2016年10月

2016年10月30日

【河和田幼稚園】宝の山

10月30日 第1回水戸漫遊マラソン大会が予定通り開催されました。
朝から、いつもの日曜日とは町の風景が違う気がしました。
交通規制でクルマの通りが少ないし、
応援に向かうような人の流れがありました。
私もポイントを決めて、沿道の応援にでかけてみました。

先導の車が何台か現れたので、マラソン大会かくありき、とは思いましたが
トップの選手の登場は、案外静かなものでした。
それもそのはず、2位の選手がなかなか現れず
5分以上たってからやっと2位の選手が走ってきました。
私はとにかく全選手に応援旗を振りながら
大声で「がんばれ!」と応援することにしました。
しばらくすると、平塚潤選手が走ってきたので「平塚選手、がんばれ!」
その後もずっと応援していると
「園長先生、〇△◆▽です!」と選手から声をかけられ、ビックリ
わぉ卒園生のN君とK君兄弟のお父さんじゃないの。
走り去る〇△◆▽さんにもう一度「がんばれ〜」と声をかけました。

選手たちは、ひたすら走る方が大半ですが
たまに、手をあげたり、目線をおくって声援に応える方もいます。
少しでも応援を力にしてくれたら・・・と思いつつ、応援を楽しみました。


さて、この1週間も楽しいことがたくさんありましたが、
一番はこれ!
PA261409昆虫が好きな人ならお分かりですよね。
そう、カブトムシの幼虫です。
どこにいたかって、園庭にいたのですね。

やったぜ」 
秘かにガッツポーズをした私です。
なぜって、幼稚園の庭が
命を育む場所になったと感じたからです。

この日は、以前から園庭の保全管理をしてくれる川又さんに
園庭の端っこの枯葉や草を堆積している所(エコ スタッグというそうです)の
手入れをお願いしていたのです。
子ども達にも「きょうは落ち葉の山を手入れをするよ」と朝の会で予告しておくと
「カブトムシの幼虫がいるかも」とか
「ミミズがいるよ」という声があがりました。

その30分後くらいです。
「おっきいカブトムシの幼虫が出てきました」と
ちひろ先生が興奮気味に伝えてきました。
PA261410
子ども達は興味津々。
枯草枯葉の堆積しているところですから
独特なにおいもします。
あのにおい想像できますか?
ちょっと鼻をつまんでいる子もいますが
ここは、子ども達には宝の山です。


子ども達の予想通り、
ミミズも出てきたし、ダンゴムシも出てきたし、宝がザクザクです。
PA261408
このように3匹くらい
飼育ケースにいれて、観察することにしましたが
後はエコスタッグを戻して
自然の中で育つようにしました。
川又さんが感心していたのは、
カブトムシの幼虫が生育していたこと
そして、幼虫を嫌がる子どもがいないことでした。

2012年8月、園庭大改造に取組み、
子ども達の身近に自然があるように“園庭に里山を”との考えで
この庭を育ててきましたが、
子ども達が日々育っていくように、この庭も育っています。

同じ日に、お母さん達のアクティブな活動もありました。
PA260014
道ピカ大作戦という勇ましい名前の活動です。
子ども達のピクニックコースを歩いてみよう
そして、ついでにその道をピカピカにしちゃおう!
ということで、道ピカなのです。
(ちなみに、3月には年長のお母さん達で行う
窓ピカ大作戦もあります。)
片道4km、ゴミを拾いながら歩きます。

今年は、シマダさんが軽トラックで伴走したので、
大きいゴミも迷わず拾いながら、ゴールの植物園まで歩きました。
植物園は小吹の清掃工場と隣接していますから
拾ったゴミは、清掃工場に直行です。
この日のゴミの総重量は80でした。

植物園の芝生でお弁当を食べると、
折り返し、また幼稚園に歩いて帰ります。
行きはたいへん、帰りはスッキリ。
疲れはあっても、きれいになった道を歩くのは気持ちいい。
PA260005
これは出発時の写真ですが
こんなにたくさんのお母さん方が
参加してくださいました。
この日は、秋なのに暑くて
帰ってきたお母さん方は汗びっしょり
お疲れさまでした。


キレイな道を子ども達にプレゼント!ってステキです。
お母さん達の思いは、きっと子ども達に伝わりますね。

 

kawawadayochien at 15:14|この記事へのリンク 園だより 

2016年10月27日

【つぼみちゃん】タオルde体操

今週はつぼみちゃん前期の最終回でした
最後のつぼみちゃんは、みんなでカラダをたくさん動かして楽しみました

つぼみちゃんでも、おうちでもできる体操を
水曜日はあきこ先生と、木曜日はたくや先生と楽しみました。
準備するのは、首に巻けるサイズのタオルを1本!!
これで、様々な動きを楽しめます

まずは、タオルde電車
タオルがお母さんとつぼみちゃんを連結します。
シュッシュッ ポッポッ みんなでお出かけ〜
でこぼこ道もトンネルも仲よく繋がって進んでいきました
PA271267









今度は向かい合って 持ち直し、クルクル回りメリーゴーランド

次は、タオルを中心で1回結びます。こうすると、重りを付けた状態になりますね。
これで親子でキャッチボール
2回結ぶとボールのように丸くなるのでよく飛びます
キャッチするのが難しい・・・けれど
つぼみちゃん達もボールのようによく動き
喜んでタオルボールを追いかけていました
PA271272









タオルの片側を持ち、子どもの手が届くか届かないかのところに垂らすと
子ども達は飛びついてタオルを掴み取ります
ジャンプしてつかむ この動作はバランス力が必要で意外と難しいのですが
子どもたちは何度もチャレンジしました
PA271271








他にもタオルの上に子どもたちがうつぶせになり、タオルを持ちあげるとスーパーマンが飛んでいったり
PA271275









タオルの両端を持った子どもたちを おうちの方がひっぱり床の上を飛びまわったり
PA271277








ぜひ、おうちでも力持ちのお父さんとも 楽しんでみてください

さてさて、最後は紙芝居をみんなで楽しみましたが
入会から半年経った子どもたちはこんな風に
おうちの方と離れてあきこ先生のお話が聞けるようになったり
PA271282








さよならするのに、順番に並んで待つことができるようになりました。
PA271284









半年の間に、つぼみがそっと開いて成長しました。
第2回の時に撮影した親子写真と比べても成長がよくわかります
11月からは、来年度入園する方たちでまた新たにつぼみちゃんがはじまります

初回は11月16日(水)と17日(木)です
お楽しみに
 

2016年10月23日

【河和田幼稚園】主役の2人

充実の秋です。
毎日がずっしりと充実して・・・というと、
いわゆる“問題”がないのか、と思われるでしょうが
そんなことはなくて、
子ども達は成長するからこそ 、いろいろな姿をみせてくれます。
それに向き合いながら、
大人は子どものいろいろな姿から、
自分自身を見つめる機会にしては と、思うのですね。
なぜって、子どもは経験が少ない分、垢にまみれていないからです。
大人は垢まみれになって、見えないことも結構あるのではと思うからです。

PA211221さて、これはなんでしょう?
お目々パッチリのぬいぐるみ?
正解はアケビコノハ。 
アケビにつくイモムシです。
発見者は、年長のH ちゃん。
H ちゃん、あまりにびっくりして
ゆかり先生に抱きついてきたそうです。
無理からぬことです。

実際のアケビコノハは、
こげ茶で しかも何か煌めきをまぶしたようなビロードの質感の体表 。
そして、独特な側面の眼状紋と静止姿勢!
先生が飼育ケースに入れると
子ども達が5人10人と飼育ケースを取り囲んで 
園庭の一部が騒然となりました。
いやはや、自然の産物には想像もしないカタチがあるものです。
しかも、このイモムシは「蛾」となって
名前の後半が示すように、木の葉状に変ります。
そして枯葉の中でまるで枯葉の一枚のように なって、越冬するようなのです。

ですから、その様子が観察できるように
飼育ケースはHちゃんのクラスに置くことにしました。
アケビコノハの今後の成長が楽しみです。

もう一つ、秋の話題。
PA181198PA181201 








これは、おわかりですよね。そう、キノコと里芋。
今月のシマダさんのおみそ汁の主役の2人?です。
PA181200
こんな風に大きな銅鍋で
おみそ汁を作っています。

それにしても、写真のキノコ
ずいぶん大きさがちがいますね。 
たまに、作っているところを
子ども達に見せることがあります。

この日は9月のみそ汁を食べた後
「いろいろ入ってるおみそ汁、きらい」という年少のYちゃんを
台所に連れてきて、このようすを見てもらいました。
シマダさんに、いろいろな野菜を見せてもらうと思わずニヤリとして
「ほんとうは、ちょっとなら食べられるし」と言うのでした。

子どもは、いろんなところで「私を見て」といっています。
だから「だいじょうぶ、ちゃんと見てるよ」と
いろいろな対応で示すと、
「見てくれて、ありがとう」というかのように
安心して次に進んでいきます。
小さいことを大事にできる毎日をすごしたいですね。

いろんなお野菜がお鍋に入りました。
この後、お味噌をいれて、ひと煮したらできあがり。
お椀にたっぷりよそって、どうぞ、めしあがれ。
PA181206

 

kawawadayochien at 10:01|この記事へのリンク 園だより 

2016年10月08日

【河和田幼稚園】子どもと自由と秋

運動会の翌日は代休、次の日は自由の日でした。
運動会までの日々、そして運動会の日も
子ども達は夢中で過ごしましたから
「運動会、楽しかったぁ」という声があり
おうちの方からも「感動して涙が出ました」 
というお声をいただいたほど 。
だから、自由の日の開放感は、ひとしおです。
開放感のひたり方も充実している!
じゆうは、いいなぁ5歳児のひとり言が聞こえてきました。
5歳にして自由を知る。

そして、今週は年長さんはおとまり会にモードチェンジ。
年中・年少さんは、秋を満喫しています。
PA071206
年中さんは路線バスにのって
お出かけです。
幼稚園の前にバス停留所があるので
とっても便利。
さぁ、どこにお出かけでしょうか?
バスの中では高鳴る気持ちを抑えつつ
お行儀よくしています。

PA071207
さぁ、ここはどこでしょう?
水戸市民ならご存知の
偕楽園の表門です。
クルマ社会の現代は、
御成門や東門から入ることが多いかと思いますが
表門はなかなか情緒があります。


こちらから入ると、次にこんな風景が目の前に広がります。
PA071210
よく手入れされた孟宗竹林です。
竹林では、風がふくと
竹がゆらゆらとゆれ
さらさらと葉擦れの音がきこえ
竹林ならではの楽しみがあります。
秋の日差しが木々の間から
やさしくふり注いできます。

PA071221
「つめたーい」
吐玉泉から、あふれる水にふれて
いい気持ち。

すぐ近くには太郎杉という杉の大木があり、
吐玉泉の水の冷たさも加わって
ひんやり感が味わえます。

PA071226PA071237さらに歩いて
吐玉泉下広場に向かいます。

すぐ前を常磐線が通り
近くには鯉が泳ぐ池があったり
「クワッ、クワッ」と鳴くカモがいたり
ドングリの木があって
なんて、楽しい場所でしょう!


PA071262ドングリが地面にころがっていると
子どもは、どうしても拾うんですね。
この前、ドングリ山にいって
ドングリをひろったばかりなのに
やっぱりまた、ドングリをひろいました。

うれしくなって
ドングリのようにころがったりもしました。

PA071289そして、おなかがすいたので
お弁当を食べました。

ときどき、柵のむこうを電車が通り過ぎます。
お弁当を食べ終えたS君は、
「競争だ!」と電車とかけっこします。
落ち葉をかき集めて
「そーれっ」と落ち葉シャワーを楽しんだり

子ども達は、秋を発見し、秋と向き合って、秋を楽しみます。
それでも力が余っていて、帰り道は元気に歩いて
あっという間にバス停に着いてしまいました。

実りの秋、子ども達もぐ〜んと力をつけています。

 


kawawadayochien at 14:11|この記事へのリンク 園だより 

2016年10月06日

【つぼみちゃん】みんなでリトミック♪

まだまだ暑い日が続いていますね。
今週は秋を取入れたリトミックを楽しみました。
水曜日はあきこ先生と
木曜日は生田先生と楽しみました

生田先生と元気な挨拶をかわしてウォーミングアップしたら
さぁ、タンブリンを車のハンドルにして、おイモ掘りに出発!!
PA061160







途中、ネコなどが飛び出してきて
プップー クラクションをならしながら進んでいきます

車をおりて探検しながら歩くと
大きなどんぐりを発見

どんぐりコロコロ〜♪ 歌と木琴の音に合わせて
親子でどんぐりをコロコロところがして楽しみました
PA061161







イモ畑についたら、みんなでせっせと おイモ掘り
掘ったおイモは天ぷらにして、おいしくいただきました
ほかのおイモは落ち葉や新聞紙で作ったたきびの中へ
PA061170








ホカホカおいしい焼いもの出来上がり
みんなで分けて食べました

秋にはステキな鳴き声の虫もたくさんいるので
鈴を鳴らして表現しました

約30分歌って、踊って、楽器を鳴らして楽しい時間が過ぎました

来週は、自由に遊びます
木曜日は年長さんがおとまり会で、幼稚園はお休みです。
だから、つぼみちゃん貸切りの幼稚園になります
お楽しみに 〜

2016年10月02日

【河和田幼稚園】たくさんの思いが集まって

きょうは、運動会でした。
きのうが天気予報通り雨で、きょうも天気予報通り晴れでした。
それも「暑い、暑い」などと汗をかきながらの1日でした。
PA021102
万国旗のもと
体操のお姉さんが登場し
パヤパヤ パヤパヤと
<スキャット体操>で幕があきました。 

子ども達が見あげる空には
雲の間からお日さまが顔をのぞかせ始めました。

PA021104
一番小さい ほし組さんは
「ようい、ドン」でスタートすると
途中に風車があって(先生たちの手づくり)
高く掲げて走ると
クルクルと風を受けて
回ります。


PA021106年中さんは
はしごくぐり→ でんぐり返し→ 
そして、このジャンプで
マーブルチョコとり。
かけっこの速さだけではなくて
いろいろな力や判断力が
必要です。


PA021108
河和田幼稚園名物の
年長さんの棒のぼり。
というか、柱のぼりです。
どの子も何とかのぼれるようになって競います。
カメラマンも一人ひとりの様子を
撮影してくれますが、
あっという間に終わる子もいて大変です。

PA021110
つき組たいよう組の
玉入れも見ものでした。
「今年は勝つような気がする」と
願いも込めてつぶやいていた
つき組のまい先生の願いもむなしく
1回戦2回戦どちらもたいよう組が勝利。
2回戦はつき組もだいぶ迫ったのですが・・・。

PA021116親子競技ではほし組さんが
「特製えびかにスープ」ということで
えびチームとカニチームに分かれて
おうちの人に抱っこされながら
みんなでお鍋に見立てたプールに入り
早さを競います。
僅差でカニチームが勝ちましたが
最後は大好きな「エビカニクス」をみんなで踊りました。

年中さんは「ハットトリッコ」。ハットを取りっこする=つまり帽子取り。
たいよう組が強かった。
PA021119
最後は、年長のリレー。
会場中が注目し
みんながひとつになる瞬間です。
今までの練習でころんだ子などいなかったのに
年長さんも本番は必死なのでしょう。
アンカーの二人が続いて転ぶほどの
接戦となりなりました。

とんとんとーん、と弾むように競技が進み
11:20ごろからお弁当の時間となりました。
お母さんが朝早くから作ったお弁当を囲んで
家族がそれぞれの場所でおいしく食べました。
みんなで夢中になってプレイし
みんながひとつになって応援し
家族そろって食事する。
何と、平和でシアワセなことでしょう。
こうして、今年の運動会は
1日順延しましたが、無事に楽しく終わりました。
みなさん、みなさんありがとう。

運動会を前にして、こんなこともありました。
P9271085P9271080料理委員のお母さん方が
運動会リハーサルの日に
元気がでるように
<元気スープ>を作ってくれました。
おにぎりは各自持参です。
そしてデザートは<オレンジゼリー>
「おいしすぎる!」とつぶやく子もいたほどです。
秘伝の調理法で作ってますからね。

子どもは、本物がわかるんですね。

P9271088<金のクジラ>からパワーをもらおう!
<金のクジラ>を見て、
新たに勝利の決意を固めよう!

たいよう組も つき組も
リハーサルを終えると
それぞれに願いを込めて
<金のクジラ>もうでに来たのでした。

子ども達が何かを信じて集中すること。
夢中になること。
そういうことが、子どもの中の今までになかった力を引出し
その思いが集まって
みんなの力になり、個人の力も育っていく。
運動会までの毎日は、そんな日々でした。

また、来週からが楽しみですね。





 

kawawadayochien at 14:20|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事