2021年05月

2021年05月28日

【つぼみちゃん】子育てって楽しい時間!

 今年度のつぼみちゃんが始まって、2ヶ月がすぎました
子どもたちは少しずつ幼稚園に慣れて、表情も明るくなってきました

P6022896
お母さん達の会話もはずみ
楽しみながら
そして時には悩みを打ち明けたり(これ大事です!)
子育てを楽しんでいらっしゃいます。
 

「おたまじゃくし」や「かえるのうた」を歌ったり♪
カエルに変身して、あ母さんの所までジャンプジャンプ
お天気がよかったので、外遊びで全身びしょびしょになる子もいました。

これからも季節に合った歌をうたったり、たくさん遊んで楽しい時間にしていきますね

P5272875



P6022890_edited-1







2021年05月23日

【河和田幼稚園】生きもの達のおしゃべり

日にちがたつのが早い!ですね。先週15日に、今年度2回目の自由登園がありまして
そのことを書こうと思っていたら、あっという間に1週間がたってしまいました。
何のことを書こうと思っていたかというと、小学1年生のことです。
P5152846自由登園には小学生も参加できるのです。
1年中OKなのですが、
小学1年生は1学期は“片足幼稚園に残っている”感じです。
まだちょっと慣れない小学校生活を送っているのでしょう、
幼稚園に来ると<水を得たサカナのよう>で、
陣取りなどを幼稚園生と張り切ってやっています。ムリもありません、
3ヵ月前は年長さんと年中さんの関係だったのですからね。
そして、この写真は次回の自由登園日をみお先生に教えてもらって
メモしているところです。もう、字を書くことが日常になっているのですね。
さて、1ヶ月後の彼らにどんな変化があるのでしょうか。

ムラサキの花が咲いて、今は白い花があちらにもこちらにも咲いています。
P5182850これは、エゴノキの花です。
風に吹かれて、ポロポロリと落ちるのを楽しむかのように落ちるので
エゴノキの下の地面は、白い花模様になっています。
タフ舟に、水をはって「キレイなお花を浮かべましょう」と
花拾いをしてみました。
「お花のお風呂のようだね」という子がいました。

P5182851洗面器に浮かべてもきれいでしょう。
そんな言葉があるかどうかわかりませんが
「花洗顔」ができそうです。





もう一つの白い花、河和田幼稚園のこの季節の自慢の植物<テイカカズラ>
この1週間は花盛りです。
P5212853テイカカズラは花の数ばかりでなく
その香りもたのしめます。見た目の楽しさは写真で少しわかりますが
香りはここまで来ないとわかりません。

また1週間は咲き続けると思いますので
良かったら見に来て、香りも楽しんでください。

P5212855雨の日は、花や葉っぱが落ちるとアスファルトに貼りついて
こんなキレイな花柄が生まれます。

そうそう築山にあるヤマボウシ。これも白い花を咲かせているようですが
実はこれは花ではなくて苞(ほう)でした。

幼稚園の庭でカエルやオタマジャクシ・ダンゴムシ・ミミズなどの
小さな生きものとさまざまな緑の葉をつけた木々と花たちが
子ども達のまわりで、雨が降る中、賑やかにおしゃべりしているようです。




kawawadayochien at 15:19|この記事へのリンク 園だより 

2021年05月08日

【河和田幼稚園】ヘビイチゴってどんな味?

連休が終わって、5月6日・7日と子ども達がやってきました。
予想はしていたものの、連休の余韻があってなんとなく落ち着かないスタートでした。
P50628165月6日には5月生まれの子の誕生会をしました。
大きくなったら何になる?というインタビューをしますが
「猫カフェのお仕事するの」という女の子がおりまして
後でお母さんとお話をしたら「動物が好きなんだけど、売るのは嫌なんだそうで、“猫カフェ”ってあるよと、話したんですね」とのことでした。
その後、みんなで幼稚園の前の吉田神社にお参りに出かけ
“これからも元気に育ちますように”とお願いしてきました。
幼稚園に戻って、コイノボリを眺めながらコイノボリの歌を歌いました。そして
P5062818お天気が良かったので、お庭で柏餅を食べました。
この頃は、柏餅も丁寧に包装されています。

写真の花は、幼稚園の庭に咲いている<テッセン>です。
今年も紫色の大輪の花を咲かせてくれました。見事です。


ところで、この日年長のSちゃんが「これ食べられる?」とヘビイチゴを持ってきました。
たしか食べられると聞いていたが「調べておくね」とお題を預かりました。
柏餅を食べているとRちゃん・A ちゃんも加わって「まだぁ(調べてないの)?」と聞いてきました。
食べ終わってから調べてみると‥‥食べられるが、とてもうすい味とのこと。
さっそく、小さなボードに要点を書いて3人に伝えに行きました。
Rちゃんからは「教えてくれて、ありがとう」とお礼も言われました。
小さいことですが、うれしい一言でした。

この日は、食べられずに終わったので、翌日7日に愛先生が子ども達とヘビイチゴを探し
洗って食べたそうです。たくさんの子が参加して、愛先生も食べたそうです。
それは店で売っているイチゴのまだ赤くなっていないところのように
やっぱりうすい味だったそうです。
「おいしくない」「うすい味」といういう子もいる中「おいしい」という子も・・・。

春の自然の中には、子ども達を魅了する
大人たちも知らない未知のことがたくさんある。
暖かい日差しの中、子ども達には、たくさんの自然出会わせたい。




kawawadayochien at 13:36|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事