2020年05月17日

【河和田幼稚園】マスク越しでも

今年もやってきました!テイカカズラの開花です🌼
P516214014日、木曜日頃からたくさんのつぼみが
うずいているかのように
花を開く用意をしていました。
そして15日、半日のうちにグングン開いていって
写真は16日のようすです。
開花とともに、香りもただよい始めます。

そう、マスクをしていてもです!マスク越しに香りが楽しめます。
P5162138P5162139








今年はわけても花も葉もいきおいがあります。
看板も隠れてしまいそうです。

さて、幼稚園は休園になっているので<ゆうびん保育>をしています。
メッセージやお知らせや教材を週1回、郵送しているのです。
近々、年長さん向けに送る郵便に同封されるものの予告です。
P5162137
きれいだな、かわいいなと思って
写真を撮りました。

一つ一つを並べて
もう一枚、写真を撮りました。


P5162136小さな千代紙に“何か”を入れて
いろんな折り方で、包んでいます。
去年から、みお先生は折り紙でくす玉を作ったり
折り紙に注目して保育しています。
つくづく日本の<包む文化><折り紙文化>は
奥が深いと思います。

さて、先週不思議な植物の写真を掲載しました。
P5082127これですが、
これはアオギリの太い幹から生えている葉っぱなのです。
今も順調に成長しています。
アオギリの枝先の若葉も先週はこんな色をしていたのですが
1週間の間に、すっかり若々しい黄緑色に変わりました。


ところで、隣の畑や湿地帯にキジがいるのを目撃した人は何人かいるのですが
ついにキジが園庭にまで、遊びにきました。
休日や人がいない園庭には、いろいろな鳥が遊びにきます。



kawawadayochien at 12:49|この記事へのリンク園だより 

2020年05月09日

【河和田幼稚園】今度はガクッ

茨城県が特定警戒県のひとつになり、幼稚園も5月31日までお休みになりました。
ゴールデンウイークがステイホーム週間となり、
付近に人混みというのがなく、みんなマスクをつけて黙っているので静かです。
運動不足にならぬよう通勤にクルマを使わず歩いていると
他の人も同じように考えるのでしょう、歩いていたり走っている人がいます。
歩いていると、道端の雑草や咲き誇る花々が目を楽しませてくれます。

P5082121川沿いのお米屋さんだったお家の入り口に
まぶしいほどの黄色い花が咲いています。
初めは、こんなではなかったでしょうに
この季節に満開をむかえると4,5株の大きな黄色いかたまりになって
強く目に飛び込んできます。
こんなに鮮やかな黄色は、あまりお目にかかりません。

さらに進んで、道の反対側には濃い緑の中に清々しいピンクの花が見えます。
P5082122神社の裏手、市民センターのスロープ沿いに
これはツツジでしょうか。
10株くらいズラリと並ぶと、清々しいピンクも
たいした見ごたえです。
よく見ると、陽が当たる所とそうでない所では
花の持ちがちがうようです。

幼稚園のクローバーが今年は元気です、と伝えましたが
P5082120その後もますます元気で
別名シロツメグサの名にふさわしく白い花もたくさん咲かせています。
幼稚園の近くの<てつぼう公園>も今ちょうどシロツメグサが見ごろ。
例年だったら、ちょっと出かけて
花で花輪や首飾りをつくる頃です。
あの長い茎を軸にしながら、クルっと巻いてつなげていくんですよね。

幼稚園で今、花の女王はこちらです。
P5082125テッセンと呼んだり、クレマチスと呼んだり。
このテッセンは園舎を建替えた時に、
現場監督がお祝にくださった鉢植えのひとつで
地植えにしたら、その後もずっとこうして堂々たる花を咲かせています。
この花、花だと思いますよね。
ハナミズキの花は苞でしたが、こちらは萼なのだそうです。ガクッ・・・。

P5082127これは何でしょう?
私もちょっとビックリしたのですけれど、
今、ちょうど同じ色の若芽が枝の先っぽに生えています。
いつまでこんな色でいるのでしょうか。
忘れずに観ていこうと思います。
幼稚園の庭にいらしたら、これがどこにあるか探してください。

ハイ、今日はここまでにします。
この頃は、青やムラサキの花がけっこうあるなぁ、
いやいや黄色もあるぞ、などと思います。
家で過ごす子どもたちの周りには、どんな草花があるのでしょうね。







kawawadayochien at 16:27|この記事へのリンク園だより 

2020年04月25日

【河和田幼稚園】苞をたのしむ

県からの要請で河和田幼稚園も4月24日から5月6日まで休園です。
登園自粛・自由登園の間に、年度初めに配布するプリント類を
何人かの方が受取りに来られ、玄関などでちょっとだけ立ち話をして帰られます。

この1週間で、園庭のハナミズキのつぼみが日ごとにふくらんで
P4242112きれいな花を咲かせています。

この白い花のように見えるのは
葉が変形した「苞(ほう)」とよばれるもので
小さな花序を包んでいます。
赤い花のハナミズキもあり・・・と言いたいところですが

P4242115これは、苞が赤い品種ということになります。
この苞が赤いハナミズキは、
歩道から見えるところに植えてあります。

ハナミズキはワシントン市にサクラ並木を贈った返礼として
1915年に日本にやってきたのだそうです。

P4242113このハナミズキは、どちらのハナミズキでしょう。
軽井沢の別荘地のようでしょう。
お出かけ自粛となっている今、とてもそんな所まで行けません。
園庭にある<トム・ソーヤのお家>のわきにある
ハナミズキです。
そこから畑の方に目をやると、また、別の花が見えます。

P4242116
赤紫の花をつけているのは、モクレンです。
植物図鑑によると、このモクレンはシモクレンで紫木蓮と書きます。
白いモクレンもあって、ハクモクレンと呼ぶそうです。
ハクモクレンは5〜15mも大きくなるそう。
「大きくなるハクモクレン、あまり大きくならないシモクレン」

静かな幼稚園の庭で、サクラと入れ替わるように
ハナミズキが白や赤の苞で目を楽しませてくれています。

kawawadayochien at 12:53|この記事へのリンク園だより 

2020年04月17日

【河和田幼稚園】カエルやキジも

毎日が慌ただしいですね。ついに緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大。
水戸市でも今週初めに幼児教育施設に対して、登園自粛の呼びかけがあり、
河和田幼稚園は子どもの命を守ることを第一に態勢を整えています。
しかし、子どもの命を守るのは、具体的には親の仕事ですから
お家の方々も何かと不安が大きいと思います。

そんな中でも、ひとたび自然に目を向ければ
その中に美しさが見いだされ、しばし不安を忘れることもできます。
P4152109幼稚園のゆうぎ室の天井際の三角窓に目をやると
そこには、神社のヤマザクラが見えます。
ソメイヨシノから
バトンをもらって、
ソメイヨシノの華やかさとは少し違う
さわやかな美しさを楽しませてくれます。

自然はその時の気候に左右されて、いろいろな姿を見せてくれます。
もう少ししたら、可憐な白い花をいっぱい咲かせて
道行く人も楽しませてくれる河和田幼稚園名物のテイカカズラ。
その根元には、ごらんください
P4152111こんなにモレモレと🍀クローバーが
生い茂っています。
ウサギのみかんが生きていたら
さぞや、夢中でモグモグ食べただろうな。
みかんはクローバーが好きだったから。
勢いあまってフェンスからはみ出ているクローバー。

どうやら、池のオタマジャクシの一部はカエルになったらしく
カエルの鳴き声が聞こえて来たり、
ケーンケーンと鳴く雉(キジ)が畑に遊びに来ていたりします。

幼稚園では登園自粛をしている子どもたちに
インスタグラムで<おうちでできる楽しい遊び>を紹介しています。
どうぞ、そちらもご覧ください。
どんな時も、子どもの遊びエネルギーをたやしませんように。




kawawadayochien at 18:41|この記事へのリンク園だより 

2020年04月13日

【河和田幼稚園】がんばるコイノボリ

新型コロナウィルス感染予防のため、自主休園する子が増えている中
今日は早朝から激しい暴風雨でしたから
そのせいもあって登園した子は、91人中34人でした。
そして、水戸市から“登園自粛”のお願いがきました。
河和田幼稚園では明日から5月6日まで、登園を自粛することにしました。

P4102099先週金曜日、子ども達が帰ってからコイノボリを出しました。
青空をバックに、風に吹かれて泳ぐコイノボリは
何だかうれしそうで、力強さも感じられ
子ども達が元気に過ごすことを
応援できるように思いました。
元気に泳げコイノボリ!元気に遊べ子ども達!

ところがですよ、今朝の暴風雨でコイノボリは雨に濡れ、風にきりきり舞い・・・。
Rちゃんは「がんばってるねー」とコイノボリを見つめていました。
そうそう、鯉は滝を登ると龍になると言われ
子どもの立身出世を願ってのコイノボリ。
こんな暴風雨の中がんばって泳いで、きっと立派な龍になるのでしょう。

雨にも負けるなコイノボリ! 
子ども達!元気に過ごそうお家でも。
自分のことは自分でやる!早寝早起き・お手伝い!
いつもの約束まもってね。

kawawadayochien at 18:38|この記事へのリンク園だより 

2020年04月12日

【河和田幼稚園】アケビとコゴミ

幼稚園の春の話題 続編です。
P4072096ここは、幼稚園の通称“くつろぎコーナー”
ここには、写真の奥に見える2匹のクマちゃんがいつもいます。
座ぶとんも見えますが、4月からはこの若草色。
そして、テーブルの上にある植物はアケビです。
濃い紫いろと薄い紫いろの小花が咲いていて、いい香りもします。
葉っぱは、若々しい黄みどり色です。

手前の小皿は何でしょう?拡大します。
P4072097おわかりですか?コゴミです。
みさと先生が畑で見つけて採ってきました。
サッと湯がいて、口に含むと春の味が・・・。
この日の地球クラブの子ども達のおやつの一つになりました。
「ごちそうさまでした。おいしかったです」と
お皿を洗って、お礼に来ました。

いつものように、いつもよりちょっと早めに春が来て、
目で、耳で、鼻で、舌でちょっとだけ春を楽しんでいるのですけれどね。

kawawadayochien at 11:03|この記事へのリンク園だより 

2020年04月07日

【河和田幼稚園】春がいっぱいだから

きのうから新学期が始まりました。
小学生も久しぶりの登校となり、幼稚園はというと
水戸市に新型コロナウィルス感染者が出た、ということで
おそるおそるで、慎重な開園ではあります。
P4042085幼稚園のサクラが満開です。
このサクラひところの姿に比べれば
ずいぶん枝ぶりが違っていますが、それでもこうして
たくさんの花をつけて、春を感じさせてくれています。

きのうは新年中さん・新年長さんが
わくわくドキドキしながら登園してきました。
年中さんのお役に立とうとする年長さんがいたり
年中さんも迷わずクラスに入室できたり
部屋に入って新しい名札を胸に付けると誇らしい気持ちになるのでしょう
<はじめの会>ではみんなステキな笑顔を見せてくれました。

お庭では、陣取りする子ども達!そして
幼稚園周辺は春の自然にあふれています。
P4042087
プップクプップップー
となりの畑のラッパスイセンから
ラッパの音が聞こえてくるようです。




P4042083 
ニョキ ニョキ ニョキ
歩道の生垣の間や
農道の土手に
ツクシンボがたくさん生えています。
今年はいつもよりたくさん。



P4042090
かわいいピンクのつぼみ!
幼稚園のつぼみちゃんのようでしょ。
つぼみちゃんは今度は幼稚園生になります。
このつぼみは、ヒメリンゴの花。
少したつと、うすピンクの花がびっしり咲きます。

池のオタマジャクシもずいぶん大きくなって
木々の芽もふくらんでいます。
春たちは、こんなに期待に満ちた姿でいっぱいなのに、
そのかたわらで、コロナウィルスがじわじわ迫ってきているとは
にわかに信じられない。

そして、あさっては入園式です。
年中さん・年長さんが欠席なので、いつもより小さい入園式ですが
心を込めてお祝いします。

みんなで賢くおそれ、本来の元気を保ち、育て、
何とか この先の長い難局を
みんなで、笑顔で乗り越えたい。


kawawadayochien at 13:44|この記事へのリンク園だより 

2020年03月29日

【河和田幼稚園】成長がまぶしいね

3月23日に2019年度を無事終えることができました。
おわりの会では、進級祝を渡しました。
年中さんは年長さんの卒園式の練習で、保育証書の受け取り方をじっくり見ていたので
進級祝の受け取り方もしっかりしています。
そんな姿を見るにつけ「4月からは年長さんなのね」と感慨深いものがあります。
その年中さんの姿を見て、年少さんも
ほぼほぼ上手に受け取るので「4月からは年中さんなのね」と
成長ぶりがまぶしかったです。
P3242075卒園式で舞台に登場したお花や人形を
飾り棚に飾っておきました。
きれいなくす玉も見えますね。
年中のSちゃんやY君が作ったものです。
2学期頃から折り紙をずっと続けていて
こんなにできるようになったのです。

子ども達は友達や先生と夢中で遊ぶうちに育っていくのですね。
春休み、新型コロナウイルスの感染予防で不要不急の外出は
控えるようにしていることでしょう。
今日のように、こんなに寒くては気をつけないとカゼをひいてしまいそうです。
休み中の約束
1.早寝早起きすること
2.お家の人のお手伝いをすること
3.自分のことは自分ですること

この3つに、手洗いをしっかりすること
を加えて元気にすごしてくださいね。

kawawadayochien at 11:24|この記事へのリンク園だより 

2020年03月20日

【河和田幼稚園】春の日差しがいっぱい

3月18日は卒園式でした。
卒園式には、毎年決まった花を飾ります。
P3182065チューリップと菜の花とむぎの穂です。
チューリップは子どもたちの大好きな花
菜の花は、春を告げる花
むぎの穂は、河和田幼稚園が<むぎの穂学園>だからです。
両脇の人形は絵本「かいじゅうたちのいるところ」に出てくる
かいじゅうたちです。

コロナウィルス感染防止のためいろいろ対策して臨みました。
・年中さんは欠席・・・前日にお別れ会をしました。
 年長さん入場前に年中さんの歌「ぼくたちのうた」の録音を流しました。
・席が密集しないように・・・イスは間隔をあけて配置。
・換気をしながら・・・式の途中で窓やドアを開けました。
・保護者の受付に消毒のアルコール設置

そして、保育証書授与は一人ひとり、丁寧にその子の育ちを述べて
みんなで喜べるようにしました。
年長さんの歌「さよならぼくたちのようちえん」は、のびのびと大らかに歌い
そのすばらしさがお家の方の涙を誘うものでもありました。

その後、記念撮影・クラスの時間・先生達からのメッセージビデオの上映があり、
P3182068年少さん・年中さんのお家の方からの
お祝いの花束を担任の先生から受け取りました。
自由に写真撮影などして、庭に出ると
春の日差しがぽかぽかと暖かく
年長さんの門出を祝ってるような天気でした。
おめでとうおめでとうおめでとう

翌日登園してきた年中さん、年長さんのいないお部屋に入ると
ちょっとさびしいなと思いつつも、
いよいよ、ぼくたち・私たちの番だ!ととっても元気。
これまた元気な年少さんとともに
春の日差しがいっぱいのお庭で、砂遊び・鬼ごっこ・かけっこ・・・と
たくさん遊びました。

幼稚園は3連休の後の23日が3学期最終日です。



kawawadayochien at 14:57|この記事へのリンク園だより 

2020年03月14日

【河和田幼稚園】おさなごのいる風景

今年の3月11日は、去年までの3月11日とは様相がちがって
あの日を振返りつつも、何かしみじみとしない3月11日でした。

3月11日、幼稚園の向かいの吉田神社の方から、爆音が聞こえてきました。
何かと表に出てみると、神社の杉の大木が切られているところでした。
巨大なクレーンで吊りながら、1本を3回位に分けて切っていくのでした。
宮司さんの話によると、切られた杉の大木は道路際に生えているので
傷みもみられ、道路や家屋に倒れて事故につながっては・・・と
役員会を開いて伐採との結論にいたり、この度の作業になったということでした。
樹木が大きくなるまでには、幾多の歳月を要するわけですが
現代の技術を使えば、あっという間に切り倒されるのでした。
今後は安全な緑化を計画中とのことでした。

P6140640これはトチノキ。
もちろん今のトチノキじゃなくて
5月ごろのトチノキ。
幼稚園の樹木も元気に枝ぶりよく育つのように
3月11日・12日・13日と3日間で剪定しました。
スカスカしてますが、いつの間にかいい感じになるでしょう。

ところで、夏のころの話で、いつかご紹介しようと思って
そのままになっていた話を書きます。
幼稚園のコピー機の不具合があって、修理を終えたお兄さんのつぶやきです。

幼稚園のホールから、子どもたちの元気な声が響きわたっていました。
「子どもたちは、どんなに暑くても元気に大声で遊べるんですね。
いいなぁ‥‥・。そんな子どもの時気持ち、どこかに忘れてきちゃったなぁ」

先日は、ある方から
「時々、幼稚園の前を通るんですが、
お子さんたちの遊んでるようすをみると、なんだかホッとするんですよね」
というお話でした。

子どもがいれば、当たり前のような風景ですが
これからどうなるのかしら、と一抹の不安がよぎります。
どうか、新型コロナウィルス感染が早く終息してくれますように。

kawawadayochien at 17:07|この記事へのリンク園だより 
月ごと過去記事