2011年09月

2011年09月28日

【河和田幼稚園】ちゃくちゃく、着々

2学期が始まって、早くも1ヶ月がたとうとしています。
そして、今週末は運動会です。
運動会に向けて、さまざまな準備が着々と進んでいます。
例えば、これです。
旗
きれいな布が並んでいるように見えるでしょう。
その通りなのですが、
これは、運動会の会場を彩る旗なのです。
河和田幼稚園では、去年から
運動会につきものの万国旗を
お母さん達に作っていただいています。


万国旗が色とりどりであるところを活かして、
万国の旗ではないけれど、おうちにある布きれを端始末して旗に仕立てていただきました。

ミニ運動会そして、きのうは運動会のリハーサルをしました。
朝のうちは、涼しいくらいの天気でしたが
子ども達は とても張り切っていました。
特に、つき組 vs. たいよう組の玉いれは
思いきり気合の入った戦いでした。
1回戦は、つき組が大差で勝ち、
2回戦は、なんと同数で引き分け、
3回戦にもつれ込んで、たいよう組が大差で勝ち、結果引き分けでした。

その後の、年長さんのリレーも白熱の戦いがくりひろげられました。
こんな風に書くと、運動会当日のようですが、子どもは本気で戦っているのです。

そして、きのうはもう一つ、たのしいことがありました。
元気スープ2
幼稚園中のみんなで、ゆうぎ室に集って
お昼ごはんを食べました。
とっても、賑やかそうでしょう、
それもそのはず、料理委員のお母さんが
腕によりをかけた<元気スープ>を
配ってくださっているからです。


<元気スープ>は運動会を元気いっぱい楽しめるように、
ニンジン・玉ねぎ・ジャガイモ・コーン・ピーマン・ペーコンなど10種類の具が入ったスープです。
「心をこめて作りました、運動会を元気にやってください」との
メッセージを料理委員さんからいただきました。
元気スープ3
野菜のやさしいおいしさに溢れた<元気スープ>を飲み
おうちからもってきたオニギリをほおばり
楽しい話に花をさかせ、
デザートにはリンゴとみかんのゼリーがあり、
「おいしい」「おいしい!」「おいしい!!」との声が
あちこちから聞こえてくるのでした。


こんな風に、心の準備、カラダの準備が着々と整ってきています。
お天気がちょっと心配ですが・・・
それは、天の神様にお任せのことですからね。

運動会、たのしみにいたしましょう。

kawawadayochien at 14:46|この記事へのリンク 園だより 

2011年09月22日

【つぼみちゃん】やったな〜

最近のお気に入りのおもちゃは、なにかしら?
お部屋に入ると、お気に入りのおもちゃですぐに遊び出し、
じっくり楽しむようになってきた つぼみちゃん

今日、幼稚園生は棒のぼりの練習をしていました。
つぼみちゃんのお母さま方が拍手してくださったので、
いっそう張り切って、力が入っていました
懸命に棒のぼり競争をしているお兄ちゃんお姉ちゃんの姿、
つぼみちゃんの目にはどんな風に映ったのでしょうか?

2学期の2回目は、新聞紙遊びをしました
きみどりさあ
新聞紙遊びのはじまり、はじまり。 
こちらはきみどりグループ。
お母さんも1枚
つぼみちゃんも1枚
新聞紙を持って準備万端!



みずいろみずいろグループの
つぼみちゃん達。
集中しています!
大胆にどんどん破く子。
指を上手に動かして
細く長く破く子。
「もっとちょうだい。」先生に
もらいにくる子もいました

                           「えい!」先生にかけます。
ピンクグループ。あっという間に        「おかえしよ!」とたくさん
床一面が新聞紙です。              かけられてしまい、
                            前が見えな〜い
ピンク     オレンジ
ビリビリやっているうちに、
今までのつぼみちゃんからは聞いたことのないような 大きな声が聞かれたり、
今までのつぼみちゃんからは見られなかったような はじけた笑顔が見られました
新聞紙の量が増えてくると、どんどんつぼみちゃんの表情が変わってきます
そして、少しずつ先生に近づいてきます
ぐちゃぐちゃの新聞紙と一緒にどさくさにまぎれて、
恥ずかしがりやさんも、引っ込み思案さんも先生と一緒に遊べてしまうのです
オレンジ2先生めがけて
かける!
なげる!
そして逃げる!
オレンジグループの子達が
入っているのは
新聞紙風呂です


中に入ると、上も下も右も左も新聞紙だらけ。
潜ると体が隠れてしまうくらい、たくさんの新聞紙が入っています
フカフカしていて気持ちがいいのです

さて、あんなに散らばっていた新聞紙、その後どうなったでしょうか?
なんと、み〜んなで拾い集めて
桃最後の一切れまで拾い集めて・・・・。
集めた新聞紙で何を作ったでしょう。

答えはコチラ。
写真をご覧下さい    

桃です。桃太郎が生まれてきそうな桃です。
一口ずつ味見もしました


手と足を真っ黒にして、汗をかいて遊びました
みんな「やったな〜」というような良い表情をしていましたね

次回はリトミックです。
2グループ一緒に遊びます。お楽しみに






2011年09月13日

【河和田幼稚園】苦手なもの

まだまだ暑い日が続いてますが、子ども達は運動会モード
暑さや疲れを考慮しながら、走ったり、運動会がらみの話し合いをしています

年長さんは、先日初めてクラス対抗リレーを行いました。
これは河和田幼稚園の運動会でトリを飾る種目であり、
年少の頃から「いつか僕達も…」と、子ども達の憧れの競技です

練習とは言え、初めてのクラス対抗リレーで勝利を収めた
たいよう組の喜びといったら、それはそれは…
食事の時間も年中さんに対して熱心に話しています。

E君「なんでリレー勝ったか分る?つき組には遅い子がいるからだよ」
Mちゃん「そう、そう。だから勝てるんだよね〜」

ちょっとちょっと、勝って調子にのりすぎてないかしら?
思わず口をはさみたくなりますが、ガマンして子ども達の話に耳をすませます。
勝利を謳歌する会話がさらに続きましたが、次の一言で流れが変わりました
Mちゃん「何で走るの遅いんだろうね〜。」

その一言に対してE君は、はたと気づいたようで
一息に話しだしました

E君「そんなこと言っちゃダメだよMちゃんにだって苦手なものあるじゃん。
   例えば、ご飯早く食べなって言われたってMちゃん出来ないでしょ?それなのにさ、何でって
   言われたら、嫌な気持ちになるでしょ。だからそんなこと言わない方がいいよ

そして、その後狢が遅い子瓩領匹そ蠱気靴始まったのです。
「足が遅いけど、〇〇なところがスゴイよね」「◎◎も良いよね」・・・。

互いのことをよく知っている年長さんならではの会話でした。
運動会にしても、ただただ競うのではなく、
自分と他の子の違いに気づいたり、それを認めたりできるってステキ
色々な気づきがある日々
それが幼稚園の生活です



kawawadayochien at 18:08|この記事へのリンク

2011年09月08日

[つぼみちゃん]お久しぶり!

お待たせいたしました。
2学期のつぼみちゃんスタートです
初回は2グループ一緒に遊びました久しぶりだったけれど、
7月にさよなうならした時と同じ笑顔でおへやに入ってきてくれました

「プールで泳いだ?」   「およいだ!」
「花火見た?」       「みた!」
「かき氷食べた?」    「たべた!いっぱい!」

先生の言葉に大きな声で答えます。ものおじせずに、大きな声でお話しできるようになりましたね
水曜日
きょうは幼稚園説明会です。
来年4月から幼稚園生になりたい子むけに
河和田幼稚園の話をさせていただきました。
集団の楽しさ、その中で自分を発揮できる嬉しさ。
幼稚園には楽しいことがたくさんありますよ
と園長先生からのお話し。

そして、今、在園している先輩お母さんからのお話しもありました。
子育て中のお母さん同志、
心に響く言葉もあったのではないでしょうか。

水曜日2お母さんのおヒザでお行儀よくお話しをきいていたつぼみちゃん。
さあ!ゆうぎ室で
元気にダンスです。
キャーキャーと声が
響きます。


自信もついてきたのでしょう先生と一緒に舞台にもあがりました。
木曜日
こぶたぬきつねこ
も歌いました。
そして、おやつを食べました。

そろそろおへやに戻る
時間です。

「おへやに戻るので、並びましょう」と声をかけましたが
なかなか先生の後ろに並びません。
なんと、おやつを食べる時に使ったゴザを
セッセと片付けていたのですつぼみちゃんはお母さんの動きや心をよく見て、マネをしているのですね

木曜日2お部屋では、絵本を読みました。今日の絵本にはお月様
が出てきました

来週の月曜日は十五夜
お空を見上げてみましょう。
まんまるお月様が
見られるかしら?

ここで、エピソードをひとつ。
つぼみちゃんの初日におやつを忘れて困っていたEさん、
お隣のお母さまがおやつを分けてくださったそうです
お礼をしようと思いながら、夏休みになり、夏休み中にEさんは、
お引越しが決まり、お礼ができないままお別れすることになり・・・・・
引越しの前日、Eさんが幼稚園に来ました。
「Kさんに渡していただけますか?」とお礼の品物を
置いていかれました。今日、Kさんにお渡ししました。
ドキドキしている時に声をかけて、おやつをわけてくれたこと、
心に残りますね。つぼみちゃんにはこんな出会いもあります。ステキ

次回は新聞紙で遊びます。
ビリビリ グシャグシャ 思い切り楽しみましょう




2011年09月07日

【河和田幼稚園】戦いの後・・・

7月のおとまり会で、
宿舎のスカイロッジのスタッフの方が
子ども達のために、カブトムシとクワガタを
たくさん捕っておいてくださいました。
そう、何匹かわからないくらいたくさんです。
けれど、年長さん全員に分けられるほどではありませんでしたので
夏休みの間、自由登園もあることですし、
幼稚園で飼うことにしました。

虫たちは、初めのうちこそ元気いっぱいで
飼育箱の中で力くらべをしたりしていましたが、
寿命もあるのか
少しずつ、数が減っていきました。

2学期になって、2日目の金曜日。
改めて、虫達と子ども達の出会いの場をセッティングしました。
実はこの時、カブトムシもクワガタも最後の1匹だったのです。
それぞれ飼育ケースから出してあげると
自然とレスリングするように、戦いだすのでした。カブトムシ1

正確に言うと
半分くらいは
まわりを取り囲んだ男の子達が
“ぼくがやる!”“ぼくだよ!”と
取り合いをしながら
“戦わせた”
といった感じだったかもしれません。



カブトムシ2こんな感じで熱狂していたのです。
まえにテレビで見た
中国の男達がコオロギを戦わせているのに
よく似た光景でした。
男子の血のには
年齢も地域も関係なく
こういう血が流れているのかしら、
と思いました。

とにかく、とても熱狂していました。

そして、月曜日です。
熱狂していた男の子のひとりが、
カブトムシもクワガタも、
どちらも力尽きているのを発見したのです。
「戦わせすぎちゃったからかな・・・」
彼は、申し訳なさそうに先生に伝えてきました。
「違うと思うけれど・・・土に埋めてあげたら」というと
「土にうめたら、生き返るの?」
「・・・・」
ほんとうに「ごめんね」と思う気持ちでいっぱいだったのでしょう。

その後、お庭に行って
先生と土に埋める時には、
「だっこさせてあげれば、いいよね」と
カブトムシとクワガタを抱き合わせて
埋めてあげたのでした。

夏が終わろうとしています。
セミの鳴き声がいつの間にか
ムシの鳴き声に変っています。




kawawadayochien at 20:33|この記事へのリンク 園だより 

2011年09月01日

【河和田幼稚園】ギアチェンジ★

きょうから、二学期が始まりました。
夏休み中 自由登園が10回あり、
予約していても5回目あたりから、様々な理由で欠席がふえます。
二学期に向けて、
おうちの方が上手に調整してくださることを願っておりましたが・・・
みんな、見事に照準をあわせ
ギアチェンジして幼稚園にきました。
だから、あいさつがとっても元気でした。
すきな遊びに さっと入って
どんどん ずんずん遊んでいました。
むしむしする天気の中、汗をかきかき遊んでいました。

ところで、はじめの会で夏休み前に約束した
,うちの人のいうことをよくきくこと。
△手伝いをすること。
A畤押α甬きをすること。
この3つの約束ができたかしら?と聞いてみました。
「は〜い」「できた〜」などと元気な声が聞こえてきましたので、
「そう、みんなえらいわね」と穏やかに話をしめくくることができました。

さて、はじめの会が終わって
ある女の子が私のところに
「園長先生にどうしても お話したい」とやってきました。
「なあに?」ときくと
「ほんとうは、おうちの人の言うこと少しきけなかったの・・・」
まあ、なんて正直なのでしょう。

「あ、そう・・・そういうことってあるよね。例えば“お風呂にはいりなさい”って
 言われたのに、入らなかったとか?」と聞くと
「ううん、ちがう」
「じゃぁ、どんなこと?」
「ひみつ」

ものの数分の会話でしたが、とっても楽しい時間でした。
子どもの素直なところがいっぱい感じられて、
この素直さに向き合って、仕事ができるシアワセを感じさせてもらいました。
あ〜、二学期もたのしみ たのしみ

ひょうたん1





kawawadayochien at 19:38|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事