2012年07月

2012年07月29日

【河和田幼稚園】暑いから夏祭り

きのうは、夏祭りでした。
先週から夏の暑さが本格化しているので、
お天気の心配はなく、取りかかることができました。

朝9時からお父さん方で、
やぐらを作ったり、ちょうちんを飾ったり、テントを組み立てて準備をしました。
午後からは、夏祭り委員さんがポップコーンを作って袋詰めをしたり、
お店の準備をしていきました。

夕方5時、いよいよ夏祭り開始です。
いろいろなお店や、ゲームコーナーがいっせいに始まりました。

はにわちゃん
ここは<はにわちゃんのお店>
フランクフルトがこんなにたくさんありますが、
全部売り切れました。

他に、焼きそば・たこ焼き・かき氷なども
長蛇の列ができて、大人気でした。


ゲームコーナも、輪投げ・腕相撲・ヨーヨーつり・鬼たいじ・ペインティングと盛りだくさん
輪投げ腕相撲ヨーヨー










鬼たいじ
ペインティング
それぞれ楽しんでいると、
何だか雲行きがあやしくなり・・・
遠くに雷鳴がかすかに・・・。
少し早めに店じまいし、お祭の後半に突入しました。
たいこ
はじめは、
れいこ先生・みさと先生・ゆかり先生の
和太鼓の演奏です。
ドーン ドーン ドドドドド
テンケテンケ テンケ
テケテケテン
ドーン テケ ドーンテケ ドーンテケ ドン

おみこし
お次は、おみこしワッショイ ワッショイ
年長さんが
たいよう組とつき組に分かれて
かつぎました。


お次は、みんなで盆踊り<め組のひと>
ここで「めッ」と元気な掛け声をします。
め!!2め!!

最後は花火をあげて、しめくくり!
花火


千波湖の花火のように
大きくはないけれど
ドーン パンパンパンパンパン
と鳴る花火を
みんなで眺めるのは、たのしい。



途中、雷鳴・イナビカリもちょっとあり、
ドッと降られたらたいへん、とひやひやしましたが
ピッチをあげて、たくさんの方に片付けを手伝っていただき、
片付け終わったのが夜8時ごろでしたが
幸い、どしゃぶりにあわずにすみました。

夏祭り委員さん・ボランティアのお父さん達・駐車場委員さん
そして、1人のお休みもなく来場した幼稚園生とそのご家族のみなさま
みなさん、ありがとうございました。

さて、きょうから、幼稚園のお庭は<園庭大改造>の第1歩で静かに工事が始まりました。
夏休み中をかけて、少しずつ工事をすすめてまいります。
みなさま、どうぞ、よろしくお願いいたします。



kawawadayochien at 13:39|この記事へのリンク 園だより 

2012年07月27日

【河和田幼稚園】サッカー、勝ったよね

バラ2
茨城県の花は、このバラなので
幼稚園のバラを写真をアップしますが、
7月25日と26日、
茨城県内の私立幼稚園の先生達が集まって
つくば市で“熱く”研修会をしてきました。
(写真と話題の関連性が無理やりですが、あしからず)


それで、朝早くから出かけ、帰ってきてぼーっとしている間に
ロンドンオリンピックのサッカーの試合がドンドン進んでいって
女子はカナダに、男子はスペインに勝った!ということです。
しかも、男子でゴールを決めた選手は
茨城県水戸市出身とのこと!
とっても、努力家で「練習させてください」と
とことん練習をしてきた選手なのだそうです。
うれしいですね、地元としては。

あしたは、幼稚園では夏祭り
暑いですけど、やりますよ。というより、暑いから夏祭り
先生達も夏祭り委員さんも趣向をこらして待っていますよ。
お楽しみに。


kawawadayochien at 18:33|この記事へのリンク 園だより 

2012年07月22日

【河和田幼稚園】一学期終わりました

いつも?時々?きょう初めて?
このブログを開いてくださって、ありがとうございます。
7月20日に、無事一学期が終わったことをご報告します。

わくわくしながら始まった2012年度。
すごい!と思ったこと、
へぇ〜と思ったこと、
うれしいと思ったこと、
困ったと思ったこと、
がんばれと思ったこと、
ありがとうと思ったこと、
いろんなことがありましたが、無事に終わった一学期。

川又さん1
最後の週に集会がありました。
この夏休みに始まる
園庭大改造についての説明会でした。
大改造といっても、
小さな幼稚園のほどほどのお庭を作り変える
という話なのです。

この日は、この改造工事の担当してくださる方に
どのような工事になるか、についてお話していただきました。

この工事に取り掛かるにために
今まで親しんできたお庭の木製遊具
つまり、すべり棒付きのアスレチック・ロープ渡り・緑ネット付きの遊具
そして、年季の入った鉄製の二股のすべり台を
撤去することになります。
子ども達には7月に入ってすぐ「・・・・というわけで、お別れなのでたくさん遊びましょう」
とお話しておいたので、ここ1週間は
プールで遊びながらも、遊具でも遊び、クラスごとに記念写真を撮ったりしました。

今週末の7月28日に夏祭りがありますが、
夏祭りが終わったら、さっそく工事が始まります。
お庭が工事のため、狭くなりますが
自由登園・地球クラブ・体育クラブは予定通り行います。
楽しい計画をたてて、待っています。

太鼓5
7月31日の自由登園では
6月23日に和太鼓を教えてくれた
谷口武芳先生(写真)が
幼稚園に来てくれて、
また、和太鼓を叩かせてくださいます。
たのしみですね。


野菜市3草っぽ農園は夏休みの間も
8月1日(水)・9日(木)・22日(水)の3日間
8:45 〜 9:30の間、開店して野菜販売をします。
たぶん、地球クラブのお部屋での販売になりますが
買いに来てください。卒園生もどうぞ。
おいしいお茶も飲めるのね。
マイカップをご持参ください。

あまり夏休みになった感じがしないのは、
なんだか急に涼しくなってしまったせいかもしれません。
幼稚園でカエルのエサとして飼っているコオロギ君も
秋になったと勘違いしてか、リリリ、リリリと鳴きはじめているので
ますます、夏の感じがしません・・・・・・

ところで、先ほどの園庭大改造の話ですが
8月10日午前10:15〜10:30
FMぱるるん76.2MHzで、
少し情報をお伝えすることができます。
というもの、工事の説明をした方が、この番組のパーソナリティだからです。
よかったら、ラジオのダイヤルをあわせて、
お聞きください。

夏休み中も、時々、ブログを書こうと思います。
またのぞいて見てくださいね。



kawawadayochien at 18:13|この記事へのリンク 園だより 

2012年07月14日

【河和田幼稚園】ささのは 七夕 水鉄砲

7月になって早々、七夕かざりの笹を竹林から切り出してきました。

自分が小さい頃に比べると、竹の存在が遠のいたように思います。
小さい頃は、竹林がなくても、タケノコの季節には近所からいただくことがあったし
タケノコの皮に梅干をはさんで、おしゃぶりのようにしたおやつも思い出します。
竹で水鉄砲を作ると、切れ端の竹が花瓶になったり、コップになったり、・・・
そして、去年の原発事故後、タケノコ・シイタケは
放射性物質が蓄積されやすいと、敬遠され・・・

そんなことがありましたが、七夕飾り
こうして、願いごとを書いた短冊を
親子で結び付けている風景は
“平和でいいなぁ”と
思います。
みんなどんな願いごとを書いたのかしら。
読みたいような
読んじゃいけないような


そしたら、ある女の子が話してくれました
「しろつめ草になれますようにって書いたの」
その子は、色がしろくて、おかっぱが良く似合う子なので
「それは、きっとなれると思うわ」と答えました。

七夕飾り2
輪かざりや網かざりも付けられ
短冊もたくさんつけられ、
梅雨の合い間のさわやかな風に
笹の葉がそよいでいます。

ささのは さらさら のきばにゆれる

ほんとうにそんな感じで
近くに立つと きれいな音がします。


七夕焼き最後には、七夕飾りをお庭で焼きます。
それこそ、私が小さい頃は近くの川に流しましたが
今はそんなことをしたら、たいへん。
(昔も大変だったかもしれないけれど、あんまり心配しなかった)

炎がかざりを焼きつくし、煙が天高くのぼっていきます。
願いごとが、天の神様にまで届いて
願いごとが叶う・・・・・そう信じてお祈りしました。

こんな風にして、今年も七夕まつりが終わりました。
あなたの願いごとは何でしたか?
願いごとが叶うといいですね。

そうそう、距離ができた竹ですが、
クレシェンドセミナーで苔玉づくりをしたとき
グループ表示に直径10cmはありそうな竹が使われました。
「どなたが用意したの?」と聞いたら
今年入園されたOさんで、実家には竹林あるとのこと。
さっそく「水鉄砲を作りたいので、竹をいただけませんか?」とお願いしたら、
おじいちゃんが丁寧に切って用意してくださいました。
子ども達が危なくないようにと、切り口を面取りまでしてくださいました。

きょう、水鉄砲のその他の材料も用意しました。
1学期最後の1週間、水鉄砲で遊べるようにしようと思います。

「みずでっぽう」の歌はご存知ですか?
こういう歌です。
みずを たくさんくんできて みずでっぽうで あそびましょ。
いち に さん し シュッ シュッ シュー 



kawawadayochien at 19:41|この記事へのリンク 園だより 

2012年07月09日

【河和田幼稚園】こんなはずじゃ・・・


先日のつぼみちゃんのスピンオフドラマをお伝えします。

ゆうぎ室でおやつを食べているつぼみちゃんが気になって
廊下から覗いている年長さんに、先生が声をかけました。

先生「どこかに<七夕さま>上手に歌える子いないかしら?」
年長「なんで?」
年長「今からつぼみちゃんに<七夕さま>
                   聞かせてあげたいのよね・・・」
年長「オレ歌えるよ。」
年長「オレも。できるよ。かんたん。」
年長「2番もできるもん。」

意気揚々とゆうぎ室に入ってきた年長さんは5人。
男の子3人と女の子2人。(人数を覚えておいてくださいね
背筋をピンと伸ばし、さあ!歌うぞ!準備万端です。
ところが先生からの合図がありません。
急遽決まった出演だったため、
つぼみちゃん達がおやつを片付けている間、待たされることに・・・。

待っている間に、だんだん状況が見えてきました。
あれ・・・思ったより人数が多いな〜
あれ・・・思ったよりつぼみちゃん達が近いな〜

状況判断が緊張につながっていきます。
こういう時間ってイヤですよね。やるなら早くやって終わらせたい。

その時。事件が起こりました。突然Aくんが叫んだのです。
「おれ、やっぱりや〜めた。」
みんなが言いたくても言えなかった一言を残し、
風の様にAくんはゆうぎ室から去っていきました。一瞬にして空気が変わりました。
残された4人に動揺が広がります。

ここで先生から提案が。「仲間をもっと、呼んできたら?」
これに頷いたのはBくん。力強くクラスに向って走り出しました。
これで一件落着。・・・・となるはずでした。

ところが・・・
帰ってきません。待てど暮せどBくんが帰ってこないのです。
時間にすればたった1・2分程度のことだったと思いますが、
10分・20分にも感じました。
Bくんと仲良しのCくんは心細さが最高潮に・・・。
「先生。Bくんのこと呼びにいっていい?」
残される人数を考えればダメ!と言うべきだったでしょう。
しかし、どうしてそんなことが言えるでしょうか。
Cくんは緊張と不安な表情で先生の返事を待っています。
「いいわよ。」先生が言い終わらないうちに、Cくんはゆうぎ室を
飛び出していきました。

さあ。ここで問題です。
今残っている年長さんは何人でしょう?
5人−Aくん−Bくん−Cくん=2人

なんと女の子2人だけ。
もう先生の方を見てくれなくなりました。お互いの手や腕を触りながら、
支え合って立っているだけで精一杯です。

どうしてこうなっちゃったの・・・さっきまでやる気満々だったのに・・・
なんでこんなに心細い思いをしなくちゃならないの・・・

その時です。
飛び出していった子達が、やっと帰ってきました。
BくんCくんも帰ってきてくれましたよ。
お友達も連れてきました。
だから8人になりました。
そして8人になった年長さんは
ささのはぁさーらさらぁーのきばにゆれるぅ〜と
無事、つぼみちゃん達に歌を届けることができたのです。
七夕








ここまで書いたので、最後までお伝えいたします。
歌い終わった8人の退場の仕方がすばらしかったのです。
写真にあるようにゆうぎ室と廊下は8枚の扉で仕切られている
のですが、「ありがとう年長さん。では、おへやに帰りましょう。」
という先生の言葉を聞くやいなや、
走り出した8人はこの扉にビタ〜と張り付いたのです。

<早く出してくれ〜>
<開けてくれ〜>
<助けて〜>  というような勢いで。

「カギが閉まっているだけよ。誰も閉じ込めたりしないわ。
ほら開きましたよ。」一番左端の扉に我先にと群がり、
ぎゅうぎゅう詰めになりながら無事、廊下へと出て行きました。

かるい気持ちで飛び入り出演を引き受けた
心優しき年長男女8人の ちょっとショッパイ歌謡ショー
お客様のつぼみちゃん&つぼみちゃんのお母さま方には
はたしてどのような時間になったのでしょうか?

幼稚園は楽しいばかりじゃな〜い、こういうこともあるさ、ということです。
この年長さんたちは、この後あんがい、わいわいとおしゃべりしながら
お昼ごはんを食べたと思うのですよ。
子どもはタフなところもありますし
なにしろ8人でしたから。






2012年07月07日

【河和田幼稚園】ドンドンいち、に!

もう、2週間も前のことになってしまったのですが、
この写真を見てください。太鼓4

ちょっとかっこいいでしょう。
でも、どう見ても体つきから
幼稚園生だってわかりますよね。

その通り、河和田幼稚園の子ども達なんです。
しかも写っているのは、年少さんと年中さんの子ども達です。


2週間前に幼稚園の近くの桜川市民センターで
谷口武芳さんという和太鼓奏者のコンサート&ワークショップが開かれたのです。
その前日に、幼稚園にお知らせのファックスが入ったので
自由登園の子を連れて、参加したのです。
写真は、ドンドンいち、に、と
打ち方を教えてもらっているところなんです。
太鼓2
この写真は年中と年長の子が
練習しているところです。

とってもスタイルが様になっていて
つい30分前に練習し始めたばかりとは
思えないでしょう。


ちょっと自慢になってしまうのですが、
参加した15人は、ほとんどが年少・年中さんだったにもかかわらず
とっても集中して、だれひとり騒いだり、かけまわったりせずに
谷口先生の指導をうけて、このドンドンいち、に、をマスターしてしまったのです。
さずが、河和田幼稚園の子ども!

きっと、先生もすばらしかったのでしょう。太鼓3

この子ども達の前で黒い服をきて
バチを振り上げているのが
先生です。
太鼓5
先生は
こんなにかっこよくて
とても熱心で
ていねいに
ご指導くださいました。
ありがとうございました。



また、7月31日にも来水の予定があります。
前回はお知らせできなかったけれど
今回はお知らせできると思います、お楽しみに。




kawawadayochien at 14:07|この記事へのリンク

2012年07月05日

【つぼみちゃん】また きなこ

早いもので、1学期最終回をむかえました
最後はゆうぎ室で、ピクニックごっこです。
「おなかがすくから、おにぎりを握っていきましょう。」
先生と一緒におにぎりを握って準備します。
「できたかしら?それではこのカゴに入れておきましょう。」
「あそおっと入れてね。おにぎりがつぶれちゃううわ。」先生と一緒におにぎりをかごの中に入れます。

とは言っても、
手遊びで握ったおにぎりなので、本物ではありません。
手の中には何もないけれど、一生懸命握ります。
つぶれちゃう!と本気で感じるので真剣に、そおっとおきます。

かごの中には山盛りのおにぎり・・・
つぼみちゃんにはそう見えています見る力があるのです
だから心配でになって再びのぞきに来ます。
<あれ・・・ボクのどれだっけ?>
「これじゃないかしら?梅干おにぎりにしたでしょ?これよ。大丈夫。
ちゃんとあるわよ。」先生の言葉に安心してお母さんのところに
もどります。かわいらしいですね

さあ!ゆうぎ室のピクニックへ出発!
ゆうぎ室の扉を開けると・・・・お手本
一本橋
くもの巣
トンネル
下り道
が目の前にありました。
「わぁ〜楽しそうね。」
お母さん方からも
思わず声があがりました

水つぼみちゃんには
少し高いジャングル(木製遊具)ですが
みんな頑張りました。
力を振り絞ることを
楽しんでいるようです




木できるかな・・・
ちょっと怖いな・・・
自分の実力
を試したいのですね
お母さんの手をギュッと
握りチャレンジします。



水2トンネルも楽しい。
見える景色が違って
面白いのかしら・・・
天井を見上げる
つぼみちゃんもいました




おやつの後に七夕
年長さんから歌のプレゼントがありました
歌は<七夕さま>です。
つぼみちゃん達は
気づいていなかった
かもしれませんが・・・・・・、

8人の年長さん達はとても、とても、ドキドキしていたようです
スタンバイから歌いだすまで、5分程度の時間でしたが
この間に幼稚園生達の緊張は徐々に高まっていきました
このお話はまたブログでご紹介いたします。
水4
丸く並んだつぼみちゃんの輪の後ろに
七夕かざりの笹が見えますか?
短冊に願い事を書いて結びました。
願い事が叶いますように


                   
さて、仲良しこちらは何でしょう?
おやつも食べて、
そろそろ帰るわよ・・・
という頃に急に集まってきた男の子達。
お互いの手を重ねています
円陣?
スクラム?分りません。
でも仲良しで、嬉しそう
つぼみちゃん同士、随分仲良くなりましたね

その証拠に、1回目には見られなかったおもちゃの取り合いも起こるようになってきました。
幼稚園という場所にも慣れてきて、ためらわずに自分を出すようになったのでしょう

2学期になったらもっともっと仲良しになれますよ。
楽しみですね
次に会うのは9月です。
夏休みいっぱい遊んで、また元気に会いましょう。



月ごと過去記事