2009年11月

2009年11月26日

【河和田幼稚園】ひさしぶり!

つき組のHちゃん、
11月2日に大きな手術をしました。
そのために10月19日から幼稚園を休み、
万全の体調で手術にのぞんだのです。
手術は成功して、腰から足までギブスで固定して
療養に励んでいます。

Hちゃんは、すごいなぁと思います。
なぜなら手術を受けることはもちろんですが、
ギブスで固定されて、うつぶせのまま動きを制約され
“忍耐”を要する日々を送っているからです。
わずか4歳で“忍耐”を学んでいるとは!

ひなたちゃん今日は、そのHちゃんが久しぶりに
幼稚園に来ました。
子ども達には予告してあったので
たいへんな歓迎ぶりです。

バギーに乗ったHちゃんが
前に進めないくらいです。


つき組

お部屋に着くと
年中さんは「手のひらを太陽に」を歌い、Hちゃんに聞いてもらいました。

「Hちゃん、歌を聞いてくれてありがとう」
というとHちゃんからは
「たくさんお手紙ありがとう」
と以前、渡した手紙のお礼がありました。

1時間足らずの再会でしたが、とても充実した時間でした。
お母さまから「自分から「『幼稚園に帰ったら・・・』という言葉が出てきて
成長を感じてます」とのお話がありました。
忍耐の生活の中で、Hちゃんの心の成長を感じるお話しでした。

みんな、どの子も成長します。
しっかりはった根っこから、じっくり時間をかけて育つよう
子どもを見守り、導いてあげたいものです。



kawawadayochien at 18:33|この記事へのリンク 園だより 

【河和田幼稚園】壁の塗装が終わりました

11月は、けっこう雨の日があり
そんな日は工事の方はたいへんです。
けれども、屋根はとうにできているので、
配線・配管工事や室内のボード張りは着々と進んでいました。

そして、先週末からは外壁の塗装が始まり
お天気とにらめっこしながら、軽快なスピードで作業が進んで
(雨も降りましたけれど、まさに秋晴れにめぐまれて)
今日は最終的な2度目の塗装が終了となりました。新園舎

職人さんが集中して作業をしている姿は
見ごたえがあります。
カッコイイ
そんな姿を子ども達にも見せたくて
お庭で遊んでいた子を何人か集めて
壁塗り作業を見学しました。


作業のために組まれていた足場ですが、
午後からは、これまた手際よく解体されていきました。
ですから、新かわわだ幼稚園園舎の全貌がながめられる
そんな歴史的(おおげさな!)日となりました。

そうそう、ここ1週間で、
現場の所長さんが撮影してくださった工事現場のビデオを
子ども達に見せました。

場面が変わるたびに「ここは、なんのお部屋?」
金属を切断している場面では
「おじさん達はいつもこんな所で働いているんだね」
などなど、一つ一つに感動する子ども達でした。

子どもには、いろいろな経験をさせたいと思います。
中でも働く人の姿は折に触れ見せてあげたいものです。



kawawadayochien at 17:49|この記事へのリンク 園だより 

【つぼみちゃん】レッツタイム!

今日はオレンジのつぼみちゃんでした。
オレンジのつぼみちゃんもマラカスを作りました


マラカス 
ご覧ください!
とてもカラフルに仕上上がりました。
すてきでしょう





お母さんと一緒に、好きな色のシールを選びハサミで切ります。
文字通り十人十色。
ハートマーク・水玉・お魚・・・楽しい模様がたくさんついています。
赤と緑の2色でクリスマスカラーのマラカスを作った子もいましたよ


早速みんなでダンスをしました。音楽に合わせてお手製のマラカスを振ります「ストップ!」先生の声に真剣な表情で手を止めるつぼみちゃん。

ポーズ 
最後はポーズ
ピタリと決まってかっこよかったね






さあ今日はお天気が良かったので園庭に飛び出しました
幼稚園生たちとダンスをしたり、かけっこをしました。
まずは年少さんのかけっこです。風をきって一生懸命走ります
次はつぼみちゃんの番ですよ!
つぼみちゃんも年少さんのようにトラックを走りました
「がんばれー」お兄ちゃんお姉ちゃん達の声援をうけて、力いっぱい走りました。
一人で走りきった子も、お母さんと一緒に走った子も、風をきって
気持ちよさそうでした。思い切り走ると楽しいね

あれ?テラスにおいしそうなおにぎりが置いてありますよ
さあ!おにぎりを取りに行って、お母さんのところまで戻ってきてね。
(玉入れの白玉に黒いガムテープを貼ったものがおにぎりです!)

おにぎり

「お母さん。はい。どうぞ。」

「ありがとう。」



最後に走ったのは年長さんです。
つぼみちゃん達の目の前をすごいスピードで走り抜けていきます
さすがに迫力がありましたね
つぼみちゃん達の目を釘付けにしていました


次回はおいしいオヤツを作ります。
楽しみですね



2009年11月25日

【つぼみちゃん】川を越えて!山を越えて!

今日はきみどりのつぼみちゃんでした。
「おはようございます。」と元気なごあいさつ

さっそくマラカスを作りました。
このマラカスは、トイレットペーパーの芯の両端をホッチキスで止めて作ります。好きな色のカラーシールを選んで、お母さんにお花や星の形に切り抜いてもらって貼っていくと・・・とってもカラフルなマラカスのできあがり
ステキな楽器になったので、1人ずつみんなの前で紹介しました。
お母さま方やお友達から拍手をうけて、つぼみちゃん達の顔は誇らしげに輝いていましたね

次にマット・跳び箱・平均台を使って遊びました。
まずは赤ちゃんになってハイハイ競争です
先生の「ヨーイドン!」の声で、向こう側で待っているお母さんを
目指します。お母さんの手にタッチしたら帰ってきますよ
次は平均台が出てきました。さあ、この平均台の下をくぐります
先生の方をジッと見つめ合図を待っているつぼみちゃん。
やる気満々です

エンピツ 
マットの上ではエンピツに
変身して、ころころころ・・・

先生の手がなくても1人で回れましたね。すばらしい




山!川!マットとマットの間にすき間があります。
「ここは川ですよ
落ちないようにジャンプで
飛び越えましょう。」
川を越えるとお山があります
みんな果敢によじ登り
てっぺん制覇



お母さんがいなくてもお友達の後ろに並び、
順番を守れるようになりました。
先に挑戦しているお友達の様子も見つめています
友だちと一緒に同じ時間を過ごしたことで、
共に遊ぶことの楽しさを感じているのでしょう

トンネル
最後は
お母さんトンネルです
お母さん達のおひざの上をハイハイで越えていきます
デコボコしていてト楽しかったね


お母さま方がご自分のお子さん以外の子にもお名前を呼んで話しかけて下さいます。
それがつぼみちゃんの温かい雰囲気を作っているのですね
お友達・お友達のお母さん・幼稚園生・先生
たくさんの人たちと関わることでつぼみちゃん達の世界が広がっていきますね

次回は最終回です。
おいしいおいしい、おやつを作ります
おたのしみに。

 



2009年11月21日

【河和田幼稚園】ほかほかの一日

今週水曜日、18日に念願のサツマイモ掘りに行きました。
17日には、かなりの雨が降っていましたから
18日の実施は無理・・・と思っておりました。

ところが、18日は朝から晴れており、
たとえ昨日がどしゃ降りでも、こんな日にやらなかったら
子ども達は納得できないに違いない、と思い
畑の土で泥んこになっても「これまたいい経験だわ」と出かけました。

バスをチャーターし、2便に分けて出発しました。これから掘るよ

あぁ、なんと美しい風景でしょう。
イチョウが黄色く色づいています。
(この写真には写っていませんが
鯉淵学園の入口には白やピンクの
サザンカの花だって咲いているのですよ)

予め、ツルを刈り取ってくださって
ありましたので、早速始まりました。
心配された土の状態も、気にするほどではなく、
というより、子ども達は土の中から、次々顔を出すサツマイモの虜です。
ひとしきり掘り、土を触っていると、ついついいつもの癖で、
泥だんごづくりにはまる子もおりました。

夢中で掘っていると、あらあら、なんだか美味しいにおいが〜〜〜

そうです!今年のイモ掘りでは
鯉淵学園の先生達のご協力のもと
焼きイモをその場でいただけるようになったのです。
おいしそ〜う
ほら、こんなにおいしそうな
焼きイモなんですよ

子ども達がイモ掘りしている間に
おいしく焼いてくれたのは
料理委員のお母さま方です。


わぁ焼いも!

天気は上々

こんな日差しの中、
ゆらゆらと煙があがり、
おいしいにおいがあたり一面をおおい、
子どもの歓声と笑顔がいっぱい
お母さま方も、先生達も
笑顔がいっぱい

なんて、しあわせな光景でしょう。
こころもカラダも、ぽかぽかしてくるような
たのしいイモ掘りでした。

ちなみにこの焼きイモに使った落ち葉は、
鯉淵学園では堆肥用の落ち葉で、貴重な落ち葉だそうです。
それから、煙があがることも、今の世の中いろいろご注意がありますから
この焼イモは貴重な体験になりました。

自然の恵みにも、いろいろな方たちのお力添えにも
感謝します。
ありがとう













kawawadayochien at 16:45|この記事へのリンク 園だより 

2009年11月19日

【河和田幼稚園】夢が叶った日

夢を語ることはたのしい。
小さい夢から、大きい夢まで、子ども達と夢を語ると本当におもしろい。
さて、先日、ある夢が叶った瞬間に立ちあいました。
紀元前?
いきなり、現実的な写真ですが、
その夢には、これが関係しているのです
皆さん、一体どんなことを想像するでしょうか?


先日、子ども達が一生懸命、土掘りをしていました
幼稚園では、よくある光景です
しかし、掘っているのは砂場ではなく、掘っているのは年長の子ども達。
いつもと違うところを掘っている!、しっかり者の年長さんたちばかりだ!
不思議に思いながら声をかけると
「先生、化石が見つかった!」と言うじゃありませんか

驚いてのぞいてみると、石ではない何かが顔を出しています。
「もしかしたら爆弾かもしれない!みんながケガしないように掘らなくちゃ」と必死な表情のA君
アイコンタクトをして、口裏を合わせるKちゃん、S君。
夢中で掘り進めるものの、あっという間に帰りの会の時間に。
その日は子ども達の大ブーイングに、心を鬼にしながらも中断しました。

そして次の日は、あいにくの雨。
しかし、意欲にあふれた子ども達には関係ありません。
しかも掘る場所はアスレチックの下なので屋根付きのようなものです。
20〜30分掘ったでしょうか。歓喜にみちた声が聞こえます。
「とれたー!


さっそく、土を落とし、その正体を明らかにすると・・・。
次第に明らかになっていく正体何かが2つくっついているようです。
しかし、これが取れない、取れない
そこで子ども達は…端っこを引っ張り合おう!ということになり
力自慢のS君とS君が必死に力を出して、引っ張りました
これはいったい?

そして
…「うわぁ〜取れたー!






以下は発掘後の会話です。
保育者:「何で埋まってたんだろうね?」
S  君:「何言ってるの、先生!化石だからに決まってるよ!」
A  君:「違うよ!前の前の前の年長さんが埋めたんだよ!」
Kちゃん:「きっとさ…ここに幼稚園ができる前に住んでいた人が
      ‘いつか誰かが見つけてくれますように…’って埋めたんだよ。」
S  君:「えっ、じゃあ今、夢が叶ったんだ…!」
A  君:「俺達が叶えたんだ!」

昔の人の夢を叶えた子ども達のテンションは最高潮に達し
さら発掘作業を続行しようとしましたが・・・・・

子ども達の発想は自由で、ステキです。
そんな子ども達と生活できる保育者は、ほんとに幸せです。



kawawadayochien at 20:29|この記事へのリンク 園だより 

【つぼみちゃん】コンサート!

今日はピンクのつぼみちゃんでした。
登園してきたら、まずはマラカスを作ります
ハサミを上手に使う子もふえてきました
カラーシールを電車やうさぎちゃん、ハートマークなど、
楽しい模様に切ってお母さんと一緒にマラカスに貼りました。
お手製のマラカスを手に、先生と一緒にダンスをしましょう
音楽に合わせて振ると、いい音ですね
ストップの合図がでると、真剣な表情でマラカスをストップ!
集中して演奏する姿がステキでした

今日は生田先生のリトミックの日です。
まずは「ヤンチャリカ体操」で体を温めてから、
色々な動物に変身しました。
「こぶたぬきつねこ」も歌いました
つぼみちゃん達は「次は何かしら・・・」と興味津々の目で
先生の姿を追っています

変身

 

思い切り体を動かす子、
ちょっぴり足を
上げてみる子、
先生の動きをじっくり
見つめる子、



表現方法は違えど、どの子もクマさんになりきっています


最後は「山の音楽家」を合奏しました。

 バイオリン・・・・・・ギロ
 フルート・・・・・・・・水笛
 たいこ・・・・・・・・・たいこ

3つのパートに分かれて音を合わせます。
笛の担当はお母さま方ですまるでコンサートのようでしたね


バイオリン
こちらはギロのグループ。
先生のバイオリンを見ていたので、
ギロをバイオリンのように
肩と顎にはさんで演奏する
つぼみちゃんもいました






たいこ
こちらはたいこのグループ。
力を入れてドンドンドン
思い切りたたいて
とても楽しそうでした。






思い切りできると、
「やった〜」「できた〜」という気持ちになれます。
そんな時のつぼみちゃん達は、キラキラしていてとても可愛らしい

「次回は最終回なので、みんなでおいしいおやつを作りましょう!」
とのお知らせにつぼみちゃんからもお母さま方からも
「わぁ〜」と声があがりました。
次回も楽しみにね



2009年11月18日

【つぼみちゃん】アドリブ。

今日は水色のつぼみちゃんの日でした
登園したら、まずは“マラカス”作りです。
トイレットペーパーの芯の中にじゅず玉を入れて
両端をホッチキスで止めたらできあがりです
カラーシールを貼ったので、とてもカラフルで
ステキな楽器になりました

つぼみちゃんが、シールを切ったり貼ったりしていると、
「いってきます。」という幼稚園生の声が聞こえてきました。
今日はおイモ掘りに行く日でした

さあ!さっそく手作りのマラカスで合奏しましょう!
生田先生に「みんなステキね〜」とほめられて、つぼみちゃん達は自分のマラカスを嬉しそうに見つめていました

スカーフ
まずはスカーフを持ってダンスです。
クルリと回るととてもキレイですね。
先生の動きをマネることも、
上手になってきましたね





次はドライブに出発です
タンブリンをハンドルにして運転しましょう。
途中に登り坂や下り坂がありますよ。急カーブもあります。


おまわりさんおや?
生田先生のお隣で、
犬のおまわりさんが
見ていますよ
安全運転で行きましょう




次は色々な動物が出てきますよ
ウサギ・リス・クマ
ライオンが出てきたら・・・急いで逃げましょう。
今日はライオン役を勇ましく演じた男の子がいて、盛り上がりました。
たのしかったね!


にょろにょろ
ヘビに変身した
つぼみちゃんも登場!


さっそくみんなで
にょろにょろ・・・



これは楽しい!
子ども達はアドリブの天才!何が飛び出すのか予想がつかないのです。
だからおもしろいですね
初めてだけど何だか楽しそう・・・やってみようかな・・・
つぼみちゃん達はそんな表情で体を動かしています。
どんどんチャレンジしていく姿には成長を感じますね



次回は最終回です。
おいしいおやつをみんなで作って、頂きましょう
おたのしみに。



2009年11月17日

【河和田幼稚園】来てくれてありがとう

ここのところ、雨が降って、天候が不安定・・・
何が困るかと言えば、サツマイモ掘りができないのです。
予定では11月11日だったのですが、天気予報どおり雨になり
予備日にしていた明日11月18日の天気も、心配・・・
1週間のうちに、おイモはむくむく、むくむくっと大きくなるのでしょうが
早く行きたいですね。
今年は、料理委員さんのご協力のもと、
焼きたての焼いもを食べる予定になっていたので、
早く行きたいし、食べたいですよね。

さて、そうしてサツマイモ掘りを待っている間に
じいじ・ばあばの日がありました。
今年は、園舎建替え中なので
12日年長さん→16日年少さん→17日年中さんという具合に
年次別に行いました。

今日は年中さんの日で、空手をご披露しようと
張り切っていたのですが
雨が降っていて、室内でやるのには狭すぎて諦めました。

ばあばと折り紙こんな風にお部屋の中で
折り紙をしたり





じいじばあばとお部屋で

いっしょにままごとをしたりばあばと折り紙2









たくさん遊んでいただきました。

最後にメッセージを書いてくださいましたが、
みなさん、元気なお孫さんに会えたことを喜んでくださいました。

子どもの笑顔は、
おひさまのように人の心をあたたかくしてくれます。
幼稚園は、子どもの元気や笑顔をたくさん溢れさせる
大事な場所。来てくれてありがとう
そして子どもは
こうして訪れた人を
元気に笑顔にさせてくれる
大事な存在。

そんなことを改めて感じさせてくれた
じいじ・ばあばの日
3日間でした。

皆さん、また来てくださいね。



kawawadayochien at 18:55|この記事へのリンク

2009年11月12日

【河和田幼稚園】色づく秋

幼稚園には、さまざまな樹木があります。
その中で、一番最初に秋を感じさせてくれたのは桜の木
真っ赤に色づいた落ち葉が幼稚園の入り口に散っていて
「秋ですよ〜」と知らせてくれました。

そして今日、のっぽのイチョウの木が
黄色い葉を地面いっぱいに落として
「秋ですね〜」と知らせてくれました。いちょう

写真ではそんなに黄色くなっているようには
見えないことでしょう。
そうなんです、今年はなかなか黄色くならず、
本当に少しづつ少しづつ黄色化しているのが
楽しめました。
(自然の変化を楽しむ日々ではありました)

黄色い葉っぱは、
この写真では写ってない
地面にいっぱい広がっていました

また、仮設園舎のテラスから東の方向をながめると、
もっと黄色いイチョウや赤や茶色の木々を眺めることができます。

さて今日は<じいじ・ばあばの日>で
年長さんのおじいちゃん・おばあちゃんが10人ほど来てくださいました。
いっしょにゲームをしてくださったり、こま回しをしてくださったりして、
遊んで帰られました。
子ども達は、少々緊張もしたようですが、
いつものようにのびのび振舞うので、
おじいちゃん・おばあちゃん達は、それだけでも目を細めておられました
そして、子どもの元気な姿、人とのふれあいというのは
心を動かすものがあるのでしょう、
目にひかるものが・・・・・・・・・

また、来てください。
いっしょにあそびましょう



kawawadayochien at 19:36|この記事へのリンク 園だより 
月ごと過去記事