2015年01月

2015年01月25日

【河和田幼稚園】みんな元気

2015年になって、もう25日がすぎました。
先日お伝えした<コマ検定>もすでに3回行われ
36名中3分の1くらいの子が合格となりました。
チャンスはあと3回の予定。
だいじょうぶかなぁ…と思いますが
週末は家に持ち帰って練習する子もいますから
何とかなるのでしょう。

ほし組の年少さんは、2月4日のマラソン大会に向けて
少しずつ走る時間を長くしています。
42.195劼鯀るフルマラソンなら分単位となるのですが
年少さんのマラソンは800mを目安にしています。
ですから「今日は140秒走るよ」などと秒単位で取組んでいます。
うれしいことに、走ることをイヤがる子が1人もおらず
早い遅いの差はあれど、どの子も歩かずに走りぬきます。
どうやら先生からもらったマラソンカードに
スタンプを押してもらうのがうれしいらしいのです。
かわいいですね。

年中さんは、1月31日の展覧会で展示する〈ミラクルボード〉の製作に
余念がありません。
それぞれの“宝物!”をお家から持ってきてはボードに貼り付けています。
A君は、トイレットペーパーの芯が宝物!
日ごとにトイレットペーパーの芯の数が増えていきます。
それにはA 君の思うところがあるらしく・・・。
展覧会では、そのわけもお伝えしますので、どうぞお楽しみに! 

DSCF3216おいしそうなニンジンでしょ。
動物当番の子どもたちが
うさぎのみかんちゃんは何が好きか
考えながら当番をやっています。
Sちゃんのおじいちゃんちでは、
ニンジンを作っているらしく
葉っぱ付きのニンジンを持ってきます。
みかんは、葉っぱが好きみたいです。

おかげで、みかんも元気にしています。
それから、幼稚園の池には冬でもメダカが泳いでいます。
池の水が井戸水なので、メダカもうれしいらしいのです。
そしてそして、事務室にいるカエル君。
飼育ケースにキャベツの葉っぱを入れたら
葉っぱのお家が気に入ったようで、そこでじぃっとしています。
1日1回くらいは、事務室中にひびき渡る声で
ぐわっぐわっぐわっと鳴いています。

子どもも動物も元気です。
どうか、このままインフルエンザが通りすぎてしまいますように。
ウガイ・手洗い頑張りましょう。
 

kawawadayochien at 12:08|この記事へのリンク 園だより 

2015年01月17日

【河和田幼稚園】

インフルエンザが流行って大変!との情報が飛び交っています。
幼稚園の周辺でも感染者がいないわけではありませんが、
今のところは、大丈夫そうです。
でも、油断大敵ですよね。
ウガイ・手洗いをしっかり、水分・睡眠を十分にとって 
インフルエンザを阻止したいものです。

今週水曜日は、餅つきでした。
お休みは2人でした。
今年は“お餅ができるプロセスを大切に”と
台所で、もち米を蒸かすところも 見るようにしました。
否が応でも、もち米が蒸けるおいしいにおいが
あたりにたちこめています。
「いいにおい!」「おいしそう!」
早くも子どもたちの目が輝き出します。
その後、お庭に出てしばらくすると
蒸けたもち米が運ばれてきました。
DSCF3624 
こんな風にして
今度は間近で蒸けたもち米を 
見ました。
もちろん、
あのおいしい匂いも 
いっしょにね。


さっそく、お餅つきです。
みんなで「よいしょ! よいしょ!」 と声をあわせ
お餅をついているシマダさんを応援します。

DSCF3631
2臼目は
こんな風にして
年長さんも餅つきしました。
シマダさんといっしょに杵を持ち
「よいしょ! よいしょ! よいしょ!」と
ひとり3回ずつ搗きました。 


DSCF3633搗いたお餅は
お母さんやおばあちゃん が手伝ってくださって
お醤油をからめて
海苔をまいて、磯部まきにしたり
きな粉をまぶして
あべかわ餅にしてくださいます。
子どもたちは好きな味でを注文して
お椀に入れてもらいます。

DSCF3629できたてのお餅はおいしいね。
けっこう、大きなお餅も
お箸で上手に食べられました。

ふだんおうちではお餅を食べない子も
食べられたりします。
つきたてのお餅をみんなで食べるのは
格別なんですね。

お天気にも恵まれて、おいしいお餅をみんなで食べて
いい一日でした。
 

kawawadayochien at 17:55|この記事へのリンク 園だより 

2015年01月11日

【河和田幼稚園】笑う門には・・・


3学期が始まりました。さっそく、楽しいことが起こっています。
DSCF3559DSCF3558








はじめの会で、いつものことですが正月遊びを紹介しました。
羽根つきと福笑いの紹介です。
写真は、みさと先生の福笑いを夢中になっている子どもたちの様子です。
福笑いは、皆さんご存知ですよね。
そう、ごくごく単純な遊びですが、こんなに夢中になるんですね。
そして笑えるのですね。
みんな一緒に初笑い&大笑いでした。

DSCF3561
ちなみに、
みさと先生作のおかめさんは
こんな感じです。

ちょっと鼻の下が長いですが
いい線いってますよね。
これで大笑いできるのですから
ぜひ、おうちでもやってみてください。

「笑う門には福来る」ですから
今年はいいことが
起こりますよ。 



1月9日からは、年長さんの<コマ検定>も始まりました。
年中さんのおわりの日に、進級祝いで渡したコマ。
年長さんみんなで取り組んだり、コマ回しが好きな子は
自主的に練習したり、遊んだりしてきまして
ずいぶん回せる子もいるし、まだまだの子もいます。
いずれにしても、2月初旬まで5回の予定で実施する検定試験に
合格しないと卒園できません!
子どもも先生も、おうちの人も夢中になって練習すると
どうにかこうにか回ってしまうから
「人間やればできる」ということを確信していく機会です。

DSCF3603_edited-1こんな風にして
園長の前で、
コマの勝負板上で
15秒回れば合格です。
1回の検定試験で
3回まで挑戦できます。
3回目も回らないと
次回また挑戦となります。

初回のこの日、挑戦したのは男子ばかりで
8人が合格しました。
1回でスパッと回って合格の子もいれば
緊張のため、初めはいつもの実力が出せずに
2回目で合格の子など様々でした。

明日は成人の日です。
市町村が二十歳になった男女を祝う日となっていますが
世界に目を向ければ、
厳しい儀式に耐えて成人と認める部族もあるとのこと。
年長さんの<コマ検定>も
うまくいかなくても練習に励み努力することや、
仲間とともに励まし合っていくことを大事にしながら
卒園という節目を晴れて迎える!
という位置づけですから、なかなか厳しいものではあります。
これから、1か月<コマ検定>を通して
どんなドラマが繰り広げられるでしょうか?

3学期も毎日がドラマになりそう。
みんな、いっぱい遊ぼうね!
みんな、いっぱい楽しもうね!





 

kawawadayochien at 13:45|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事