2010年06月

2010年06月11日

【河和田幼稚園】アサガオのパパ・ママ

今日は少々暑かったですが、過ごしやすい一日でしたね。

ほし組は、みんなでパパ・ママになりました
赤ちゃんはアサガオ。昨日の遊ぶ時間に
「明日、お花の赤ちゃんをふかふかのベットに寝かせてあげようと思うの・・・お手伝いしてくれる人はいるかしら?」
と声をかけたところ、全員でベット作りのお手伝いが始まりました。
プランターへ土を一人一回ずつ砂場のシャベルで入れていきます。
中でもYくん、Tくん、Sちゃんは何度も「おかわりしたい!」と
最後までずっとベット作りに夢中でした。
最後に、お水をまいておわりました。
朝顔
そして今日いよいよ!アサガオの種を植えることに。
ほし組さんが半分ずつに分かれて2つのプランターに、ひとり一粒ずつ植えていきます。指でずぼっ!!と穴をあけて・・・種をいれたら土の布団をかけていきます。穴をあける時も、個性がでます。「このぐらいかな・・・?」「いっぱい力をいれるぞ!」しかし、土のお布団をかける時はみんな撫でるように優しい手つき。本当に赤ちゃんをいい子いい子するようです。

アサガオを植えたあと、「どんな色のアサガオが咲くかな?」と聞くと「ピンク」という声が多かったです。Kくんは「黒!」

朝顔1「きっとこ〜んなに大きくなるよ!!」
最後に大きくなあれとパワーを送って
種まきは終わりました。

一足先に種をまいた、たいよう組やつき組ではもう芽がでています。
それをみて女の子が感激しています。
「見て!!もう芽がでっちゃった!!」
目がキラキラ輝いてパワーが通じた!と本当に大喜びでした。
ほし組のアサガオの芽がでるのは、もう少し時間がかかりそうですが、
アサガオも信じる心も、大事に育てていきたいですね。

おまけすもう1
お部屋では男の子を中心に
じゃれ合いから、すもうに発展!!
観客席は満席状態!すばらしいスポーツマンシップに大歓声でした。



すもう2








kawawadayochien at 19:30|この記事へのリンク 園だより 

2010年06月10日

【つぼみちゃん】ずんずん ずんずん

今日はピンクのつぼみちゃんでした
早目に登園すると、おもちゃで遊ぶ時間がたっぷりとあります。
好きなおもちゃでたっぷり遊ぶと、ウォーミングアップに
なりますね

ひもとおしこちらは「ひも通し」という
おもちゃです。文字通り、
ひもに通して遊びます
何を通すかというと
手前の樽に入っている、
高さが3センチ程の
円柱、三角柱、四角柱です。
中心に穴が開いているので、
そこにひもを通していきます
指先に集中しないと、なかなかひもが通りません。
コツをつかむとどんどん通せるようになる、楽しいおもちゃです

さあ!今日は絵の具で遊びますよ。
先生:          「絵の具の色はきいろですよ。」
つぼみちゃん: 「バナナ!」
          「パイナップル!」
          「ちゅうい!」
先生:           「注意?・・・・・・・分った!信号の色のこと?
          そうね。信号機にもきいろがありますね

きいろ

どんどん描きます。
どんどん描きます。





あ!はみ出しちゃった。まっ、いっか!
あ!お洋服にも付いちゃった。ま、いっか!

青
今度は、青い絵の具も登場。

ずんずん描きます。
ずんずん描きます。








「アレ?車の形に見えるね。」
「カエルだ。ホラ!ぴょんぴょん飛んでいるみたい。」

お友達の様子を見て筆の持ち方を真似したり、
お友達と同じ模様を描いていたり、
集団ならではの姿が見られました

昨日の水色のつぼみちゃん達も個性が光ってステキでしたが、
今日のピンクのつぼみちゃん達もステキに仕上がりましたね
2色の絵の具が混ざり方がそれぞれ違って、
見ているだけで、ワクワクするような仕上がりでした

次回はお庭に飛び出しましょう
おたのしみに。



2010年06月09日

【河和田幼稚園】メジロオシなのだ!

ぼうが いっぽんあったとさ
はっぱかな? はっぱじゃないよ カエルだよ
カエルじゃないよ アヒルだよ
6がつ6かに あめザーザーふってきて・・・・・

こんな絵描き歌がありますが、6月6日はとってもいい天気でした。
そして、この日はオリエンテーリングをしました。
幼稚園の周辺の子どもの散歩コースを
子どもが お父さんやお母さんをリードして
4つのポイントを制覇して 幼稚園のゴールをめざします。

体操1ほら、こんなにいい天気で
出発前には、
みんなでヒザの屈伸やら
体の前屈・後屈やら
ジャンプやら
準備体操をして、
でかけました。

出発

 

行ってきま〜す。
グループごとに
コースを決めて出かけていきました。

約1時間、
なにげない自然の中を
ただ歩くだけなのですが、
心もカラダもふだんとは違う使い方で、たくさんの発見があったようです。


そして、一日(代休)おいて・・・・・・
火曜日は、遠足でした。
日曜日とは、ちょっとちがって、曇り空。
実は遠足は5月26日に予定されていたのですが、
とても風が強く中止になって、この6月8日になったのです。

待ちに待った遠足で、ひたち海浜公園にいきました。
あそこには、たまごの森があって<たまごのひるね>という
黄色くて、ふかふかで、でこぼこの遊具があり
そこでたくさんあそびました。


そして、今日は、またしても曇り空でしたが、
サツマイモの苗植えに、鯉淵学園に出かけました。
広い畑に、イモの苗を1本1本植えていきました。
鯉淵学園の木下さんに泥んこ遊びをさせてくださいと、
お願いしておいたら、畑の一畝ぶんを、
泥んこ遊び用に用意しておいてくださいました。
子ども達が、大喜びしたのはいうまでもありません。

それもつかの間、残念なことに雨が降り出し、
予定より少し早めにきりあげてきました。
にんじん


帰りに木下さんから、
おみやげをいただきました。
大根・にんじん・ごぼう、って思うでしょう。

正解は、白いにんじん、にんじん色のにんじん、そして、黄色いにんじんです。

このにんじんは、幼稚園でお留守番をしていた
うさぎのみかんに、お留守番のごほうびにあげました。
青々とした葉っぱがついた、おいしそうなにんじんでした。
“みかん、どのにんじんがおいしかった?”

さて、あしたは、みんなの好きな<体操のじかん>があります。
幼稚園は、たのしいことがめじろおし。



kawawadayochien at 19:58|この記事へのリンク 園だより 

【つぼみちゃん】じっくり じっくり

今日はみずいろのつぼみちゃんでした
「おはようございます。」先生の顔を見て元気に挨拶できます。
3回目になり、ずいぶん慣れてきましたね
おもちゃで遊ぶ姿にも、余裕が感じられるようになってきました

まずはボールで遊びました
「たまごをお隣へ渡していきますよ。」

お隣へ


「落とすと割れちゃう
から、気をつけてね。」
ゆっくり、
お友達の顔を見て、
一人で渡せました。
とても上手でしたね


さあ!今日は、おまちかね、絵の具遊びです

黄色2白い画用紙が黄色に染まり始めます。
「わぁ!」
あっという間に黄色の世界に引き込まれ、
つぼみちゃん達の目が輝き出しました


少しずつ、少しずつ慎重に絵の具を付ける子。
ダイナミックに塗り重ねる子。
白い画用紙を塗りつぶすようにどんどん筆をすすめる子。
直線、くねくね、てんてんてん・・・。

「青ちゃんも遊びに来ましたよ。一緒に遊ぼうって言ってるわよ
途中から青い絵の具も登場しました。画用紙の上で色が混ざると、
「あれ?みどり!」またまた目が輝いていました。

じっくり


じっくり。
じっくり。




集中してたっぷり遊び込める時間を大切にしていきたいですね。

できあがりは、とてもステキでした。
使った色は同じでも、みんな違って楽しいですね

次回も元気に来て下さい
おたのしみに。






2010年06月06日

【河和田幼稚園】留学生

去年、お父さんが名古屋に転勤になったため
残念ながら、年中の途中で引っ越していったK君。
どうしているかしら、と思い出していたら
1週間くらい前に「K君が来ます」という情報が入りました。

それで6月4日に来たのです!
この日は6月生まれの子の誕生会でした。
そうしたら、なんとK君は6月生まれということで、
ほかの6月生まれの子と一緒にステージにあがりました。名古屋から

インタビューをうけて
ちょっと、照れています。
K君もうれしかったでしょうが、
同じ年長の子達の喜びようといったら
なかったですね。
わがことのように、力が入っていました。


K君が転園した頃は、仮設園舎でしたから
お母さまから「園の中をみせてください」とのご要望があり、
ご案内いたしました。
ご案内しながら、いろいろお話しました。
「口ではうまく言えないんですけど、ここ(河和田幼稚園)は何かがちがうんですよね・・・。ホッとするんですよね」とのこと。
うれしい言葉でした。
私も、幼稚園のこと一言で言えないのです。
だから見学にいらした方には、ついついいろんな話をしてしまいます。
その全部が、それ以上のいろいろが河和田幼稚園です。
子ども達がにぎやかに生活し、お母さま方・お父さま方が、
こんなに足を運んでくださって、それを一言で言うなんて
ほんとにムリ。
“雰囲気”というのは、たくさんの人によって作られていると思います。

そんな会話をしている間、K君は地球クラブで遊んでいました。
K君いわく「あ〜、何だかずっとここにいたくなっちゃったな」
そして、なごり惜しくも帰っていったのですが、
角を曲がったK君、行ったかと思うとまた顔を出し、行ったかと思うと
また顔を出し・・・・・・と5,6回繰り返して帰っていきました。

名古屋は遠いけど、よかったら、また来てね




kawawadayochien at 19:21|この記事へのリンク 園だより 

2010年06月03日

【つぼみちゃん】音楽でニコニコ。

今日はオレンジのつぼみちゃんの第2回目でした。
お休みの子はいませんでした
他のグループから飛入り参加した子も2人いたので、にぎやかで
楽しいリトミックとなりました

生田先生の手の中からオレンジ色の丸いものでてきました。
「これは何でしょう?オレンジ色で、皮をむいて食べる果物です。」
「みかん!」
みかんは冬の果物ですが、お花は今頃咲くのです
きれいな白い花を咲かせるそうです。

タンブリンみかんの花が
咲いている
歌に合わせてタンブリンを
たたきます。
お母さんと代わりばんこに
たたいているうちに、
自然に4拍のリズムが
きざめました

向かい合うお母さんと目が合ってにっこり。リズムがピタリと合うと
気持ちがいいですね

音楽に合わせて歩いていくと、池がありましたよ

お池
お池のまわりに
野バラが咲いたよ
ブンブンブン
みんなミツバチに変身しました。
バラの花に手を伸ばす子も
いましたね


幼稚園のお庭のバラも、今ちょうど見ごろをむかえています。
つぼみちゃん達も、是非ご覧くださいね

こぶじいさん

最後に「ひげじいさん」を
歌いました。写真は
こぶじいさんになっている
様子です。
先生の顔をジッと見つめて
みんな真剣です。
真似をすることが上手に
なってきましたね

ちょうちょがひらひら飛んでくると、自分の手を思わずお花の形にして、
とまりに来るのを待っているつぼみちゃん
自然に心が動き、自然に表現している姿がとてもステキでした

次回もおたのしみに



【河和田幼稚園】大きくなったら・・・。

突然ですが、みなさんは小さい頃の夢を覚えていますか?
今日は、うれしくなるような子どもの夢を聞いたのでお伝えしますね

年長のMちゃんと、Yちゃんがなにやら話しをしています

Mちゃん「ねぇ、ねぇ〜。Yちゃんは、大きくなったら何になるの?」
Yちゃん「・・・。」

Mちゃん「私はね、バレエやる人になりたいんだ
Yちゃん「・・・。」

何も言わないYちゃん。
聞いている保育者も何だか気になり、会話に入ってしまいました。

保育者「Mちゃん、素敵な夢をもっているのねきっとなれると思うわ
    Yちゃんは、大きくなったら何になりたいのかしら?」

Yちゃん「・・・赤ちゃん」

Mちゃん「赤ちゃん?Yちゃんは赤ちゃんになりたいの?」
Yちゃん「うん」

保育者「Yちゃんは、赤ちゃんになりたいのね何で赤ちゃんがいいって     思うのかしら?」
Yちゃん「・・・。だって、大きくなったら小学校に行くでしょう?私、幼稚園生がいいもん
Mちゃん「そうなんだ〜うん、分かる、分かる!」

保育者「じゃあさ、赤ちゃんになって何をするのかしら?」

Yちゃん「・・・。大きくなったらね、赤ちゃんになって、またこの幼稚園にくるの

満面の笑みで答えたYちゃん。
幼稚園大好き!というYちゃんの気持ちが、ずしんと伝わってきました。
私たち保育者には、本当に嬉しい言葉です

子どもは、たくさんの可能性を持っていて、そのくせ素朴な夢ももっているものですね。大人は、子どもがいろいろな夢を描けるよう、ステキな環境を用意してあげたいと思います。
Yちゃん、これからも夢をたくさん見つけていこうね



kawawadayochien at 07:54|この記事へのリンク 園だより 

2010年06月02日

【河和田幼稚園】キラキラ・ピカピカがいっぱい!

6月といえば暦の上では、もう初夏です。お日さまの日差しはキラキラと輝いて見えます

延期になった遠足の日だけが雨だったなんてちょっぴり残念でしたが、来週の予報はマークが続いています。今度こそ皆で遠足に出かけられそうですね

まぶしいお日さまの日差しの下子どもたちは園庭1今日も元気いっぱい園庭を駆け回ったり、泥だんごを作ったり楽しそう

広い園庭の片隅で小さな輪を作って黙々と泥だんごを作る姿は、真剣そのもの。時間をかけて、それぞれが思いをこめて作るのですからピカピカに完成したあかつきには大切な宝物になること間違いなしです。



ばら2 そして園庭の白い柵の前で大輪の花を咲かせているのは、旧園舎の中庭でも見る人をたくさん楽しませてくれていたバラです。

 昨年は、園舎建て替えで何度か移植したにもかかわらず、こんなに大きく立派に咲いてくれて・・・本当に嬉しいです

 一昨年の秋のブログで<天高くバラ香る秋>とお伝えしましたがバラは1年に3度も花を楽しませてくれるのです。
目に青葉・・・の季節、ギラギラ太陽が照りつける夏、そして秋

元気な子どもたちには負けられないとばら1ばかりに次々と大輪を咲かせています。
花びら1枚1枚が輝いています

どうぞ園庭にいらしたらご覧ください。



kawawadayochien at 15:45|この記事へのリンク 園だより 

【つぼみちゃん】幼稚園生になっちゃった!

今日はきみどりのつぼみちゃんの日でした。
爽やかな青空の下、元気に登園です
靴を脱ぎながらもつぼみちゃんの目はおへやの中を見つめています
「今日は何をして遊ぶのかな・・・」と興味津々

みんなでごあいさつをした後、さっそく、ちょうちょに変身しました。
ひらひら飛んで遊んでいると生田先生がやってきました
「まあ!みんなの指にとまっているのは誰かしら?」
「ちょうちょだよ。」
「それではみんなでちょうちょの歌を歌いましょう。」

次は色とりどりのスカーフが登場しました。
クシュクシュッとやさしく丸めて手の中で広げると・・・

お花
ほら!
お花が咲きます
ピンク・黄色・オレンジ
お母さんの手の中の
お花、きれいでしたね



お花に鼻を近づけて「いいにお〜い。」とお話している
つぼみちゃんもいました

音楽に合わせてスキップしたり走ったり、ゆったりゆったり歩いていると、池がありました。水の流れる音が聞こえてきましたよ
川が流れていて、水車もありました。

リボン
「森の水車」という曲に合わせて
リボンを回します。
上手にリズムにのれましたね





そっと手を添えたり、目を合わせて一緒にリズムをきざんだり、
お母さま方のちょっとした言葉や動作に助けられて、
つぼみちゃん達は思い切り楽しむことができます

タンブリンも鈴も、先生のところに一人で取りにきたり
お片付けもお母さんから離れて一人でできました
「みんな、幼稚園生みたいね」つぼみちゃんのりっぱな姿に、
生田先生もびっくりです。

またきなこここは、つぼみちゃんのおへやの
入り口です。
「一人ではけるよ
できることが増えると嬉しいですね。
そして、お友達の姿に刺激を受けることも
集団の良いところです



次回もたくさん楽しみましょう。



月ごと過去記事