2018年02月

2018年02月03日

【河和田幼稚園】今しかできないモノ達

木曜日は「今夜から雪が降って、あしたの午前中まで降るらしい」ということで
「土曜日の展覧会はどうなるかしら?」と心配でした。
金曜日は雪が降りましたが、積もることはなくすっかりとけて
今日、土曜日は薄日さえさすくらいの天気になりました。よかった。

今年も年少さんの「おうちの人の絵」年中さんの「おもしろボード」年長さんの「将来の夢」等が
展示され、それぞれに子どものコメントが付けられています。
それを読んでいくと、ひとり一人がいろんな想いを持って生きている
子ども達はまわりをよく見ながら、大人の言っていることをよく聞きながら生きている
と感じさせられます。
P2030886P2030884P2030867








その他に、指あみのマフラー・年長さんの焼き物・幼稚園中の積み木を総動員したパノラマ・・・

IMG_1631お母さん達の作品もあります。
笠間に出かけて作った焼き物
手芸クラブでは、あずま袋・箸入れ・消しゴムハンコなど
生活を彩る手づくり作品。
子どもの絵をお母さんが刺繍でなぞった<子どもの絵の刺繍>には
今年も力作48点が揃いました。母の愛なしには作れない作品です。

庭やテラスには写真撮影用に<顔出しパネル>を設置しました。
もちろん、子ども達が作ったものです。
それを先生がフォローしてパネルにしてあるのですが、
IMG_1638こんなパネルもあります。
写真ではちょっと分かりづらいですが
「はらぺこあおむし」になれるパネルです。顔はオレンジ色で顔出しになっています。その後ろにみどり色の丸いパネルが並んでいて
奥行きがあります。子ども達がみどり色の絵の具をローラーで塗って
丸く切り取って作りました。

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんと
一緒に作品をみていきます。
おとなたちは口を揃えて言います。
「子ども達はすごい。おもしろい。」

子ども達の中にあるものを、そのまま出していくと、この時しか作れないモノができる。
大人はそれを見て、自分を振返ったり、わが子に改めて出会ったり
わが子の友だちの成長にまで出会うことができる。
みんな、笑顔で帰りました。ありがとう。

kawawadayochien at 15:39|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事