2010年05月

2010年05月29日

【河和田幼稚園】お天気しだい

4月の頃を思い出してみると、なかなか温かくならず、
サクラの開花も遅れぎみでした。
そして、連休では行楽日和のぽかぽか陽気で、
この調子で、いつもの春らしい日々になるのかと期待しました。

先週は暖かい日もありました。水遊び

子ども達ははだかん坊になって
こんな風に
小さいプールを出してあげると
大よろこびで
水遊びをしました。


泥パック1

うれしさのあまり、
地面にうつぶせになって、
砂風呂よろしく、気持ちよさそうにしているのはR君です。
工事の打ち合わせに来ていたおじさんも
ニコニコ見ていました。

泥パック3

 

R君につられて、1人2人と
砂風呂ごっこを楽しむ子が
ふえていきました。



虫とり

こんな日は、木陰もいっそううれしいものです。
幼稚園のシンボルツリーとも言える
サクラも青々とした葉っぱにおおわれて
大きな木陰をつくってくれます。
たくさんの虫達が生息しているので、サクラのまわりではいろんな発見があります。

そして、今週の26日はお楽しみの親子遠足だったので、
どのクラスもテルテル坊主をつくって「明日天気にしておくれ〜」と
お願いしたのですが・・・・・・
天気予報どおり、曇天で寒い風がふいていて、中止となりました。

すると、翌日は朝こそ肌寒かったのですが、
ぐんぐん日差しが強くなって、
そう、翌々日だって朝から強い日差しだったですよね。
遠足の日だけ、どんよりとして・・・ほんと残念だった。

来週は6月になるけれど、楽しい行事がいろいろあって、
遠足も6月になったから、お出かけが続きます。
どうぞ、天の神様、お出かけの日はお日様の出番にしてください
その他の日は、雨でもいいですから

人間の生活は、天気しだいということが、たくさんありますね。
わがまま言わずに、お天気にそって暮らしていきましょう。



kawawadayochien at 17:10|この記事へのリンク 園だより 

2010年05月27日

【つぼみちゃん】ミツバチ対スズメバチ

今日のつぼみちゃんはピンクのグループ
写真に写っているパネルにみんなの名札がかかっています。

名札
弟ちゃん・妹ちゃんと
一緒に登園する
つぼみちゃんもいますよ






みんなでダンスを踊っていると生田先生がおへやに遊びにきました
今日はリトミックの日。
早速ピアノの音に合わせて「ちょうちょ」を歌いました

つぼみちゃんの手にとまっているのはちょうちょです。
ひらひら動くのですピアノの音に合わせてちょうちょは飛びました

ちょうちょ高い音が聞こえてきたら
高〜いところを飛びましょう。
低い音が聞こえてきたら
低〜いところ。
曲のテンポがゆっくりの時はゆっくり。
速くなったら、かけ足になりますよ。


遊んでいるうちに、
ピアノの音の高低や速さが自然に耳にはいっていきます

赤いお花にとまれと生田先生が歌うと、
つぼみちゃん達はキョロキョロ辺りを見回します。
あった!赤いお花を見つけてとまります
黄色いお花やピンクのお花にもとまりました。
最後はお母さんの頭にとまって、にっこり笑顔になりまりました

次はミツバチに変身です。お池のまわりを
ぶんぶんぶんハチがとぶと楽しく飛んでいると、
ブーンブーン・・・大きな音が聞こえてきました。

ハチ!
あ!スズメバチ!
大きな怖いスズメバチが
飛んできたのです
みんなのおしりのハリで
追い払いましょう


「えい!えい!ちく!ちく!」勇敢に立ち向かうつぼみちゃん達でした


次回も元気に来てねおまちしています。










2010年05月26日

【つぼみちゃん】音の魔法!

今日はみずいろのつぼみちゃんの日でした
おへやに入ったらまずは名札を付けます。
そしてリンゴシールを貼ります
お母さま方の力作の出席カードに、リンゴがふたつになりました。

さて、かわいいちょうちょを指につけ、ひらひら飛ばせながら「ちょうちょ」の歌を歌っていると・・・
「まあ!ここはお花畑なのかしら?」と不思議そうにおへやに入ってきたのは? 生田先生です
そう!今日はリトミックの日です。

ピアノの音に合わせて歩いていくと、池がありました。
お池のまわりに野ばらが咲いたよ
ちょっとドキドキしていた子もアラ不思議!
ピアノの音の魔法にかかって、動きだしました

めだか
もっと歩いていくと川も流れていました
そーっとのぞいてみてごらん
あ!メダカが泳いでるよ
歌詞に合わせて、
身を乗り出しのぞきこむつぼみちゃんもいましたよ


リボン 次はリズムに合わせてリボンを
回しました。

上手にリズムに乗っている子。
生田先生をジッと見つめる子。
とにかくくるくる回して楽しんでいる子。
それぞれの表現が見られ、
楽しいですね




あんころもち帰りは毎回、
「さよなら あんころもち またきなこ」
と歌っています。
先生と手をつないで歌うと、目をしっかり見てごあいさつできます

歌の途中でなぜかお母さんの顔をチラッと振り返るつぼみちゃん。

先生と1対1でちょっと恥ずかしいなぁ・・・というような笑顔です

今日のおみやげは、ひらひらちょうちょです。
このちょうちょは軟らかい薄い紙を、ちょうちょの形に切り抜いて
作ってあります。繊細な雰囲気を感じとってくれたのでしょう。
つぼみちゃん達は、そおっとやさしく受け取ってくれました
ステキな姿でしたね
 
次回もおたのしみに







2010年05月22日

【河和田幼稚園】ホットケーキと                           チョコレートケーキ

今日の自由登園後の地球クラブには、小学生が2人遊びに来ました
幼稚園生のお兄ちゃんとお姉ちゃんです。


おへやで遊んでいると、園庭にコンクリートミキサー車が
入ってきました早速みんなで工事見学

工事見学
ほし組のテラスの前に
セメントが流し込まれて
いきます





Hくん:   「うわぁ〜ホットケーキだ!」
Mくん:   「あ!工事のおじさん指で触っちゃった!」
Rちゃん:  「固まっちゃ〜う。」
       「カチンコチンになったらどうする〜キャ〜。」

クレーン車

こちらは
コンクリートミキサー車を
見学中のTくん。
右手にご注目





Tくん:  「みて。これ。ぼくのクレーン車。」
先生:  「Tくんのクレーン車は何を持ち上げるの?」
Tくん:  「ケーキ。お姉ちゃんのケーキを持ち上げるの。」
先生:  「ステキね。何味のケーキなの?」   
Tくん:  「チョコレートの味だよ。」


かみしばい帰りはお兄ちゃんが紙芝居を読んでくれました

ありがとう。
また遊びにきてね



kawawadayochien at 15:54|この記事へのリンク 園だより 

2010年05月20日

【つぼみちゃん】はじめまして。                 オレンジのつぼみちゃん。

今日はオレンジのつぼみちゃんの初日でした。
ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷランランラン
あいにくの雨模様でしたが
初めてのおへやにもつぼみちゃん達はニコニコ笑顔で入ってきて
すぐにおもちゃで遊び始めました

これはリモーザというおもちゃで遊んでいるところです。
リモーザ
つぼみちゃんに大人気です
穴が開いている白いプレートに、
小さなプラスチックの丸いピースを
パチンとはめていくのです。
ピースにはきれいな色がついている
ので、モザイク画のような模様が
できあがります。
ひとつはめるともうひとつ。
不思議と手が止まりません。

「できたよ。」先生にリモーザを差し出すつぼみちゃんがいました。
なんと全てのピースをはめて完成させたのです

のこった つき組さんに遊びにいくと、
「はっけよ〜い、のこった
年長さん達がおすもうを
とっていました。
最後のいちばんは
男の子対女の子
白熱した取り組みに、つぼみちゃんも釘付けでした


ねずみ
帰りの会では絵本を
読みました
絵本の影から赤い箱が
出てきたよ。
中から「チュウ。チュウ。」



ねずみちゃんが出てきてびっくりお母さま方もびっくり
目をぱちくりさせる子
あっと声をあげる子
思わず口に手をあてる子
なんて、かわいらしいのでしょう

お母さま方に作って頂いていたのはこちらでした。

りんごのき?
出席カードです。
どれも<リンゴの木>
なのですが、それぞれに
個性豊かで、並べてみると
楽しくなりますね



今日はリンゴがひとつ。今度来たときにはまたひとつ。
どんどんリンゴが増えていきます

次回はリトミックです。おたのしみに



2010年05月19日

【つぼみちゃん】はじめまして。                 きみどりのつぼみちゃん。

今日はきみどりのつぼみちゃんが初日をむかえました
「こんにちは。」
おへやの入り口でごあいさつをしたら、名札をつけましょう。
自分の胸についたピンクの名札を見つめて、つぼみちゃんは
ニッコリ嬉しそうでした。

幼稚園にはいろいろなおへやがあります。
今日はお母さんと手をつないで、幼稚園の中をおさんぽしました

おさんぽ

テラスは
 ●つぼみちゃんのへや
 ●つき
 ●たいよう
 ●ほし
4つのおへやをつないで
います。


テラスで金魚さんにも会いましたね
金魚達は大きな水槽の中にいました。
つぼみちゃん達は身を乗り出して覗き込んでいました

☆組
これは
レール&トレインです。
木製の線路と電車の
おもちゃです
つぼみちゃんにも幼稚園生
にも人気のおもちゃです。


おさんぽから帰ってきたら、おやつの時間です
お茶を飲みながら、お母さま方には出席カードを作っていただきました。
「苦手なのよね。」
「むずかしい・・・。」
と言いながらも、皆さん真剣です
お母さんが作ってくれたカードが、一番嬉しいね
個性豊かなカードに仕上がりました

ちょきちょきおやつの時間、
お弁当箱を開けると
クッキーが入っていました。

「え?手作りですか?
すご〜い。」
お母さま同士のおしゃべりも
も楽しい時間ですね



次回はリトミックです。
音楽に合わせて歌ったり、ダンスをしたり、楽器でリズムをきざんだり。
体を思い切り動かして楽しみましょう



【河和田幼稚園】魔法の指!


昨日、幼稚園の男子の中では”こま回し”が流行っているとお伝えしましたが、このブームは年長さんだけではありません。
年少さんの中にもマイブームとして秘かに日々練習している子がいるのです。

年少のK君は事務室にいろいろな種類のこまがあるのを、発見し毎日自由あそびの時間になると「失礼しま〜す」とニコニコ顔で入ってくるのです。

たくさんあるこまの中に逆立ちごまという心棒を持って回すと、だんだん逆立ちこま傾いて逆さになって回る大人が回しても楽しくなってしまう不思議なこまがあるのです。
ある日、そのこまをまわすと、K君があまりに不思議な顔をしてみつめるので、
「魔法をかけると逆立ちするよ・・・ホッ」と人差し指を差し出すと、すっかりK君は逆立ちこまの虜になってしまいました。



逆立ちこま1それからというものK君はこまをまわすと「ホッ」と魔法をかけるのです。その表情の可愛いこと

指先に力がないと、こまは回ってもなかなか逆立ちするのは難しいのです。

年長さんがスタジアムならば、K君は事務室の片隅で、練習場と名づけ、コツコツとそして小声で「ホッ」と人差し指を差し出して練習しているのです。

そして先ほど、「見て見て」と声がするので見てみるとこまが逆立ちしていたのです思わず抱き合ってしまいました。
達成感ある顔は輝いていました

しばらくすると、「年長のA君にもらった」と
キャップこま(ペットボトルの蓋を利用したこま)を見せにきました。

<こま>は<独楽>と書きますが、K君は今、大好きなお母さまから離れて、ひとりで楽しむ時間が持てるようになり、独楽に夢中になっているわけです。こまの魅力はすごいですね

 



kawawadayochien at 11:02|この記事へのリンク 園だより 

2010年05月18日

【河和田幼稚園】スタジアムで遊ぼう!

新しい園舎の子どものたまり場のひとつは、廊下にある天窓の下です。
その中でも、事務室の前の天窓の下には、
その名も<雲>という大人の目線くらいまで登れる遊具が置いてあり、
いろんな子ども達が登りにきます。

きょうは、年長の男子が4人くらい登っていました。
こまスタジアム1
一番上の段は75×75cmくらいのせまい所なのですが、すし詰めになって
何だか熱中しています。

関係者なら、
ここ半年くらいの河和田幼稚園の男子の
興味の対象は何だか分るでしょう。


それは<キャップこま>です。
これが流行っているのは、河和田幼稚園だけなのでしょうか?
ペットボトルのキャップの中心に穴をあけて、
そこに爪楊枝などをさして作ったコマです。
初期は、ひたすらその数量を競うがごとく、
おびただしい数のコマを所有している男子がいました。
そして「コマには持続力と破壊力とスピードが必要なんだ」などと
まるで研究者のような口ぶりで熱く語る男子もいました。

年度が変わって、途切れるかと思いきや とんでもない!
エスカレートの一途をたどり、今ではキャップにとどまらず、
木片やら、アイスクリームなどの容器の蓋とか(もちろん四角いのもあり)
サインペンで色をつけたり・・・・。

そしてきょう<雲>の上で熱中していたのは、
<キャップこまスタジアム>での戦いでした。
こまスタジアム2
これがその<スタジアム>です。
キャップこまの発案者といわれている
R君いわく
「ボクんちでお昼に食べたスパゲッティのお皿なんだ」という茶色の土台の上に
ゴマプリンでも入っていたような黒いプラスティックカップが伏せていあり、さらに2段のプラスティックカップが積み重なって、
このカップの中に勢いをつけて回っているコマを投げ入れるのです。
さらに次のコマを投げ入れて
どちらがはじかれるか!というように競うのです。
また、写真ではお皿の中に黄緑色のドレッシングか何かのキャップが入っていますが
なんとこのキャップをカップの中心に入れてそこにコマを投げ入れる
想像できないような楽しみ方もあるのです。

発案者のR君は、世の中のすべてをコマ化して、廻してやろうって
思っているようなんですね。
ですから、コマあそびは今後も持続・発展していくことでしょう。
たのしみですね。

 



kawawadayochien at 19:10|この記事へのリンク 園だより 

2010年05月13日

【つぼみちゃん】はじめまして。                 ピンクのつぼみちゃん。

ピンクのつぼみちゃんも初日をむかえました

おへやの入り口で「こんにちは」と声をかけると、
ちょっぴり恥ずかしくなってお母さんの後ろに隠れるつぼみちゃん
でもおもちゃで遊びはじめるとニコニコ笑顔になり、先生となかよく
お話ししました

ぎっちらこ
こちらの写真は
お母さんが舟になり、
つぼみちゃんがギッチラコ
と漕いでいるところです




「後ろからワニが追いかけてきました!」
「さあ!スピードをあげるわよ!」
こんな時に必要なのは、先生もお母さんも演技力です
歌もダンスも手遊びも、お母さんが楽しんでいると、つぼみちゃん
も安心して楽しめるようです
お母さま方のかけ声が大きかったので、つぼみちゃん達の気分も
のってきて、最後はキャーキャー笑い声がひびいていました
おうちでも歌ってみてくださいね


粘土
ほし組に遊びに行くと、
だあれもいませんでした。
今日はすばらしいお天気
お庭が大好きなほし組さんは
みんな、お庭に飛び出していったようです
これは、ラッキー
貸切りにして
粘土遊びをしました





体操毎週木曜日、幼稚園生には
<体操のじかん>があります。
ゆうぎ室をのぞいてみると・・・ホラホラ!
幼稚園生は先生と同じポーズで
体操していました
つぼみちゃん達は目をキラキラさせて
じっと見つめていました



ピンクのつぼみちゃんの次回は、リトミックです。
大人も子どもも、音楽三昧の一日にしましょう
おたのしみに







2010年05月12日

【河和田幼稚園】流石!

子ども達は、遊びの天才
そんな言葉は、よく耳にしますし、まさにその通りですよね。
今日は、あらためて「流石!」と思うことがあったので、紹介しますね

事の発端は、昨日の職員同士の会話からでした。
年少のほし組の担任からこんな話を聞いたのです
「うちのクラスのMちゃんが、トムソーヤのお家から?こびと?の声が聞こえるって言うんです。」

話を聞くとMちゃんいわく、ピンクのこびとがコップの中で「助けて〜」と叫んでいるそう
こんなおもしろい話、子どもに話さずにはいられません

さっそく今日の朝の会でつき組の子ども達に紹介すると、R君が一言。

「じゃあ、あれも?こびと?の声だったのかぁ…。」

その意味深な発言をキッカケに、クラスからは「俺も見た!」「声を聞いたことがある!」との証言が!

そして次第に、どうしたらこびとに会えるか話合いが始まります
「静かに歩いていかないと逃げちゃうよ。」と、R君。

「ジャンプとかしたらダメだよね」と言うのはW君。

極めつけはK君の一言。
「信じるって思うなら、会えると思う。」・・・さすがは年長さんですね

ここまで言われたら、その後の予定を変更してでも会いにいかなければいきませんよね
小雨の降る中、トムソーヤのお家に、こびと探しです
トムソーヤ

最初の頃こそ「いない」と嘆いていましたが、そこが「流石」なのです!

いきなり両手にコップを持ち、重さを測りだすSちゃん。
何かと思えば、
「こっちの方が重いから、きっと?こびと?が入っているんだよ!」

そして(エアー)こびとを、コップからつまみ出し、丁寧に机に座らせて・・・ご飯を作ってあげはじめます


片や、3Fの覗き窓から顔を出すSちゃんを見て、
「・・・!僕、初めてこびと見ちゃった」と感動するK君。こびと

最終的には、こびとに出てきてもらうべく、ごちそうを作るという作戦!?まで出るのですから、おもしろいですよね。ごはん

1時間30分もの時間こびと探しに夢中になり、片づけをして部屋に戻る時になって、何やらHちゃんがブツブツ言っています。

「私のお家にはね、〇〇っていう人形がいるのよ。一緒に遊びたいでしょう?たくさん遊んでもいいけど、夜はダメなのよ。眠らなくちゃいけないからね。分った?」

そう言うと、手にいる?こびと?をポケットに入れて・・・。
どうやら、お家に連れて帰ったようです

Sちゃんは、よほど楽しかったのでしょう。その後の、地球クラブでこびとの絵を描いていたそうですよ
こびとの絵

子どもって、本当におもしろいですよね。

さすが!子ども!
さすが!かわわだっ子!というお話でした。



kawawadayochien at 18:02|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事