2014年09月

2014年09月30日

【つぼみちゃん】ビリビリ


DSCF2826 
何をしているところでしょう・・・

おひるねです
お母さんのおひざって
特別です。
気持ちいい
先生がおふとんを
そっと
かけてくれました。
おふとんは新聞紙です。

DSCF2849
 さあ、おもいきり
新聞紙で遊びましょう
まずはびりびり破きます。
指を上手に使います。
お父さん指と
お母さん指に集中します。


DSCF2815 コツをつかむと
面白くて、どんどんやりたくなります。
何枚も破いたので
あっという間に
新聞紙だらけ
床が見えなくなりました

もう大盛り上がりです
もぐったり
投げたり
ひたすら破いたり。

DSCF2856お風呂が登場しました
いつも恥ずかしくて
「せんせい」と言えないけど
「おはよう」と言えないけど
こうなると一緒に遊べます
先生に思い切りかけて、
そしてかけられて・・・
先生とうんと仲良くなりました。

DSCF2831シャワーだぞ〜
頭からかぶってしまい
前が見えない
シャワーをかけているのも
つぼみちゃんです。
“先生役がやりたいの
先生の真似がとっても上手。
先生のことをよく見ているのですね

たくさん遊んだあとは、みんなでかたづけ。

DSCF2861あんなにたくさんあった
新聞紙。
みんなでビニール袋に
つめてつめて・・・
なくなってしましました
最後のひとかけらまで
拾うつぼみちゃん。
指が上手に動いているから
拾えるのです。
すばらしい

DSCF2809ちょっと分かりにくいけれど
おててが真っ黒です
汗をかいて
夢中で遊んだ証拠。
お友達と見せ合います
いっしょだね・・・
“まっくろくろすけ”だね・・・
裸足で遊んだので
足の裏も真っ黒
DSCF2811
お母さんに
拭いてもらいました。
指の間も
よ〜く拭いてもらい
あ〜さっぱり
お母さんにふいてもらうと、うれしい。
ちょっとくすぐったいけどうれしい。
うれしくて、大切なスキンシップです。

実はお母さんもびりびりしたのです。DSCF2869
丸い紙を外側からぐるぐる破き、誰が長いか競争しました。
お母さん達も真剣 
写真をご覧ください。
とても紙には見えないでしょう!!
優勝者には賞品がでました。
お母さんも一緒に真剣に遊ぶことが大切です。
真剣なお母さんの姿がつぼみちゃんに伝わっていきますからね。

次回はリトミックです。
お母さんも一緒に楽しみましょう





 


2014年09月28日

【河和田幼稚園】全員運動会なのだ❤

きのうは、運動会でした。
朝方は、曇り空で少々肌寒いくらいでしたが、
予定通り実施することができたわけです。 
DSCF2880
お休みの子が3人いたのは残念でしたが
園庭に93人の子どもが集まって
はじまり、はじまり〜。
歌や体操をして「エイエイオー」と気合を入れて
競技がスタートしました。



年少さんの<かけっこ> 年中さんの<シュウマイ坊やのかけっこ>と順調に進みます。
年齢が低いほど、スタートでのフライングは否めませんが、
ここは公平性より個人差と理解して、元気に飛び出す子ども達を応援となります。
次は年長さんの<棒のぼり>。
上の写真で、手前に映っているテラスの柱をのぼる競技です。
クラス対抗リレーなので、練習段階ではクラスごとに作戦会議も開きました。
それで、どうしてものぼれない場合は、“お助け隊登場”となったようです。
クラスの中で、屈強な男子が駆けつけ、みんなが力を合わせる、ということです。

その後は、年少さんの<たまいれ>、
そして“金のクジラ”が懸かったつき組vsたいよう組の<たまいれ>
DSCF2864DSCF2865








運動会の前日にはたいよう組、前々日にはつき組が
「ぜったいに“金のクジラ”をとるぞ!」と金のクジラに会いに来ました。
金のクジラからパワーをもらったり
自分のクラスに金のクジラが来ますように、と手を合わせて祈ったりしたのでした。
つき組のSちゃんは「金のクジラ、つき組に行きたいっていってた」とのことでしたが・・・
DSCF2902
1回戦 28対19でたいよう組が勝ち、
2回戦はどうなったでしょう?
祈るような気持ちで、
というより子どもたちはほんとに祈ってますが
なんと23対23 と引き分け!

よって、たいよう組の勝利となったのでした。

その後、おじいちゃんおばあちゃんの<たまいれ>
小学生の<たまいれ>があり
各年齢ごとの親子競技が終わると、最後の競技年長の<リレー>です。
これまたクラス対抗で、走る順番を先生と子どもで話し合って決めました。
DSCF2927どの子も真剣、本気モードです。
どの子も自分の持てる力をすべて出して走ります。
観客席のおうちの人も、声を張り上げて応援します。
・・・・・先生たちの心配をよそに、バトンパスもスムースにいき
両クラス接戦という場面も何度かあり、
最後の勝負は、
やや引き離されたたいよう組のY君が全速力で追い上げましたが 
風のように走るつき組のNちゃんには追いつけず・・・・
つき組の勝利となりました。

その後は、家族でお昼ごはんです。
おじいちゃん・おばあちゃんはじめ、親戚の子がいっしょの家族もあり
皆さんたのしく、おいしく召し上がっているようでした。
93の家庭がお母さんの手づくりのお弁当を食べている、なんと平和な風景でしょう。
食後は、みんなでダンスを踊って、おみやげをもらって解散となりました。

9月初めからスタートした運動会の活動を振り返ってみると
子どもとおうちの方と先生み〜んなが力を合わせたな、と思います。
DSCF2843
9月25日には
料理委員のお母さん方が
子ども達の元気の元となるよう、
その名も<元気スープ>を
作ってくださいました。
たくさんお野菜がはいっていたよね。
全部で10種類も入れてくれたんですって!

DSCF2844
どのお野菜も
こんな風に
丁寧に細かく
切ってくれたのです。

そうそう、
ブーケガルニが
ちょっと入っている
食欲をそそる
スープだったのですよ。




それから、運動会にたくさんのお客さんが来てくださるので
駐車場委員さんが、朝早くから分担して駐車誘導をしてくれたり
運動会委員さんが、前の日から準備を進めてくれて
競技中も用具の出し入れや、BGMをタイミングよく流してくれたり
グランドの砂ホコリ防止にジョウロで水まきしてくれたり
客席のみなさんは、惜しみなく応援してくれたり
本当に“みんなでつくりあげた運動会だったなぁ”とうれしさがこみ上げてきます。

たかが運動会、されど運動会・・・
幼稚園の運動会ではあるけれど、
こうしてシアワセな時間を過すことは
その子のシアワセな人生につながっていくと思うのですが
大袈裟ですか?




 

kawawadayochien at 13:32|この記事へのリンク 園だより 

2014年09月27日

【河和田幼稚園】あたたかい心に触れて

前回、愛子先生のことをお伝えしたので
その報告をちょっとします。
DSCF2839ちょうど1週間前にお通夜がありました。
懐かしい方々が、愛子先生に会いに来てくださいました。
この日は、愛子先生が立ち上げたコーラスクラブ<アンサンブル愛>が
「夢見たものは」という歌をアカペラで捧げてくださいました。

そして翌日の告別式には、茨城県私立幼稚園連合会の現会長 橋本幸雄先生が弔辞を述べてくださり、改めて愛子先生の仕事を振り返ることができました。
最期には皆で「子どもの世界」を歌って、愛子先生を見送ることができました。

会葬してくださった方、弔電をくださった方、遠くから想いを寄せてくださった方・・・
みなさま、ありがとうございました。

その後、祭壇に飾った花々の一部を幼稚園に持ち帰り、飾りました。
今、幼稚園中にカサブランカの香りが漂っています。
また、愛子先生の遺影も園舎の中央部の壁にかけてあり
その後、弔問の方が手を合わせてくださっています。
この2週間、皆さまのあたたかい心に触れ、
河和田幼稚園の生みの親、愛子先生に改めて向き合う時間をいただきました。
ありがとうございました。



 

kawawadayochien at 17:55|この記事へのリンク 園だより 

2014年09月19日

【河和田幼稚園】愛子先生のこと

河和田幼稚園の生みの親 小岩井愛子先生が
9月15日に亡くなりました。
90歳でした。
この4日間、卒園生のお母さんやOBの先生が
お電話をくださったり、
お線香をあげにきてくださったりしました。
愛子先生の枕元で、賑やかな会話があり
愛子先生も集まった人たちの元気な声を
喜んでいたように思います。

ブログをどなたが読んでくださっているかのか
よくわからないのですが、
もし、愛子先生を知っていたり、懐かしい気持ちがあるようでしたら
次の日程で、お見送りしますので、いらしてください。

DSCF2342_edited-1お通夜:9月20日(土)18:00〜
告別式:9月21日(日)13:00〜
場  所:水戸市斎場


 

kawawadayochien at 20:38|この記事へのリンク 園だより 

2014年09月13日

【河和田幼稚園】みて、みて!

ある日の登園時間のことです。
Nさんが珍しくマスクをかけているので
「マスクかけて、どうしたの?」とききますと
Nさん曰く「ノーメイクなんです」 
「なぁんだ。化粧しなくたってキレイなのに」
などと言う会話が続きました。
お母さん方は、若いからそれだけでキレイですし
子育てで忙しい日々は、化粧しなくてもいいと思うのですが
個人の価値観は様々ですから口出しはできません。
「みんなで、スッピンというのは、どうかしら。
河和田幼稚園は、スッピン幼稚園にしようかしら」などと言う話になって
笑って終わりとなりました。

DSCF2063さて、子ども達が遊戯室に寝そべっています。 
何をしているところでしょうか?

よく見てください。
どの子も同じ色のシャツを着てますよね。
この時期の年長さんの活動を知っている人なら
なぜ、そろいのシャツなのかおわかりでしょう。
そうです、年長さんは運動会に向けて
染め物でユニホームを作るのですが
先週から取りかかっていた染め物T シャツがやっと、出来上がったのです。
それで、きょうはお披露目の日なのですが、園長は常任委員の定例会で2階にいるので
「園長先生は2階にいるから、準備ができたらゆうぎ室から『えんちょうせんせ〜』と
おおきな声でよんでちょうだいね」 と年長さんに頼んでおいたのです。

2階で常任委員さんと話し合っていると
えんちょうせんせ〜」と年長さんの声が聞こえてきました。
早速、遊戯室をみおろせるギャラリーに出てみると
ごらんのように年長さんが寝そべっていた次第です。DSCF2065
Tシャツにゴムかけをして
絞り染めにするので、
1人ひとり違う模様ができています。
子ども達はそれがうれしくて、自慢したいのですね。

後で、担任のみさと先生に聞いたら
「子ども達が自分たちで寝そべり始めたので
ま、いいかと思ってそのままやらせました」とのこと。
上から見る場合、確かに寝そべってくれた方が見やすいです。
ポーズなども自分で考えたらしく、脚を組んだり、ひろげたり様々でした。

子どもは自由にさせると、いろいろ工夫するんです。
自由に表現するんですね。

年長さん、お気に入りのTシャツができて、よかったね。
運動会の日、このシャツを着て活躍するのを期待してますよ。

ギャラリーからいっしょにこの風景をながめた常任委員さんも
「かわいいね」
「こういうことがあるから、河和田幼稚園は楽しいよね」
とニコニコしていました。

 

kawawadayochien at 17:15|この記事へのリンク 園だより 

【つぼみちゃん】かけっこ かけっこ

つぼみちゃんの2学期が始まりました
ちょっぴり日焼けして、ちょっぴり背が伸びて、
みんなお兄ちゃん、お姉ちゃんになりましたね

DSCF2786[1]幼稚園で一番広いおへや
ゆうぎ室で遊びました。

写真は“たかいたかい”
してもらっているところ
天井が高いから
気持ちがいい
もう1回やって〜
と、つぼみちゃんは
大喜び

DSCF2788[1]
次は
ペンギンに変身です
お母さんの足の甲に乗って
よちよち
歩きます
これは難しい


DSCF2789[1]お母さんに
抱っこしてもらって
ゆ〜らゆ〜ら
それだけで
嬉しい楽しい
おうちでお父さんにも
やってもらいましょう


カメさんにも変身しました。DSCF2794[1]
カメさん達はハイハイで競争もしたのですよ
<競争する>これは
簡単なことではありません。




まず「よーい」まで待つことが難しい。
次に「ドン」のタイミングを合わせることも難しい。
更にお友達にぶつからないように走ることも難しい。
一度にたくさん難しいことをしています。
つぼみちゃんすごいね
DSCF2792[1]
ところで、後方の手すりに干してある
緑色の物・・何だと思いますか?
実は年長さんの
染め物Tシャツです
只今、染料から取り出して乾しているところです。

河和田幼稚園の運動会では
年長さんはお揃いの染め物Tシャツを着るのです
今年はかっこいい緑色。
詳しくは、13日のブログを是非ご覧ください

2学期になるとつぼみちゃんも本領発揮という感じなってきます。
少しずつ幼稚園に慣れてきたので、
安心して自分を表現できるようになってきますね
2学期も色んな活動を予定しています。
お・た・の・し・み・に

















 


2014年09月08日

【河和田幼稚園】幼稚園説明会


9月13日(土)

幼稚園説明会は定員となり、
受付け終了とさせて頂きます。
お申込みありがとうございました 。
 
 ご質問などは、お電話でどうぞ。
        にっこり さあいこうよ
  251-3154


2014年09月07日

【河和田幼稚園】じつは・・・

錦織圭 決勝進出! 
頂点をめざしてください!

ここで、物語をひとつ。 

たろう君は、はなこ先生とザリガニつりに出かけました。
少し前に、たろう君の幼稚園の年長さんたちがザリガニつりに行ったのですが
その日は、あいにくザリガニが見つからず、ねばってねばって最後にやっと1匹・・・
ということだったので、年長さんはもう1回ザリガニつりに行くつもりなので
そのために、たろう君とはなこ先生でようすを見に行くことにしたのです。

場所は、表通りから下っていった田んぼのヘリを流れる小川です。
たろう君とはなこ先生が川をのぞいていると、ふたごの兄弟が自転車で通りかかりました。
ふたごのひとりが声をかけてきました。
「なにしてるの?」
「ザリガニをさがしているんだよ」とたろう君が答えると
ふたごのもうひとりが言いました。
「この前いたから、きっといると思うよ」
そして、ふたりそろって
「じゃ、がんばって見つけてね」と言って、自転車で走り去っていきました。
はなこ先生が“親切なふたご”と思っていると
たろう君が言いました。
「おにいちゃんのお友達なんだ」 

しばらくすると、おばさんが通りかかりました。
ザリガニ釣りをしていると言うと
「このあたりは、けっこういるよ。」 とのこと。
“よっしゃぁ!”たろう君とはなこ先生が、その言葉に励まされたのはいうまでもありません。
おばさんは「ぼく、先生といっしょでいいね」などと言いながら
すたすたとたちさっていきました。
たろう君とはなこ先生は、からだをかがめ、目を皿のようして、 川の中をのぞくと
ススッ、ススッとザリガニが動くのが見えました。
いるいる!
すると、そのそばで少し小さいザリガニがススッ、ススッと 動くのも見えました。
たろう君とはなこ先生は、「いたね!やったね!」と 顔を見合わせました。

なんとか、ザリガニを釣り上げようとしていると
さっきのふたごがまた通りかかったのです。
「つれた?」
「今、つってる最中!」
「ついてるね。ラッキー!」
「じゃ、がんばってね」と、ふたごはまた自転車をこいでいきました。

この物語は、実はほぼ実話です。
この夏休み中のある日の<預かり保育>でのできごとです。
はなこ先生は、なおこ先生のこと。
DSCF2749[1]
なおこ先生が夏の楽しみが味わえるように
とりたてのキュウリがおやつだったこともあります。
写真はそのおやつを子どもたちが
切っているところ。
大きい子が切っている手元を
小さい子がじっと見てます。


日常生活の中に、子どもが成長するチャンスはたくさんあります。
<子どもが成長する生活>ってどんな生活かしら?
いつもいつも考えていることですが、
2学期も、生活の中で子どもが成長する姿をこのブログでお伝えしたいと思います。
お楽しみに。

そうそう、夏休みのうちに仲間が増えました。
DSCF2747[1]
新園舎になってから、幼稚園の玄関で受付嬢よろしく
皆さまを出迎えているカエル君ですが、
もう、4年目をむかえた灰色カエル君は、しばらく独り身でしたが
夏祭りの夜に、緑色も鮮やかなカエル君に出会い
新たなメンバーとなりました。
その後、更に緑色の鮮やかなちびガエルに出会い
現在は、大中小3匹のカエルが皆さまをお出迎えします。

ちなみに、写真は2匹目のカエルが同居を始めた時のようすです。







 

kawawadayochien at 11:21|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事