2018年01月

2018年01月25日

【河和田幼稚園】チョ〜気持ちいい

東京では48年ぶりの氷点下4℃ 水戸でも氷点下5℃と大雪後寒い日が続いています。
そんなことはどこ吹く風! 子どもたちは、園庭狭しと雪遊び・氷遊びに夢中です

年長さんの「こま検定」も今日は最終日とあって、子ども達は合格を目指し検定に挑みます。
こま検定は園長先生の目の前で、そして勝負板の上で15秒間回り続けなければ合格になりません。
「いち、にい、さん、しい、ごお〜」とカウントする園長先生の声を聞きながら
「止まらないで!」と祈るようにこまを見つめる子どもの姿、
勝負板の周りに集まって友だちを声援する姿など、毎回筋書きのないドラマを見ているようです。

ランチの時間が近づく中、TくんとAちゃんの2人のこまは転がるばかりで、思うように回りません。けれども2人とも何度も何度も挑戦し、その2人に園長先生とまい先生がマンツーマンで投げるタイミングや手の返し方などを伝えています。昼食の準備で通りかかる先生たちも「がんばって」と声をかけてくれます。検定が始まって50分くらいたった頃、Tくんのこまが!回りはじめて見事合格その時Aちゃんはどうしたでしょう、何とTくんに近づいて背中をポン!「やったねおめでとう」と声をかけたのです・・・Aちゃん、素敵 見ている大人は思わずウルウルしてしまいました。
T くんのカードに合格のスタンプが押され、ひとしきり合格をお祝いすると
残ったAちゃんは、さっと切り換えてこま回しを再開し黙々と投げ続けます。
園長先生の励ましの声!Aちゃんの真剣な眼差し、Aちゃんはひるむことなく何度も何度も紐を巻いてはこまを投げ・・・そしてその瞬間はいきなりやってきました「いち、にい、さん、しい・・・にじゅういち!合格!」Aちゃんのこまは見事にまわり、ついに合格となったのでした。
検定が始まって1時間は超えていました。Aちゃんは何度こまを投げたことでしょう。
各お部屋から先生たちの声が聞こえてきます「おめでとう」「おめでとう」
弱音をはかずやり遂げたAちゃん、あっぱれです。


ところでランチ後トイレで、用を足したAちゃんとTくんに出くわしました。
Tくんが「あ〜気持ちいい!さっぱりした!」と言うので
    「トイレに入ってさっぱりしたの?」と返すと(笑)
    「違うよ!知ってるでしょ
    「そうでした!こまが回ったんだよね!それはさっぱり気持ちいいね!」
Aちゃん「わたしも・・・」って
Tくん 「チョ〜気持ちいい」

 腸も気分も、さっぱりとチョ〜気持ちいい よかったね、本当におめでとう






kawawadayochien at 15:40|この記事へのリンク 園だより 

2018年01月20日

【河和田幼稚園】年明け早々、事件です

新しい年になって、初めて会う時は「明けましておめでとうございます」と挨拶します。
1月も19日も過ぎましたが、やっとブログを書きます。なので、ご挨拶です。
「明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」

幼稚園は1月9日から始まりました。
はじめの日から、なおみ先生のお話しを聞けるという、ステキな年明けでした。
P1090824はじめの会にも、なおみ先生に入っていただき
新年のご挨拶をいたしました。
「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします」

この後「ねずみじょうど」や「しんせつなともだち」など
お話しや絵本を楽しみました。

正月遊びでは、<福笑い>でみんなで初笑い!
遊戯室が笑い声で、いっぱいになりました。
この頃笑いが足りない・・・と思ったら、だまされたと思って子どもと福笑いをしてはいかがでしょう。こんな遊びでこんなに笑えるんだ〜
今年も笑いがあふれる年にしたいですね。

P1120840昨年度はノロウィルスが流行して、幼稚園など餅つきを冬のお楽しみ行事にしている所は、軒並み餅つきが中止となりました。
今年はどうしよう・・・と思案し、写真のように
焼いたお餅に醤油をつけて、海苔で巻いて磯部焼きで食べました。
幼稚園の前に住んでいるおばさんが、手伝いにきてくれました。
醤油が付いた焼きたてのお餅はよくのびて、おいしかった〜。

でも、ほんとうは つきたてのお餅を食べたいですよね。

そんな平和な年明けに、事件が発生しました。
幼稚園にはカエルが好きな子が何人かいますが、その一人のk君が事務室にやって来たので
「k君、カエルを見ていったら」と誘ってカエルを飼っているケースをのぞいてみました。
3匹飼っていますが、1匹はすぐに見つかりました。
自然の中なら冬眠の時期なので、心なしかちょっと小ぶりになった感じ・・・
でも、カラダのみどり色はそれなりに鮮やかです。
後の2匹はどこにいるかな? よく蓋の裏に貼りついていることもあるので、のぞいてみました。
しかし、2匹とも姿がみえません。中に入れたあった紙の陰にいるかも・・・と、めくると
P1120837そこにいたのは、さっきのみどり色のカエルの3倍くらいの大きさの
この灰色のカエルが、で〜んと隠れていたのでした。
そのでっぷり感は、尋常ではありません。
このおなかのふくれ具合をみてください。
微動だにしない異様な雰囲気‥・・・
そして、3匹のはずがもう1匹はどこにも見当らないのです。

その日の朝、エサをあげた先生に「朝、3匹いた?」ときくと「いました」とのこと。
ということは・・・
しばらく観察していると、のろのろと動きはじめ壁を昇ろうとし始めました。
ところがですよ、カラダが重いのでしょう、昇ってはずずずずーっとずり落ちてしまうのです。
もう一度昇りましたが、結果は同じでした。

こういう時、食べすぎの人間でも同じですよね、ごろごろするしかありません。
その後、どのように移動したのかわかりませんが、ケースの中にある水をはった茶碗に、
温泉につかるおっさんのような風情で、ぼよ〜んと浸かっていました。
P1120851
水の中の方が代謝が高まると思ったのか
はたまた火照ったカラダを冷やそうとしているのか、
この写真は、次の日の昼下がりのようすですが、
つかったまんまです。
カエル君、君は2倍生きなきゃいけないよね。


ということで、様々な年明け風景を紹介しましたが、
どうか、今年も良い年になりますように。
子ども達が元気に過ごせる世の中になりますように。
まわりの大人たちもたくさん笑って、楽しい日々にしてきましょう。




kawawadayochien at 19:24|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事