2015年10月

2015年10月31日

【河和田幼稚園】サツマイモ、どっさり!

今週は何とか天気に恵まれて
火曜日にはサツマイモ掘りをしました。
鯉淵学園の<ひろびろ農園>で収穫しました。
ひろびろ農園なので、
イモ苗の間隔もひろびろととったので
たくさん収穫できました。

ふとっちょのおイモ
おてごろなおイモ
長ほそい おイモ
まるっこいおイモ
おイモもいろいろな大きさ・形があります。
子どもたちはそれぞれに魅力を感じて
夢中でほりました。

今年は豊作で全部で500圓らい掘れたようです。
それで、掘り方を教えてくれた鯉淵学園の方が
サツマイモの食べ頃も教えてくれました。
サツマイモのシッポのような根っこをつまんで
くにゅくにゅするような感じになると、いいのだそうです。
つまり、サツマイモの糖化が進むわけですが
それでは、糖化には平均的に何日くらいか、というと
10日くらいとのこと。
「じゃあ、糖化には10日かかると覚えておけばいいですかね」
ということになり、
降園時にお家の方にもその旨をお伝えすると
座布団1枚!というような感じで拍手が起こりました

サツマイモは、収穫直後ではなく
少し日にちをおいて、甘みが増してから
お召し上がりください、とのことでした。 

kawawadayochien at 19:22|この記事へのリンク 園だより 

2015年10月22日

【つぼみちゃん】秋の楽しみ part2


DSCF7331←これはロフトです。
つぼみちゃんの隣のつき組に
あります。
2階にはドレッサーが置いてあって
女の子が時々お化粧?をしたり
おふとんがあって
眠ることもできます。
何より高い所から見下ろせます

DSCF7332
1階ではままごとができます
おなべ・やかん・包丁
お椀・コップ・お箸・・・
つぼみちゃんはすぐに
手を伸ばし、お料理開始
子どもは本当にままごとが大好き。
きっと大好きなおかあさんのこと
よく見ているのでしょう。
せっせとお料理します。


DSCF7327小さいお手玉が、
ままごとの食材になります。
緑のお手玉は
ピーマンになったり
キャベツになったり
つぼみちゃんの気持ち次第で
色んなものになります


お箸でご飯を上手に掴んでいますね
ご飯は<チェーンリング>と<花はじき>でできています。
お椀に入れると本物のご飯みたい

DSCF7336
おやつの後、みんな何かに夢中。
みんなの視線の先には
何があるのかしら?

お!つるを発見
ひっぱると・・・


DSCF7379
出てきました
サツマイモ。
ここは、サツマイモ畑だったんですね。
太いのや細いのや
いろいろなサツマイモが
出てきました。


DSCF7317畑の後ろには
赤や黄色の落ち葉がいっぱい。
きれいな落ち葉をみんなで集めましょう。
あ!おしりの後ろに
もう1枚あるよ



お次は
DSCF7390集めた落ち葉でたき火です。
「熱いからね、気をつけて。」
先生に言われたので、
お母さんにしっかりだっこ

たき火の中には、
さっきのサツマイモが隠れています
「いいにおいがしてきたよ」
とつぼみちゃん

DSCF7396半分にわると
「うわぁ〜おいしそう」
黄色い焼き芋です
お母さんが「あっちっち〜」
と言うから、
お友達が「ふーふー」しているから、

もしかして・・・
本物なのかな・・・
思わず匂いをかいでしまうつぼみちゃん
本当に甘い焼き芋を食べている気分になれるのですね
秋の楽しみがいっぱいのひとときでした。

次回はいよいよ最終回です。
かぜなどひかず、元気に来てくださいね
 

2015年10月11日

【河和田幼稚園】釘づけ&余韻

先週から急に空気が冷たくなりました。
“秋になった” のですね。
季節ごとの楽しみはいろいろありますが、
秋の楽しみは盛りだくさんです。

DSCF7203 季節ごとにいろいろな顔をみせ
夏には3度も剪定をするほど生命力漲る(みなぎる) 
幼稚園の生垣<テイカカズラ>。
秋になって、こんなかわいいプレゼントが 
通常は右のように紅葉します(写真より赤みが強く可愛らしい)。
が、何かの加減で 左のような
シンメトリーのハートになっていました。
四葉のクローバーのように、幸せを呼んでくれそうです。

ところで10月9日、このところハードワークだった先生たちに
ケーキをご馳走しようと、近所のケーキ屋さんに歩いて行きました 。
ちょっと日差しが強かったので日傘をさしていきました。 
すると、じぃ〜じぃ〜じぃ〜・・・
そうです、セミの鳴き声が聞こえてきたのです。
日頃から“人それぞれ、さまざま”と思っていますが
「セミもさまざまだなぁ、ひと夏お疲れ様」などと思いました。

その10月9日は10月生まれの子の誕生会をしました。
誕生会は、おやつとちょっとしたお楽しみを用意してますが、
今月の誕生会のお楽しみは
先生たちみんなによる いろいろな出し物を披露しました。
ご紹介しましょう!
DSCF7286DSCF7290DSCF7295
 







,△辰箸いΥ屬忘遒譴觧翕  空き瓶+色水のガラス瓶琴 あんた方どこさ♪で、まりつき
DSCF7297DSCF7304DSCF7306








びゅんびゅん連続二重なわとび  ズ埜紊錬韮錚遑遑瓠。蹌紕襭紂。ou sweetでストリートダンス!

写真はないけれど、影絵遊びもありました。 
ちなみに、最後のダンスで先生たちはサングラスをかけてます。
もしかして、怖がって泣く子がいるかと予想しましたが
結果は全く逆で、みんなゲラゲラ笑って
後半、先生たちがフロアにスキップで降りてくると
ワァーワァーキャアキャアと、アイドルのコンサートのようでした。

子どもたちは次々くりだされるパフォーマンスに
約30分間、釘づけでした。
その後、廊下に置かれたガラス瓶琴を演奏する子がいるなど
余韻を楽しむ姿もありました。
 

kawawadayochien at 11:07|この記事へのリンク 園だより 

2015年10月09日

【つぼみちゃん】秋の楽しみ part1

今回のつぼみちゃんはリトミックです
ピアノの音に誘われて、一番広いゆうぎ室に行くと、
リトミックの生田先生がまっていました。
DSCF7255
はじめは、タンバリンが車のハンドルになりました。
歌に合わせてドライブに出発!
おっとっと!
右に左に急カーブ・・・
しっかりお母さんに
つかまってね


DSCF7259つぼみちゃんが持っているのは
ただの正方形の薄布です。
けれども先生が
「さあ、落ち葉になって
ヒラヒラ舞ってみましょう」と言うと
つぼみちゃんはさっそく落ち葉になりきって
ヒラヒラ舞うので、薄布もヒラヒラして
とてもきれい

DSCF7260赤い葉っぱが舞ってきた
黄色い葉っぱ も舞ってきた

先生の言葉と歌とピアノは魔法です。
つぼみちゃんは歌に合わせて
落ち葉なって
落ち葉のひらひらダンスです


DSCF7274
お次はテンポが速いポテトチップ体操。
頑張って生田先生についていきますが、
なかなかできません
でもそれも楽しい。
「はやいよ〜」
「むずかしいね〜」と言いながら
お母さん達も笑顔です

コオロギみたいに鈴をチロチロリンと鳴らしてみました。
DSCF7275小さくならしたり、
大きくならしたり・・・。

生田先生をよーく見て真似をします。
みんなとリズムを合わせるから
キレイな音が響きます。
鈴の音の美しさ、音がそろう心地よさを
つぼみちゃんも感じたことでしょう


DSCF7283おへやに戻ってからは
絵本を読んでもらいました。
お母さんから離れて
前で見ている子もいます
何度も絵本を見ているうちに、
座って見られるようになってきました
経験が力になってきています。


次回は、焼き芋ごっこをしましょう。
おたのしみに
 


2015年10月03日

【河和田幼稚園】宝石

「これは何ですか?」とよく聞かれる遊具が
幼稚園の廊下にあります。
それで、ことの次第を長々と話し
この遊具で、どうやって遊ぶのかを話します。
DSCF7073 
こんな風に
子どもは適当に遊びますが
この写真はカメラを向けたから
子ども達がカメラの方を向いたのですが
よく見られる風景は
内向きに顔を見合わせるようにすわって
おしゃべりなどする風景です。

おしゃべりは遊びか?
という声も聞こえてきそうですが
立派な遊びでしょう。
言葉もないほど集中する遊びもありますが
やり取りをたくさん楽しむ遊びもありますね。

それで、この遊具は〈コミュニケーション ツール〉だと、お話しするのです。
この遊具の作者 神賀忠吾氏は何を意図して作られたか不明ですが
子どもの井戸端会議にぴったりだと思っています。

ところで、今週、子どもからステキな言葉が出てきたので紹介します。
その1
地球クラブで、なおこ先生と子ども達がルアーづくりをしたそうです。
絶対に釣り糸が巻き上がるようにしたい!と
ああでもない、こうでもないと悪戦苦闘・・・。
夢中で作って気がつくと、もう帰る時間となりました。
楽しすぎて、時間がすぎたんだね
シンプルな言葉の中に、
充実した時間を物語る子どもの気持ちがにじみ出ています。

その2
お家の人が幼稚園のお昼時に来てお昼ごはんをいっしょ食べる
<いっしょにお弁当>という行事があります。
きのう、おなかに赤ちゃんがいるお母さんが
出産前にと、一足先にいっしょにお弁当を食べました。
帰りの会でそのお母さんが
「楽しかったです」というと
年中のAちゃん
おなかの赤ちゃんも楽しかったって、言ってるんじゃない
ニコニコしながら言うのでした。

こういう言葉って、宝石みたい。
だって、キラキラしているのですもの。
言葉を発する子どももキラキラしていますしね。

 

kawawadayochien at 11:35|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事