2008年12月

2008年12月30日

【河和田幼稚園】包丁技

 年末にわざわざ書くことではないのですが、ご紹介しておきたかったことなので書きますね。

 卒園生のおうちからリンゴが送られてきたことは、前にお伝えしたと思いますが、今年は第2弾がありまして、12月19日にもりんご屋さんが開店しました。
 
 2回目は1回目とは違うやり方をしました。園庭に面したテラスで開店することにしたのです。そして、ボランティアのお母さん方のアイディアで、皮むきパフォーマンスを子ども達に見せようと言うことになりました。きれいに皮むきをしたリンゴをいただくだけでは・・・ということです。
 「包丁の技を披露します」とのオープニングでスタートしました。Y君のお母さんもボランティアの一人として皮むきをしてくれました。たぶん、おうちでだってお母さんは皮むきしていらしたと思いますが、こうしてマジマジと皮むきを見るのは、初めてだったのでしょうね、Y君すっかりお母さんの見事な包丁技に見とれてしまったそうな・・・。K君・H君・U君も食い入るように見てました。リンゴの皮むきって、ちょっとマジックみたいじゃないですか
 こうして、青空の下、皮むきパフォーマンスの後に食べるリンゴは、
また格別の味がしましたよ。

 皆さま、まだまだリンゴのおいしい季節です。コタツでみかんもいいけれど、天気がよかったら、たまには外の空気をすいながら、皮むきパフォーマンス付でリンゴを食べるのもいいかもしれませんよ。こんな風にして食べるとまた味わいがありますからね。
 りんご屋のお母さんたち、ありがとうございました


 


kawawadayochien at 17:41|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月28日

【河和田幼稚園】ふたり、そろって。

 2学期が終わったところで、卒園生のお母さまからおたよりが届きました。
競馬の騎手を養成する学校に入学したお子さんが、今年度3年目をむかえ、最終的な段階のひとつである<模擬レース>に出場したということで、DVDが同封されておりました。
 お手紙には、この模擬レースに出場できた同期生は5名とのとこで、入学生が何名だったのかはわかりませんが、厳しい寮生活を潜り抜けてきた5名の中に入っているのは、とても価値あることなのではないかと察せられました。そしてこの卒園生は双子ですから、5名中2名ということなのです ふたり、そろって模擬レースに出場できたということです、すばらしい
 
 レースは、序盤は他の3名がリードしておりましたが、最後の追い込みで2人のうち1人が猛烈に追い上げて、グングングングン追い上げて、なんと1位になったんです もう1人は5番目でしたが、見事な手綱さばきだったことはいうまでもありません。
 競馬となれば速さを競うわけですから、速くなくては意味がないし、順位がひとつでも上でなければいけないのでしょうが、小さい頃を知っている身としては、こうして馬に乗ってこんなに速く走っているだけでも感動してしまいます
 競技前の挨拶&自己アピール、競技後のインタビューに答える姿・・・ほんとに凛々しくなっておりました(アナウンサーは「どことなく、幼さがある彼らですが・・・」と紹介しておりましたが、なかなかどうして凛々しいです!)5人の中で2人がひときわ凛々しく見えたのは、ひいき目でしょうか?

 今日は、有馬記念があり、競馬界のスター達が競ってレースを盛り上げたわけですが、こうして今まさに、競馬界のスタートラインに立たんとしている若者がいて、それが河和田幼稚園の卒園生だとなると力が入ります。
 卒業試験ともいえる国家試験は来年2月だそうです がんばれ 応援しているからね。 

 

kawawadayochien at 19:01|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月22日

【河和田幼稚園】口が、あく

 きょうは親子で劇を見る日でした。
九州は福岡から<ののはな>というご夫婦で活動している人形劇団が来て「ちいちいにんにん」という人形劇を見せてくれました。

●動物園の飼育員とカバのかっちゃんのお話
●クマのくんちゃんが“いたいのいたいのとんでけー”で
 飛んでった“いたいの”をさがす話
●おじいちゃんがいろんな顔をみせてくれるお話
●封筒で作るカエルくん
●スポンジでできたクネクネ人形
など、いろいろなおたのしみが入った福袋のような人形劇でした。

 それで子ども達は、もう最初から人形にクギ付けで、カバのかっちゃんはピンクのかわいい生き物ですから、おはようやこんにちはが上手に言えないと“ガンバレかっちゃん!”という気持ちになるのでしょう。お話の世界にどっぷり入り込んで、目はキラキラそして、口は一様にポカーンと空きっぱなし・・・という具合。
 どの子もみんな相当に高い集中力を示していて、いつもはおしゃべりしてしまうヤンチャ坊主は何を感じているのか深刻な顔さえしている・・・、ほし組の年少さんだって夢中にもかかわらず動き出さないで落着いているのはなぜ?
 クネクネ人形は、30センチくらいでしょうかね、棒状のスポンジを2本の棒で操っていくと、あら不思議・あらあら不思議・・・、いろいろなものに変身します。シュールな世界を感じたお母さま方も多かったようです。(<ののはな>さんによると、初期は今の2倍の長さのスポンジ人形だったそうで、改良に改良を重ねた現在の姿だそうです。職人さんは見えないところでスッゴイ努力をされているものなんですね)

 <ののはな>さんは明日は山形での公演だそうで、かたづけてお茶を2杯飲むと出発されましたが、明日も山形の子ども達をとりこにして、シアワセにするのだろうなぁ のの花があちこちに咲いて、みんなシアワセになりますように

 


kawawadayochien at 18:47|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月19日

【河和田幼稚園】みんな、いい子だった!

aba55462.jpg今日は2学期最後の日で、クリスマス会も行ないました。

年長さんのステキなキャンドルサービスには、年中さん年少さんはうっとり・・・。
それから、サンタさんから手紙が来ていて
●おうちの人の言うことはきいたかな?
●友だちに、やさしくできたかな?
●かたづけやお手伝いは上手にできたかな?
●ウソはつかなかったかな?
などと、質問されましたが、小さいイタズラには目をつぶれば、だいたいみんな
いい子にしていたらしく、めでたく全員プレゼントをもらうことができました。

この質問のとき、全員が声を揃えてというわけではないところが、私が子どもを信頼できるところです。どの質問にも、子どもはそれぞれがマジメに考えていると思うのですね。だから良心の呵責を感じて、声が小さくなる問いかけだってあったと思うのです。こういう感覚を持っている時期の子どもに対して、大人がしなければならないこと、これを真剣に考えて子育てしたいですね

それから、きょうはとってもうれしいことがありました
病気のため、一人で歩けなかったほし組のHちゃんが、夏の手術後、とうとう歩くことができるようになったのです。
Hちゃん自身も、おかあさんも、担任の先生も、クラスの友だちも、幼稚園中の先生も、子ども達もおかあさん方もみんなみんな、ほんとにうれしくて、うれしくてしかたがありませんでした。Hちゃんよくがんばったね、お母さんもお父さんもよくがんばりました。これからも、いっしょに歩いていきましょうね。

kawawadayochien at 19:36|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月17日

【河和田幼稚園】ささやかなことだけど・・・

 食事の後、書類を読んでいたら外で出入りのお弁当屋さんとどなたかの話し声が聞こえてきました。そしてお弁当屋さんが「園長先生、こちらの方が○○に行きたいそうなのですが、教えられますか?」ということなので、2人連れに玄関に入ってもらって地図を出してお伝えしました。東京から来たとのことで、土地勘がなく全く逆方向に来てしまい○○まではかなりの距離です。時間があれば車で送ってもよいところですが・・・あいにくそういう状況ではありませんでした。
 
 それでも「ご親切にありがとうございました」とお礼を言って行かれました。すると2人連れを見送ったところで、またお弁当屋さんが小走りに戻ってきて「○○は△△の近くですよね、だいたいわかるので私の車で送っていきます」と言うではありませんか!「あ、そう。じゃ、追いかけて声をかけるわね」と言って、横断歩道の向こうにいる2人連れに「モシ、モーシ」と大声で呼びかけながら駆け寄り事情を話しました。そして、車が横付けできるところまでご案内し、お弁当屋さんに「じゃ、よろしくお願いします」と声をかけると、2人連れはまたまた「ご親切にありがとうございました」とお礼を言い、見送ったしだいです。

 ものの5分くらいのできごとでしたが、人の役に立てたうれしさが、お天気雨の空模様の中、雲の合間からもれる明るい日差しのように心の中を明るくしてくれました。
 幼稚園の生活も、場面場面でその場にいるもの同士が、互いを思いやりあって暮らせるようにしています。簡単そうですが、人間の感情は複雑なのでなかなか難しい、だからこそ大事にしたいと思っています。

kawawadayochien at 14:12|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月14日

【河和田幼稚園】なんだか忙しかった・・・

 音楽会が終わってから、ずっとブログが書けずにごめんなさい。
この2週間、子ども達の間にあっという間に水疱瘡が広がって、きのうのプレイデーでは欠席者が19人もいたのです。それでも、登園してきている子は元気でしたし、おかあさん方も元気で、12月2日には図書委員会が「私たちにやさしい暮らし」というテーマで、盛りだくさんのイベントをしていました。12月5日には卒園生のおうち(お母さんの実家が青森)からリンゴが届けられて、在園児のお母さんがリンゴの皮むきをしてくださって、子ども達はおいしいリンゴをいただくことができました。

 9日はクッキング・デーでスイートポテト(鯉淵学園で収穫したサツマイモで)を作って、これがとってもおいしくてほっぺたは落ちそうで、おなかはいっぱいでした。ほし組さんはサツマイモ入りすいとんで、いろんな形のすいとんは歯ごたえもあって、これまた寒い日にはぴったりのおいしい食事となりました。そうこの日と次の日は、職場体験の中学生が3人来ていたのです。大学生の実習生もいて、賑やかでした。
 10日には広報委員会が広報誌<むぎの穂 66号>の特集ための座談会を開きました。そして、13日には、プレイデーを河和田小学校で行ないました。主だったところでこれくらいですから、幼稚園の中ではこの100倍、いえもっとたくさんのできごとや
エピソードが生まれているのです。

 日記をつけるのに3日坊主にならないようにね!とよく言われますが、ブログも書かないでいると、そのまんまズルズルしてしまいがち。ここで、しきりなおして、またブログを書きますので、開いてくださいさいね。

kawawadayochien at 21:23|この記事へのリンク 園だより 

2008年12月11日

【つぼみちゃん】さよなら あんころもち またきなこ

b10e2f14.jpgオレンジのつぼみちゃんも 最終日をむかえました 今日は玄関のクリスマスツリーに目がとまり、 ニッコリ笑顔になっていましたね 今日も親子で「どんどんばし」を楽しみました。 写真のように、親子で手をつないで歩き、橋をくぐります どんどんばしわたれ〜さあわたれ〜 歌が終わった時にちょうど橋の下にいた親子は、つかまってしまいます しかし・・・今日のつぼみちゃん達はスルッとすりぬけるのが上手 なかなかつかまりませんでした そしてお待ちかね いよいよケーキ作りのスタートです 4つのグループに分かれて、ボールに入ったゆでたてのサツマイモを、 力を合わせてつぶします。 「おイモの形がなくなるまで、よ〜くつぶしてね」と声をかけると、 つぼみちゃん達は小さな手を動かして力を出してくれました。 最後までよくがんばったね お砂糖を加えてまぜたら、ラップで茶巾絞りのようにキュッと丸めます。 イチゴをそえたら・・・できあがり みんなでおいしく頂きました 一人で2個ペロッと食べたつぼみちゃんもいました。 自分で一生懸命作ったおやつおいしさ倍増ですね 最後に今まで楽しんできたダンスをおどりました。 最初に踊った時にはお母さんにピッタリくっついていた子も、 今日は大きくジャンプしていました 心も体もほぐれて、手も足も大きくのびのび動かしていました。 そんなつぼみちゃんの姿を見ることができて、 とってもとっても嬉しいです。 それぞれつぼみが花開いてきましたね ありがとう。 つぼみちゃん

2008年12月10日

【つぼみちゃん】さよなら あんころもち またきなこ

c68dfb01.jpg水色のつぼみちゃんも いよいよ最終日です 前回お休みだった子も 元気に登園してくれました 笑顔が見られてホッとしました。 まず「どんどんばし」を親子で楽しみました 最初に2組の親子が橋になります。 大きな円を描きながら親子で手をつないで歩き、橋をくぐります。 歌が終わった時にちょうど橋の下にいた親子は「つかまった〜」 となり、橋に変身します。どんどん橋が増えていき・・・ 最後に残った子は長〜いトンネル状になった橋を一人占めして、くぐれるのです そして今日のメインのお楽しみ サツマイモケーキ作りのスタートです まずはグループごとに材料やお皿を運びました。 つぼみちゃんも本当によくお手伝いをしてくれます みんなでボールに入ったゆでたてのサツマイモを潰し、 滑らかになったらお砂糖を加えてよくまぜます。 みんなぺロッと味見をしてニコニコ つまみ食いっておいしいですよね ラップで茶巾絞りのようにキュッと丸めたら・・・できあがり イチゴを添えていただきました 「おいしい」 「あま〜い」 といいながらみんなほおばっていました。 みんなで作ってみんなで食べると、おいしさ倍増です 最後に今まで楽しんできたダンスを踊りました お母さんから離れて踊れるようになった子、 はじけて体を大きく動かせるようになった子、 硬かった表情がほぐれて笑顔であそべるようになった子、 みんなそれぞれつぼみが花開いてきました 見逃したくないそれぞれの成長の瞬間にたちあわせて頂いたことに、 感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうつぼみちゃん

2008年12月04日

【つぼみちゃん】ケーキ作り

4db8dc7c.jpg今日のサツマイモケーキつくりの様子です! 「おいしそう!」とペロッと味見

【つぼみちゃん】さよなら あんころもち またきなこ

今日はいよいよピンクのつぼみちゃん最後の日です 幼稚園に来るなり「おはようございます!」というつぼみちゃんの元気な声がたくさん聞こえるようになりました わらべうた「♪まるくなあれ まるくなあれ いち にのさん」をみんなで歌いながら手をつないで円になり、「どんどんばし」という遊びで親子で橋の下をくぐっていく遊びを楽しみました。 そして今日のメイン「サツマイモのケーキ作り」です!みんなで協力して材料を運んだら、ゆでたてのサツマイモを一生懸命つぶします。そこへお砂糖を少しだけ加えてさらによ〜く交ぜていくと・・ミルクを入れなくてもとってもクリーミーなおイモにそれをラップでかわいらしく丸めイチゴを添えて、サツマイモケーキの出来上がりです 年長さんのいただきますの挨拶で、ケーキを食べ始めました!つぼみちゃんもペロッと食べてしまう程のおいしいおいしいケーキでしたよきっと自分で一生懸命作ったからよりおいしかったのでしょう そして最後に今まで楽しんできたダンスを4曲踊りました!5月の緊張した面持ちをすっかり忘れてしまう程、みんなおうちの人から離れて夢中になって楽しめるようになりました 子どもの半年って本当に大きいですよね!私はこの半年間つぼみちゃんと共に過ごしていく中で日々成長している姿に立ち会えたことへの感謝の気持ちでいっぱいになりました子どもとの生活ってなんて幸せなのでしょうつぼみちゃん・保護者の皆様と楽しく過ごしてきた温かな思い出をこれからも大切にしていきますありがとうございました!!

月ごと過去記事