2014年06月

2014年06月28日

【河和田幼稚園】ほっこり❤

先日「かわわだ幼稚園を見学したい」と
福島県勿来の幼稚園の園長先生ご夫妻が来園されました。
約2時間、園内をめぐりながら、いろいろお話ししました。

この日の<体操のじかん>は、水辺の向こうの鉄棒で
“豚の丸焼き”(両手両足を鉄棒に絡ませ、ぶら下がる)をしたり、
砂場では、久しぶりに砂場の底まで掘りつくして
富士山みたいな砂山を作っていたり
動物小屋では、当番の子がエサやりをしていたり
ブランコに乗っている子がいたり
8割くらいの子がお庭で何かをしておりました。
また、室内で過ごしている子もおり
しばらく、その様子をご覧になって
「体操の時間だけれど、体操してるって感じでなく楽しんでますね。
子どもが落ち着いています。服も自由ですが遊びやすそうな感じですよね」
などと感想を述べられました。
私も先生といっしょに、みどりの園庭で遊ぶ子どもたちを
ぼーっと眺めました。子ども達がイキイキしていて
まさに、それはひとつの風景として美しいものでした。

その後、2階の父母の会室もご案内しながら、
お母さん方の活動についてもいろいろ説明をしたのですが、
説明しながら私自身が“かわわだ幼稚園のお母さんは、よくやってる!”と思いました。
そして最後に「来てよかったです。気持ちがほっこりしました」とのことばをいただきました。
うれしかった・・・。

そして、きのう常任委員の定例会があり
子育てパワーアップセミナーの振り返りなどをしましたが、
「なんか、常任委員を応援してくれる人がいるの」と言う話がでました。
入園して2か月余りのほし組のお母さんでも
「常任委員さん、忙しそうだから手伝います」と手伝ってくれる人がいる!とのこと。
そして、副会長の田中さんが「これ、見てください」といって、見せてくれたのが
この写真です。
DSC_0163玄関脇に<今日の父母の会活動>を表示するボードです。
これは5月の常任委員定例会の表示です。
で、イラストがあって「がんばります」とのコメント付き!
・・・・・・その数時間後のことでしょう
そのコメントに、いつの間にかコメントが
何と書いてあったかと言うと「お疲れさまです」
田中さん、じ〜んときて思わず写真を撮ったというわけです。

愛とユーモア=ほっこり❤ かしら?と思ったできごとでした。


 

kawawadayochien at 15:25|この記事へのリンク 園だより 

2014年06月22日

【河和田幼稚園】お花の話題

6月17日には、子育てパワーアップセミナーがあり
茨城の食育をリードしておられる根本悦子先生をお招きしました。
DSCF2547
ほとんどのお母さん方が参加し
ほんとうによく集中して
根本先生の話を伺いました。
それは、取りも直さず
先生の話がとても大切な話で
先生の熱い思いがよくよく伝わってきたからでしょう。

子育てのパワーがぐ〜んとあがる、充実したセミナーでした。
(セミナーのようすは、後ほど別のページでお伝えしますね)

DSCF2563ところで、このニチニチソウかわいいでしょう。
ある方から、ニチニチソウのほかに
バーベナもたくさんいただいたのです。
プランターに植えて、
幼稚園の玄関につながる通路沿いにズラッと並べました。
プランターに植えられた花たちが
おしゃべりをはじめました。

この花たちは、ぐんぐんひろがる習性があるとのことで
花通りが賑やかになったら、またお伝えしましょう。

そうそう、築山に植えたネムノキにもきれいな花が咲きました。
花木辞典には「淡紅色の長い花糸が特徴的」と記されていますが
本当にきれいなピンクの花です。
歩道からも眺められると思いますので、ごらんください。
 

kawawadayochien at 12:23|この記事へのリンク 園だより 

2014年06月14日

【河和田幼稚園】きみは、ウナギ?

幼稚園の庭には水辺があります。
井戸から汲みあげた水が 流れていって、
それが循環するように作られています。
水があると、いろんな生き物が生息するので
いわば生き物の宝庫となります。
DSCF2376ここがその水辺=ビオトープです。
昨日、ここの手入れをしている川又さんが
ヌルを取り除いていると
何がいたと思いますか?
太〜いドジョウがいたのだそうです。
「きみは、ウナギ?」というくらい太いドジョウだったそうです。 
見たかったなぁ。

ヌルは取り除きましたが、ドジョウは水の中に戻したので、
運がよければ、また会えることでしょう。

それから、絶滅危惧種であるカワラナデシコが、花を咲かせました。
カワラナデシコは、静かに咲いています。
それから、この写真では地面を覆うきれいな緑色の草がみえますが、
ヤハズソウというのだそうです。
ヤハズは矢筈と書きます。
矢筈は弓の弦に当てる部分のことです。
だいたいどんな形か想像できますか?
ヤハズソウは、葉を引っ張ると矢筈型に千切れるので、
この名前がついたとのことです。

この庭ができたときは子ども達に「<赤ちゃんの庭>だから、やさしくしてね 」
とお願いしました。
まだまだ<赤ちゃんの庭>ですが、着実に成長していて
木々のみどりが本当にきれいです。
そして、ドジョウ・メダカ・アメンボ・・・・・いろんな生き物がいます。
子ども達は、その静かな生き物たちから、いろんなことを感じているにちがいありません。

少し視点のちがうことですが
川又さんが手入れをしていることも、子ども達にとっては、興味の対象です。
子どもの前で手を動かしているところを、大人はどれくらい見せているでしょうか?
手を動かすといってもスマホとかパソコンではなくて
もっとやっていることがわかる手の動きです。
かわわだ幼稚園の生活では
大人の仕事をしっかり見せることは大事にしたいことのひとつなのです。

子どもは、いろんなことから、大量の情報を吸収しています。
驚くべき吸収力です。


 

kawawadayochien at 19:58|この記事へのリンク 園だより 

2014年06月02日

【河和田幼稚園】わが子に感動!

子どもは日々成長します。
あたり前のことかもしれないけれど、すごいなぁと思います。
先週、年少のほし組で<フルーツバスケット>という
ゲームをしました。
ご存知ですか?
有名なゲームですから、説明は割愛しますが、
改めて、要領を確かめるとけっこう複雑です。

これを3〜4歳児が行うのは、探検に出かけるようなものです。
説明も先生は要点を絞って 言うくらいで
後は、やりながらわかる、というものです。

今回すごいな、と思ったのは、まずは
先生の説明をとてもよく聞いていたということです。 
自分がひとつのフルーツの役になったことも分かったようです。
そして鬼が「リンゴ」などとフルーツ名をいうと
リンゴの子は空いているイスを楽しそうにさがします。
座れない子がいると「ここ空いてるよ!」などと教える子もいてすばらしい
自分のことは棚に上げて、
探している子にイスを譲るのに夢中な子もいたそうですが
「きみは、わかっちゃいないね」などと言いたくはないですよね。
人を思う気持ちがスバラシイ
そのうち「あ、そうか」とわかる時がくるでしょう。 
フルーツ名をいうのが精いっぱいで、座ることを忘れ、
何回も鬼になる子がいたり、
どのフルーツが言われるか、ドキドキしながら待つわけですが
1回イチゴが出ると、2、3回イチゴが続いたり・・・
などという姿は、本当にこの時期の子ども姿らしいです

さて、ここのところ晴天続きで、しかも気温が高く
熱中症にかかる人続出というニュースが流れるほどです。
昨日もそんな日でしたが、幼稚園では親子で登園し
<オリエンテーリング>が行われました。
DSCF2399
ふだんはお母さんが多いのですが
きょうは、お父さんが中心です。

はじめに、皆で
ラジオ体操をして
カラダをほぐしました。

門を出ると右に行くグループ、「こっちに行こうか」と左に行くグループ様々です。
DSCF2406DSCF2407 







幼稚園のまわりの子どもたちの散歩コースをめぐって
途中木陰で休んで水分補給をしたり、
おやつを食べたり、遊んだり
ふだんは、歩かない田畑の中の道を歩くのです。
DSCF2409
今年は幼稚園に着いたら
こんな風に
グループごとに
親子で記念写真をとりました。
お疲れさまでした。


みなさん、いい汗をかかれたようで、一様に笑顔でゴールをされました。

お父さん達からは、次のような感想が寄せられました。

●ふだんはあるかないような所をみんなと歩き
 おかしをあげっこしたり、楽しかったです。
●6度目ですが、毎回発見があり楽しいです。
 寒い時期もおもしろいかも。
●娘と歩く機会は少ないので貴重な経験です。
 同じコースを家族全員で散策してみたい思いです。
●暑い日でしたが、楽しく過ごすことができました。
 友達と手をつなぎ、仲良く歩いている姿を見て安心しました。
 身近な所に、こんなに自然が多いところがあるなんて
 感動でした。
●暑さにカラダがついていかず・・・。体力をつけなくては、と思いました。
●子どものパワーに改めて驚きました。
 まだ小さいからと思っていたのに、自分たちでルートを決め
 違う道に進もうとすると、「ちがうよ!こっちだよ!」と
 教え合う姿がほほえましかったです。
●初めて話すお父さんとも仲良くなれる良い機会となりました。
●グループ行動なので、他の人への気遣いができて、
 よかったと思います。
●子どもたちが率先して進む姿が見られました。

DSCF2413
最後に子どもは
河和田幼稚園名物のおみくじを引きました。

お父さん方、
お父さんに代わって参加された
お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん
お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。
 

kawawadayochien at 16:02|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事