しており、適度な手入れをしてます。
今年度はざっくりと当番も決めて、5・6・7月の間に
お母さん達と草取りしています。ありがとうございます。

それから、カラダカラという体育会系のクラブ活動がありますが
今年は担当の2人のお母さんとアンケートを取ることから、スタートしました。
P6032903P6032898
こんな風に
やってみたい運動にシールを貼って
投票してもらっていました。
ヨガと園児との玉入れ合戦が人気!



今週は畑のジャガイモ収穫もあり、17圓函∈までで最高の収穫量。
ジャガイモの周囲にもいろいろな雑草やら植物が生えていて
Ⅿちゃんはフキを収穫。「園長先生にあしたお願いに行く!」との予告があり
何のお願いかというと明日はみそ汁の日だからフキをみそ汁に入れてもらいたいのだとか。
それで翌日やってきました。
園長先生と話しあって「フキは苦いからみそ汁じゃない方が…」となり
「(みそ汁をつくる)千田さんにお願いに行こう」となり、早速台所に行きました。
千田さんとの話し合いでフキのきんぴらにしようということになりました。
P6032904
収穫したフキは
こんな感じ
P6032909できあがった
フキのきんぴらです。






Ⅿちゃんのクラスたいよう組に持っていって
「食べたい人〜」と手を挙げてもらって、りな先生が分けてくれました。
子どもの味覚も1年で発達するのでしょうか?
年長さんは苦みを味わうようすがあり「おかわり」をする子もいましたが、
年中さんは手を挙げる子も限られておりました。

食べることまで含めて、子どもたちは自然を楽しんでいます。




kawawadayochien at 10:35|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事