2015年07月

2015年07月31日

【河和田幼稚園】やせましたね!

きょうで7月も終わり。
本当に暑い日が続いています。
天気予報では、しばらくこの暑さが続くようです。
さて、きのうまで3日間<自由登園>がありました。
夏休みに入って先週の土曜日には夏祭りがありましたが
子ども達はすっかり夏休みモードで
登園してきてもお母さんと離れがたい子も少しいます。
その一人、年少のRちゃんは集団から離れて
しばらく事務室で過ごすことにしました。

事務室にあるオモチャやパズルで遊びますが
ちょっと難しいと「わかんない、どうするの?」と聞いてきます。
「いろいろやってみたら」と言うのですが
要するに「いっしょに遊んで!」といいたいわけで、いっしょに遊びました。
少したつとお客さんが来ました。
玄関で「どうぞ、おあがりください」と出迎えていると、
Rちゃんも出てきて「こんにちは」とお出迎え。
「それでは」と靴をぬぎ、上がろうとするお客さんにRちゃんがかけた言葉は・・・
やせましたね

Rちゃんは、このお客さんにあったのは初めてで、以前を知る由もないのですが・・・。
Rちゃん、どこでそんなご挨拶覚えたのかしら?
この言葉を言われた人が嬉しそうにするのを見ていたのかしら?
お客さんもご挨拶の主がかわいらしい女の子だったので
にこにこしながら「そうですか」と対応してくださいました。

DSCF42372日目の自由登園ではおやつがトマトときゅうりで、
お店屋にして配りましたが、主に年長さんが店番でした。
「お店屋さん始まるよ」と知らせてくれる子がいたので
出かけてトマトを食べていると
年少のMちゃんが声をかけてきました。
おいしい?
まるで大人が子どもに聞いてくるような口調でした。
ふだんの会話から子どもはいろんなことを学んでいるのですね。

3日間とも、とても暑い日でしたからたっぷり水遊びを楽しみました。
その中で、子ども達のお気に入りは“茶色の水”でした。
それは、プールテラスと地面の間にできる溝を流れる水です。
つまり“流れる水”ということですね。
水の動きや水の行方(ゆくえ)を知りたいということなのでしょう。

子ども達はいろんなことに興味を示し、じっくり遊ぼうとします。
長い夏休み、じっくり遊ぶ絶好の機会です。
どうぞ、いっぱい遊んで、遊んで楽しく過ごしてください。
 

kawawadayochien at 18:42|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月26日

【河和田幼稚園】今も昔も祭りは楽し

「あつい」
口を開けば、ついつい言ってしまう。
きのうも そうだった。
だけど 夏なのだから しかたがない。
きのうは幼稚園の夏祭りだったので
暑いのはしかたがないとして
雨が降りませんように、と祈るのみでした。
だって、おとといのような豪雨にやられたら
さまざまな準備が水の泡ですからね。

きのうも暑かったけれど、雨が降らずに
無事に夏祭りができて、よかった。
夏祭りは、お父さんお母さん、そして先生たちが
さまざまなお楽しみを揃えて子ども達の来場を待っています。
きのうはこんな感じでした。
DSCF4534 DSCF4535DSCF4538

 






ヨーヨー釣り             輪投げ               ペインティング
DSCF4540DSCF4543DSCF4547 








鬼たいじ               腕ずもう               年長さんのお神輿

DSCF4551これは河和田幼稚園の名物のひとつ
盆踊り「め組のひと」です。 
ラッツ&スターのヒット曲ですが、ご存知でしょうか?

写真は「めっ!」という歌詞にあわせて
両手で目の横で好汽ぅ鵑離檗璽困鬚靴討い襪箸海蹇
このポーズをしながら「めっ!」と
かけ声をかけるところもミソです。 

祭りが終わった後で、25年前に卒園してお母さんになって、
今年お子さんを入園させてくださった方が
「私が幼稚園生の頃とおんなじで、楽しかった」 
と、とてもうれしそうに話してくれました。
そうかもう25年以上続いているんだ
月日の流れることの早いこと
「め組のひと」という曲の変わらぬ魅力
これを盆踊りにした河和田幼稚園のセンス!
(おっと、つい自画自賛) 
そんなこんなを感じました。

それから、紹介したいろいろなコーナーは1回10円で楽しめて
景品なども貰えるのですが、
夏祭りは、子ども達の<おこづかい>デビューでもあります。 
おこづかい額は150円と決まっています。
つまり、やりくりしなければならない、ということでもあります。
大切なお小遣いを小さい手でお財布から出す姿は
とてもかわいらしい。
だから、お金を受け取る側は、
大切なお小遣いを使うにふさわしい“お楽しみ”を
しっかり提供しなくては!という 責任も感じます。

DSCF4560最後に打ち上げ花火や
ナイヤガラなど
花火をみんなで眺めて
おわりました。

祭も後半になると
昼間のうだるような暑さは 影をひそめ
心なしか涼しげな風も吹いて

祭を楽しんだ満足感とともに、それぞれが家族ごとに家路につきました。

暑さは、しばらく続くことでしょう。
熱中症や夏風邪には気をつけて
どうぞ、元気におすごしくださいね。

 

kawawadayochien at 18:46|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月24日

【河和田幼稚園】みんなホメられた

1学期のうちのできごと、もう一つお伝えしましょう。
幼稚園の父母の会の活動はいろいろありますが、
7月10日に広報委員が編集する
広報誌<むぎの穂>78号が発行されました。
発行後に寄せられたアンケートの回収率もよく
読み応えのある広報誌でした。
園外の読者からも
“保護者が58人も寄稿してできているのは
<むぎの穂>の何よりの強み”との言葉をいただきました。
また<むぎの穂>を一気に読んでくださったのでしょう、
“書いた文章が読まれないのは書いた者の責任、
話が聞かれないのは話す者の責任。
その点からも<むぎの穂>はすばらしい!”との言葉もいただきました。
幼稚園のお父さん・お母さん皆がほめられているのですから
うれしいですね。

さて広報委員さん、発行してホッとしたところで
ステキな親睦会をしました。
DSCF4508うどん屋に行った?

そうではなくて、幼稚園の台所で
手打ちうどんを作ったんです。
しし唐・ズッキーニなどの夏野菜の炒め物
ねぎ・シソなどの新鮮な薬味もそえて
みんなでつるつる・しこしこの
手打ちうどんを味わったとのことでした。

そんなわけで1学期、子ども達もお母さん方も
いろいろな出会い・つながり・気持ちを感じて
夏休みに入っている、ということです。

夏休みも、地球クラブ・夏の自由登園のようすや
そう!明日は夏祭りもありますので、
ぼちぼち書いていきますね。

 

kawawadayochien at 18:39|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月22日

【河和田幼稚園】働く・遊ぶ・食べる

幼稚園は夏休みですが、
さっきまで地球クラブには小学生が5人
幼稚園生も15人くらい来ていました。

さて、1学期最後の1週間、忙しくも楽しく過ぎていきました。
月曜日には、ほし組さんが大掃除。
火曜日には、たいよう組もつき組も大掃除をしました。
DSCF4478
事務室の前にある
<雲>という名の木製遊具を
5人がかりで拭き掃除をしています。
「雑巾をこんな風に使うと
せまい所もきれいになるのよ」
と事務の小野さんが
雑巾の角を使う掃除方法を伝えると
早速やってみる子ども達。
一番下の段は、
ふだんでももぐる子はほとんどいないし
大人でも掃除しづらいので、
こうしてもぐって掃除する子がいるのは
本当に助かります。

DSCF4481部屋の床・ロッカー・靴箱・イスなども
みんなで分担して掃除します。
園庭に立てたテント内に
イスを運び出して
きれいに空拭(からぶき)します。
背板・座板・脚・・・と
丁寧に拭いていきます。


DSCF4485「見て見てこんなに真っ黒」
園庭にあるトム・ソーヤのお家を
掃除した子は
ずいぶんホコリが入っていたので
「真っ黒くろ助 出ておいで〜♪」
と夢中で拭き掃除をして
汚れた雑巾をタライで
ゴシゴシ、じゃぶじゃぶ水洗い。

きれいになるって、気持ちがいいね。
子ども達は汗びっしょりになりながら、大掃除をしました。
DSCF4491
掃除の後は
プールに入って
「あ〜、気持ちいい〜」
今年は梅雨明けが遅かったので
プールに入る回数は
ほんの少しでしたが
夏はやっぱり、水あそびです。

DSCF4500子ども達が掃除をしたり
プールで遊んでいる間に
台所では
月に一度の<みそ汁の日>の
みそ汁作りが進んでいました。
<みそ汁の日>のみそ汁は
嶋田さんが作ります。
きょうの具は何でしょう。

たくさん働いて
たくさん遊んで
いっぱい汗をかいた日には
ことさらおいしいみそ汁でした。

ごちそうさまでした。


 

kawawadayochien at 17:31|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月19日

【河和田幼稚園】フラのこころ

夏休みに突入しました 
何や かにやと慌ただしく過ごして7月第2週の頃、
「うわっ」とびっくりしたのです。
「あと1週間で夏休みになってしまう 」
夏休みが目前に迫っていたのです。
なんでこんなに早く夏休みが来たのかしら?

ところで、これは何でしょう?
DSCF4460一目ではわかりづらいかもしれません。
フラダンスの衣装を“パウ”というのだそうですが、
そのパウです。
(ちなみにフラはダンスという意味なので
 あの踊りはフラ=FULAと呼べばいいのだそうです)
7月8日にお母さん達の活動
クレッシェンドセミナー(前身は家庭教育学級)で
このフラにチャレンジしました。

DSCF4456パウは講師の杉野先生がご持参くださり
セミナー生は自分の好みのパウを選んで
こんな風に身につけて
――着る時は頭からかぶって、脱ぐときも頭から脱ぐのです
フラを楽しみました。
杉野先生の笑顔がステキ!
動きに意味があることを教えてくださってよかった!
心が浄化されるような時間だった!

と、心が豊かになるような時間を過すことができたようです。
慌ただしい日常の中で、ひとときでもこんな時間があることはステキなことです。
クレッシェンドセミナーは“自分を向上させましょう”ということがねらいですが
向上させるというと、右肩上がりに上へ上へと思いがちです。
けれどそんなに慌てずに
むしろ滞留するようにしながらも、
ゆっくり渦巻くように向上する豊かさが良いように思います。
フラのゆったりとした動きを心にとめたなら
子どもに向き合うときにも、きっとプラスになることでしょう。



 

kawawadayochien at 16:19|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月12日

【河和田幼稚園】鍋の取り合い

これは幼稚園のエントランスを彩る
テイカカズラです。
このテイカカズラが、今2度目の花を咲かせています。
DSCF4206テイカカズラは花が終わっても
蔓(つる)をグイグイとのばして
その生命力の強さを感じさせてくれます。
今年は2度目の花が咲き、スゴイなと思っていたら
剪定をしている嶋田さんが言うには
「剪定をしたところから、花が咲いてる」とのこと。
矯められた力が花となったのでしょうか。
花も蔓も力強く、

そのテイカカズラが幼稚園を守ってくれているようにも思え、頼もしいです。 

さて、ある日の地球クラブでの出来事です。
年少さんのタロウ君と ジロウ君がままごとをしていて
鍋の取り合いになりました。二人の力が同じくらいなので
決着がつかずにずっと綱引き状態が続きました。
すると、年長のサブロウ君が仲裁に入ってきました。
サブロウ君はもめごとには介入しないことが多いので
先生は見守ることにしました。
サブロウ君は「ジロウ君が先に使ってたんだから・・・」
などと諭していましたが、2人には全く聞き入れられません。
サブロウ君が“コレで手を打っては?”というように
別の鍋を差し出しましたが、まったく効果なし・・・。
すると年長のシロウ君が現れ、
タロウ君の鍋をグイッと取り上げたので
タロウ君はわぁ〜ん泣き出し、
ここで鍋の取り合いは終わり、第1幕終了。

ここから第2幕。
タロウ君が涙をぬぐっているとサブロウ君が来て
タロウ君に言いました。
「(タロウ君の迎えは)5時でしょ。(ジロウ君の迎えは)3時半だから
 その後に使えるじゃん」

地球クラブでは、年令が違う子がごく普通に関わるようになるので
こんな出来事がごく普通におこります。
その中で、子ども同士さまざまなことを感じ、
行動し、知恵を働かせて乗り越えていきます。

日常には予想もしないことが次々におこり
その中で、子ども達も私たちも様々なことを感じ
知恵を出し合って、助け合って生きている。
きょうも明日も、あさっても 
 

kawawadayochien at 16:32|この記事へのリンク 園だより 

2015年07月03日

【つぼみちゃん】きいろ・あお・かたつむり

1学期最後のつぼみちゃんは絵の具で遊びました
おへやに入ってきて、先生と挨拶を交わすと、
「おえかきしたい・・・」という返事。
やる気満々のつぼみちゃんです
DSCF4412 さあ!
絵の具で遊びましょう
筆も画用紙も絵の具も
初めての子が多かったのですが
その目は、興味津々

真っ白な画用紙に
黄色がぐんぐん広がっていきます。

DSCF4423どんどん色をのせて
塗りつぶすように大胆に塗ったり、

まるまるまるまる・・・
ひたすらまるを描く子。

びゅーっと長い線を描いたり、
雨かしら?ぽつんぽつんと描いたり。

一人一人違います 一人一人ストーリーがあって、とてもステキ

DSCF4421青くんも遊びに来たよ

躊躇せず黄色に重ねる子もいれば、
黄色と混ざらないように
慎重に筆を進める子もいます。

1人1人違います

DSCF4414
あっ!手にくっ付いた・・・
それじゃあ・・・
手も塗っちゃおう
おててのスタンプです
絵の具って
ひんやりしていて
心地良いね

見て、見て!
DSCF4416先生にも付けちゃうよ〜
じゃ、先生と握手
先生の手も同じ青と黄色になりました

絵の具で遊んで
心が開放されたのでしょう
笑顔がはじけています。


DSCF4419
さてさて、お次は
つぼみちゃんの指にご注目。
つぼみちゃんの指に
かたつむりさんが・・・
でんでん、むしむし、かたつむり♪
白樺の木を渡っていきます


DSCF4420
あれれ
なめくじになっちゃった
途中殻が取れてしまっても
気にせず、なめくじで
歩くつぼみちゃんもいました




最後は、お母さんと一緒に短冊に願いごとを書いて
笹に結んで帰りました
幼稚園では7月8日に七夕焼きをします。
つぼみちゃんの短冊も一緒です
願いごとが叶いますように。



月ごと過去記事