2013年12月

2013年12月28日

【河和田幼稚園】さわやかに、ほんのりと

♪ もういくつ寝ると お正月・・・
今年も あと少しで終わります。皆さま、どんな一年でしたか?
さて、今年最後のブログを書きましょうか。

話題はこちらです。
冬 005出入りの業者の方が持ってきてくださいました。
ちょっと葉っぱがしおれていますが果物です。
見たこと、あるでしょうか?
“ゆず”なのだそうです。
あまりにも、ゴツゴツしていてインパクトがあるので
単なる“ゆず”ではないと思って調べたら
“獅子ゆず”とか“鬼ゆず”という名前があるそうです。
なるほど、お獅子や鬼のいかつい感じがあります。

大きさだって、ふつうの“ゆず”よりずっと大きいのです。冬 006

隣にあるのは、ゆずではなくてミカンですが
こんなに大きいのです。

ゆずは、いろいろな使い方がありますが
この獅子ゆずは、鑑賞用なのだそうです。
確かに見ごたえはあります。
ながめて楽しみました。

ところで、冬至の日にゆず湯に入りましたが、
改めて自然の香りを堪能することができました。
そこにあるだけで、“ゆず”は、その周辺を静かに変える。
さわやかに、ほんのりと。

というわけで、今年も無事に過ぎたことを
たくさんの人やまわりの自然に感謝したいと思います。
ありがとうございました。
そして、来年もまた、よろしくお願いいたします。


kawawadayochien at 11:38|この記事へのリンク 園だより 

2013年12月20日

【河和田幼稚園】シアワセな子どもたち

きょうは、2学期終わりの日で、12月生まれの子の誕生会で、クリスマス会でした。
おわりの会では、冬休み中の約束を伝えました。
〜畤価甬きすること
⊆分のことは自分ですること
お手伝いをすること
この3つが休み中の約束です。

誕生会では、9人の12月生まれの子をお祝いしました。
いつの誕生会でもそうですが
子どもは、この日をとても楽しみにしています。
大きくなるのがうれしいのです。

そして、きょうのメインはクリスマス会です。
きのうのブログでキャンドルサービスの話をしましたが
年長さんが、ほんとうに落ち着いてろうそくを運びましたので
年少さんも年中さんも落ち着いて
じーっとろうそくの炎に見入るのでした。
デスクトップ 003
いつもは明るいゆうぎ室を
ほの暗くして行うキャンドルサービスは
しっかり“火”を見つめる貴重な時間です。
何か、炎の魅力を子どもも感じるのでしょう。
思わず乗り出す子は、いるものの
ふざける子は、一人もいませんでした。


続いての経験は、耳から入る“音”の経験でした。
今年、新たに登場したのはハンドベルです。
12月3日の音楽会の合奏にも登場したハンドベルです。デスクトップ 006

きょうは、りか先生のオルガンの伴奏で
みさと先生・ゆかり先生・れいこ先生が
ハンドベルで「きよし この夜」を演奏しました。
初め聴くハンドベルの音色に
子どもたちは思わず「きれい〜」とうっとり・・・。
そして、じ〜っと聞き入りました。


そして演奏が終わって会場が明るくなると、
子どもたちからあたたかい拍手が自然にわきおこりました。

その後、サンタさんから届いた手紙を読んでもらい
「ジングルベル」を元気に歌って、お部屋に戻りました。

そこでは、どんな楽しみが待っていたでしょう。
デスクトップ 005
ケーキ&クッキーが待っていたのですよ。
料理委員のお母さん方が
素材を選んで、心をこめて焼いてくださった
素朴でおいしいケーキ&クッキーです。
(アレルギーの子も同じものを食べられるように
 牛乳でなくて豆乳を使ったり、小麦粉も
 全粒粉を使ったり、素材を配慮しているのです)


デスクトップ 009
みんな おいしそうに食べていますね。
ちなみに料理委員さんは、こ〜んなにたくさん
作ってくださったんですよ。
ケーキ屋さんの店先のようでしょう。
デスクトップ 002








そして、この後、一年間いい子でいた子どもたちに
サンタさんからのプレゼントが配られました。
2学期の最後の日、たのしいことでいっぱいの
シアワセな子どもたちでした。



kawawadayochien at 17:33|この記事へのリンク 園だより 

2013年12月19日

【河和田幼稚園】大切な火

もうすぐ、クリスマス。
幼稚園のクリスマスは一足お先に
明日行います。冬004

幼稚園の玄関を飾る
クリスマスリースは
真っ赤なお花が
たくさん集まって
ラメが振りかけられて
キラキラしています


さて、きのうのことです。
クリスマスにさきがけて、年長さんが集まって、
キャンドルサービスのリハーサルをいたしました。

まず最初に、“火について”お話ししました。
「みんなは、どんな所で火を見ましたか?」と聞きますと
さすが年長さんです。
いろいろな答えが返ってきました。
おなべの下にあるよ。
バーベキューの時に見たよ。
焼肉の時も火を使うよ。
花火も火だよ。
誕生会の時のケーキのろうそくに火がついている。
たき火の時も見たよ。

デスクトップ 002そうそう、この前たき火をしたものね。
幼稚園のアオギリの大きい葉っぱが
ほとんど落ちたので
葉っぱを集めてたき火をしたのです。
落ち葉集めは、年中のU君やM君A君が大活躍でした。
U君は大きな熊手を上手に使って落ち葉を一輪車に積みます。
M君は一輪車いっぱいの落ち葉をよろけもせず運びました。
とても、頼もしかったです。

写真の右端をよく見ると、人だかりが見えます。
ジャングルジムに乗って、たき火を高いところから見ようとのことでした。
最近はいろいろな事情で、野焼きが禁止されているのが残念ですが、
煙もモクモクでて、燃える火を見る貴重な経験となったと思います。


話がわき道にそれましたが、
こういう経験も子どもの記憶に残ったのでしょう。
それから、そこまで気づくことができるのかと驚いたのは
火事のときも火がでるよ。
というKちゃんの発言でした。

「火は、人間の生活に必要で大切なものだけれど
使い方を間違うとたいへんなことになるね。」
と話すと、大きくうなずく年長さん。
「そこで、幼稚園で火を使える子どもは、年長さんしかいないの。
だから、クリスマスでキャンドルサービスをするのを年長さんにやってほしい。」
と伝えると、ちょっぴり驚く子もいましたが
「それはそうでしょう」と言わんばかりに
胸をはって、張り切る子もたくさんいました。

さっそく、一人ずつ先生からろうそくに火をつけてもらい
燭台まで、神妙な顔をして静々と火を運ぶ年長さんたち。
受け取る時に小さな声で 「ありがとう」というと
かすかに頷く子などもいて、何ともかわいらしいです。
どの子も、丁寧に火を運びましたので、
32本のろうそくが、あかるい炎をともして静かに燃えていました。
あしたのクリスマス会では、年少さんや年中さんに
ろうそくの炎を上手に見せてくれるでしょうね。

サンタさん、あした、河和田幼稚園に来てくれるかしら?
たのしみにいたしましょう。


kawawadayochien at 17:20|この記事へのリンク 園だより 

2013年12月13日

【つぼみちゃん】さよなら あんころもち                    またきなこ

2013年度のつぼみちゃんが最終回をむかえました

最終回 005
最初はお母さんしか
目に入らないの!
という様子もあった
つぼみちゃんでしたが、
お気に入りのおもちゃを
見つけられました


最終回 010お友達もできましたね。

世界が広がり、
周囲のことが
見えるようになった証拠
お互い真似をし合ったりして
仲良しになりました


最終回 001最終回はみんなで合奏をしました
トライアングルで
正確にリズムを刻むことは、
つぼみちゃんには
とても難しいことです。
しかし、合わせよう!
という気持ちが
表情に表れていました

最終回 006お友達のようにやりたい
先生の言うようにやってみたい
という気持ちが
生まれてきたのですね

すずが登場すると
「やってみたい」
と言って前に出てきます

手をのばしてチャレンジすることは勇気がいることです。
恥ずかしいと思ったり、力を出せないこともたくさんありました。
でも、最終回ではみんなすずを持ちました
笑顔でシャン、シャン、シャンとならすことができましたね

最終回 011さあ!最終回のお楽しみは
おやつ作り
写真をご覧ください。
黄色いサツマイモ
美味しそうでしょう。
力を合わせてつぶします。
待ちきれなくて
味見をしてしまう子もいました

ラップでくるりと丸めれば最終回 008
おイモケーキのできあがり
「お母さんも食べていいよ」
お母さんの分も作ってあげられて
とっても嬉しそう
「ほっぺた落ちちゃうよ〜」
と言ってお母さんに押えてもらいながら食べました


最終回 013
手前にあるのは・・・りんご
うさぎりんごです
お母さんが目の前で
切ってくれました。

このりんご、実は・・・
この木から落ちてきたりんごなのです。
つぼみちゃんの出席カードのりんごの木。
先生がゆらゆら揺らすと・・・何と!ぽとん・・とりんごが落ちてきました
つぼみちゃん達はお口をあけてびっくり」
最終回 004毎回来るたびに
りんごのシールを貼ったので
こんなにたくさんの
りんごが実りました

最後はお母さんにリボンを
結んでもらい
すてきなりんごの木になりました。


みんなで頂いたサツマイモケーキとりんご、甘くてとっても美味しかったね
「あまいね」「もっと食べたいね」「パパにおみやげにする」
お話もはずみ、モリモリ食べました。
おうちでは食べないサツマイモ。つぼみちゃんで初めて食べた子もいました
ずばらしい
最終回 003最後にオルゴールの音色を
楽しみました。
「お耳を上手に使ってごらん」
先生の言葉の意味が
ちゃんと分かります。
まだまだ小さいつぼみちゃんですが
ちゃ〜んとお耳を使うことが
できるのです

河和田幼稚園に来てくださって
出会えたこと、共に同じ時間を過ごせたこと
感謝申し上げます。ありがとうございました。
つぼみちゃんで歌った歌を、
お母さんの声で、お母さんの笑顔で
ぜひ、歌ってみてくださいね。

さよなら あんころもち またきなこ。


2013年12月10日

【河和田幼稚園】すっかり、その気

先週、火曜日は音楽会があり
その3日後の金曜日は劇を見る日でした。
河和田幼稚園では、
年に一度は親子で劇を見ることにしています。風の子 007

こんな感じです。
子どもたちは前のほうに座り
お母さんと弟妹はいっしょで
後ろのほうに座ります。
こんなにぎっしりお客さんが入って
劇を観るのです。


今年は、劇団風の子北海道がやってきて
いっしょに手遊びをしたり、
紙袋を使ったお話を聞かせてくれたり
紙芝居を見せてくれたり
空き缶など空容器を使ったオモシロ音具?で
いろんな音を聞かせてくれたりしました。
その後、みんなの好きな「せんたく かあちゃん」のお話でした。

ゴシゴシごしごしゴシゴシごし
と何でも洗ってしまう、頼もしいせんたくかあちゃんのおかげで
画像 018
こんなに洗濯物が
た〜くさん、干されました。

この後、カミナリさんもお洗濯されて
ロープに干されたんですよ。
洗濯すると、
何もかもサッパリしますよね。

劇が終わってからは、
常任委員手づくりの工夫の品々をお礼に差し上げました。風の子 016風の子 020









劇を見て寄せられた感想には、次のようなことが書かれていました。

子どもが楽しそうに見ている姿が見られて、うれしかったです。
子どもは、気に入った手遊びなど覚えて、早速おうちで歌ってました。
親自身、生の舞台を見て<生>のよさを実感しました。
生活の中のものでも工夫で楽しくなる、さっそく作ってみます。
たくさん笑って、楽しい時間になりました。また、見たいです。

生の劇を見る・親子で見る・幼稚園で見る・・・・・
いろいろな条件が効を奏して、楽しい時間になったのだと思います。
それにしても
子どもたちの劇世界への入り込みようは
半端ではなかったですね。
すっかり、その気になるということです。
こういう力が、一生をシアワセに過ごすもとになるんじゃないかしら。



kawawadayochien at 17:04|この記事へのリンク 園だより 

2013年12月05日

【河和田幼稚園】キンチョウもわるくない

12月3日に音楽会がありました。
河和田幼稚園の音楽会は、とてもシンプル。
年少・年中・年長の順番で、歌をうたって
み〜んなで、歌をうたって
み〜んなで、合奏をして終わります。

そうは言っても、やはり晴れの舞台。
子どもたちは、相当に緊張します。
先生も、おうちの人もきっと緊張します。
緊張って言うと、あまりいい感じがしないけれど
そんなことはないと思います。
だって、だらだらとした人生より、
ワクワク ドキドキの人生のほうが
たのしいって思いませんか?

事実、子どもたちは相当に緊張しましたが
みごとに乗り越えましたからね。
出番が終わると、床にゴロリンしたり、ぼーっとしたり
思わず泣いたり・・・・・
それでも次の出番がくると、立ち直ったり。
アンコール 009
そうそう、この写真は合奏の後、アンコールで
み〜んなで「こどもの世界」を歌っているところ。
いつも歌っている歌のためか
そして、自分の出番が終わったせいか
のびのび、歌う姿がありました。
緊張から開放された姿でもあります。


そして、この後、年少さんは大好きなお母さんと
おうちに帰りましたが、
年中さん・年長さんは、自分の好きな遊びに一目散。
お庭に行って、ひたすら走る子もいれば
お部屋の中で、いま流行っている織物に夢中な子も。
食事の前には、りんごジュースで"かんぱ〜い”をし、
食事中は「たのしかったぁ」「きんちょうしたぁ」と
音楽会談義に花を咲かせるのでした。

さらに、次の日は<じゆうの日>ということで、
お弁当をいつ、どこで、だれと食べてもいい日。
しかも、一日中遊びっぱなし。
ということで、子どもたちは音楽会では緊張し集中しましたが
その後は、発散し、自己を開放したのです。
つまり、自分をコントロールすることを学んでいるのです。

おうちの方には、そういうすべてを見てもらいたいのです。
私たち大人は、子どもの姿から
学ぶことがたくさん、たくさんあります。



kawawadayochien at 19:55|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事