2018年02月

2018年02月23日

【河和田幼稚園】たくさん遊ぼう

前回からずい分間が空いて、ごめんなさい。
書ききれないくらい たくさんいろんなことがあったのに、もったいないです。
P2160901写真は2月16日のなおみ先生のおはなしの時間です。
今年度の最終回です。
ということは年長さんには最後のおはなし会
「もう少しで小学生になるから」と『ジャンケンの好きな女の子』という文字が多く分厚い本を選んでくださいました。さよならの挨拶では、
子ども達はそれぞれに感謝の気持ちを伝える様子がありました。

 年長さんは大活躍です。2月19日にはPTA連合会(水戸周辺の幼稚園でPTA活動をしている お母さん達の会)の総会に出演いたしました。80人くらいのお母さん達・先生の前で『友だちになるために』と
いう手話ソングを披露したのです。たくさんの拍手をいただきステキな時間になりました。
 実は当園の父母の会のお母さん達から「お母さん達の集まりで歌を歌ってください」との依頼があり
「いいよ〜」と快諾して取り組んだことでした。
お客様が喜んでくださったので、翌日の朝に園長から年長さんにお礼を言おうとして
「昨日はどうでしたか?」と問いかけると子ども達は何と言ったでしょう?
「はじめはドキドキしたけど、だんだん大丈夫になった」という感想もありましたが
結婚式場が会場だったため「(待機場所のロビーの)ソファがふかふかだった」とか
「シャンデリアがきれいだった」「(噴水の所の)水がきれいだった」などの感想がほとんどでした。
特にふかふかのソファは印象的だったようです。こんなこともいい経験になったなぁと思います。
園長からは「みんなは人を幸せにする力があって、とても素敵なことです。みんな本当にありがとう」とお礼を述べた次第です。

P2200904さて、カエルがカエルをのみ込んだということは少し前に書きましたが
その後、残った小さいカエルがだんだん元気がなくなり・・・・・
ついに、ふてぶてしいくらいだったカエルも・・・という事態になりました。
お墓に線香をあげて、手を合わせる子もおりました。
その数日後です。庭の水辺にカエルの卵が
この写真は、その水辺でカエルの卵を写生しているところです。
寒さの残る中、新しい命が生まれ、
少しずつ成長していて、本当にまぶしい

ミュージック・ケアを親子で楽しむ日が3日間ありました。
おうちの方もたくさんスキンシップをとりながら、
お子さんの成長を感じて笑顔がたくさんの時間となりました。

P2220910
つぼみちゃんでは、たくや先生と遊ぶ時間がありました。
タオルを使って、ソリのようにすべったり、
端をにコブを作ってそれをめがけてジャンプしたり。
写真は「チョコバナナになるよ〜」ということで
マットをころがって遊んでいるところです。
こんな動きだけでも、子どもは大喜び
何度も何度もくり返し、コロコロ楽しむつぼみちゃんでした。


そして、きょうは年中さんのなわとび大会でした。
P2232966天気が心配でしたが、だんだんにお日さまも出てきて応援してくれました
お母さんがきて、子どもが跳んだ回数を数えて順位を競いました。
すばらしいことに誰もが1回は跳んで、最多は46回でした。
その後は、お母さん達のなわとび大会です。
思いのほか皆さん快調に跳んでいましたが「明日は筋肉痛かも」などと
久しぶりの真剣勝負に爽やかな汗を流してくれました。

来週の半ばで2月が終わり、3月になります。
年長さんが幼稚園に来る日も正味2週間くらいになります。
最後まで楽しい日々に。たくさん遊んで、遊び尽くしましょう。



kawawadayochien at 21:12|この記事へのリンク 園だより 

2018年02月03日

【河和田幼稚園】今しかできないモノ達

木曜日は「今夜から雪が降って、あしたの午前中まで降るらしい」ということで
「土曜日の展覧会はどうなるかしら?」と心配でした。
金曜日は雪が降りましたが、積もることはなくすっかりとけて
今日、土曜日は薄日さえさすくらいの天気になりました。よかった。

今年も年少さんの「おうちの人の絵」年中さんの「おもしろボード」年長さんの「将来の夢」等が
展示され、それぞれに子どものコメントが付けられています。
それを読んでいくと、ひとり一人がいろんな想いを持って生きている
子ども達はまわりをよく見ながら、大人の言っていることをよく聞きながら生きている
と感じさせられます。
P2030886P2030884P2030867








その他に、指あみのマフラー・年長さんの焼き物・幼稚園中の積み木を総動員したパノラマ・・・

IMG_1631お母さん達の作品もあります。
笠間に出かけて作った焼き物
手芸クラブでは、あずま袋・箸入れ・消しゴムハンコなど
生活を彩る手づくり作品。
子どもの絵をお母さんが刺繍でなぞった<子どもの絵の刺繍>には
今年も力作48点が揃いました。母の愛なしには作れない作品です。

庭やテラスには写真撮影用に<顔出しパネル>を設置しました。
もちろん、子ども達が作ったものです。
それを先生がフォローしてパネルにしてあるのですが、
IMG_1638こんなパネルもあります。
写真ではちょっと分かりづらいですが
「はらぺこあおむし」になれるパネルです。顔はオレンジ色で顔出しになっています。その後ろにみどり色の丸いパネルが並んでいて
奥行きがあります。子ども達がみどり色の絵の具をローラーで塗って
丸く切り取って作りました。

お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんと
一緒に作品をみていきます。
おとなたちは口を揃えて言います。
「子ども達はすごい。おもしろい。」

子ども達の中にあるものを、そのまま出していくと、この時しか作れないモノができる。
大人はそれを見て、自分を振返ったり、わが子に改めて出会ったり
わが子の友だちの成長にまで出会うことができる。
みんな、笑顔で帰りました。ありがとう。

kawawadayochien at 15:39|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事