2018年08月09日

【河和田幼稚園】夏の花サルスベリ

ゆっくり台風が来ているので、かなり風が吹いています。
幼稚園ではテントが風で飛ばされないよう脚を短くするなど対策しました。
これは対策ではないのですが
P8063813月曜日にサルスベリを撮影しました。
枝もたわわに花が咲いています。
風にゆれる時も、ぶら〜んぶら〜んという感じ。
幼稚園のサルスベリは2012年8月に幼木を植えて今年は6年目ですが、
幼稚園の年長さんのように小ぶりなサルスベリ。
だから、カラダ中に花をまとった感じです。


ビオトープのほとりに植えてあるので、花が水面こぼれていきます。
P8063812
“きれいだなぁ”と見ていたら
年長のKちゃんも同じように感じたらしく
しばし2人で水面のサルスベリの花をみつめました。
言葉がなくても通じる感じは
なかなかいいものです。

そして、昨日来の風と開花のピークを過ぎたからでしょうか
今朝は、すっかり花を落として“緑の葉っぱをの小ぶりな木”になっていました。
対策したわけではないけれど、満開のサルスベリを見ていただけてよかったです。

ところで、昨日の朝5時15分ごろに虹が出ていましたが、見ましたか?
とても“力づよい虹”でした。
「虹だよ〜」という呼び声で急いで庭に出て虹を見ますが
うっすらとしていたり、弧の一部が見えるだけだったりのこの頃でしたが
昨日の虹は空いっぱいに、堂々と弧を描き、
太陽の光が当たるあたりはの色はあざやかで、本当に見事でした。

こんな時は写真を撮って、ここに紹介するといいのでしょうが
この虹の空に占めるスケール感・色彩感を脳裏に焼きつけよう・・・と虹を見ました。
それを自由に好きな時に引っぱりだして味わってみたり、
地球クラブに来ていた子ども達と話してみたり(見た子もいるし、そうでない子も)しました。

この夏、どんな自然・出会いが待っているでしょうね。
♪毎日たのしい夏休み〜になりますように。

kawawadayochien at 07:17|この記事へのリンク園だより 

2018年08月07日

【河和田幼稚園】たっぷりの時間で

クルマに乗って動くのではなくて、
歩いていて視界に緑が入ってくる辺りで、セミの鳴き声が耳に入ってきます。
もうすでに鳴いていたのか、意識してから聞こえてくるのか我ながら不明なのですが、
セミは相当な声量で鳴いています。

P8063810幼稚園のアキニㇾから鳴き声が聞こえてきたので
「どこにいるかなぁ」と見あげてみるのですが
なかなか見つかりません。
そばにいたK君が「さーっと飛んでくの見たよ」などと
教えてくれたのですが、
いま鳴いているセミをみたいのですね。
じっと、くまなく観察すればいいのでしょうが
せっかちなので、諦めてしまいました。

そう言えば、鳴き声が聞こえているので、ふと立ち止まると“鳴き声がやむ”ことがあります。
セミは人間の気配や姿を察知して、見つかるのを警戒しているのでしょうか。
セミの視力はいかばかりか? 人間は敵として捉えられているのか?などと思い、立ち去りますが。

そんなことで、小学生の夏休みの自由研究(この頃は、やってもやらなくてもいいのだそうです。
自由なのでそれもありですが、好奇心を掘り起こす教育として方法を考えて存続してもいいのでは?)
よろしく、幼稚園のお話の部屋でセミの本を探してみました。
何冊かありましたが、すばらしい本があったので紹介します。

<たくさんのふしぎ「セミのおきみやげ」>という科学本です。
1987年8月号ですから、かれこれ30年前の本です。
夏休みがはじまった。大阪のまちのまんなかにある公園に行ったら、
センダンの木に、大きな黒いセミがいっぱい集まって、
ジャンジャン鳴きたてていた。クマゼミだ。
というところから始まり、次のページからは場所ごとにセミの種類を紹介している。
実寸を示しながら、拡大して描いたセミのイラストが克明に描かれています。
そして、クマゼミの“身体検査”として見開きで
複眼・口吻・腹弁・背便などの名称とともに説明図があります。
後半では<50年前の大実験>というタイトルで、
1933年にある学者がセミの幼虫は何年で成虫になるのか?について実験したことを紹介。

というように小学生向けの本ですが、力作です。
このブログを読んで、読みたくなった人がいたら
ぜひ、幼稚園に読みに来てください。
(いらっしゃる前に、お電話ください)

P8063814幼稚園の庭でセミ探しをして見つからず
短い時間だったから、しょうがないですけれど
引き上げようとしたところ
R君とYちゃんのきょうだいがお母さんと帰るところで
「セミだ」と声をあげました。
そこには、アブラゼミが生ききった姿でいたのでした。
アリが出たり入ったりしていましたが
「このまんまにしてあげようね」ということに・・・。


暑いけれど、子ども達には夏の自然に出会ってほしいですね。
自然はすぐそばにあるし、
夏休みはじっと見る時間がたっぷりありますからね。







kawawadayochien at 07:31|この記事へのリンク園だより 

2018年07月24日

【河和田幼稚園】暑さを忘れる!part2

7月21日は夏祭りでした。
河和田幼稚園の夏祭りは子どもたちを楽しませようと
夏祭り委員のお母さん方の活躍はもちろんのこと
ボランティアのお父さん方も大活躍します。
P7211314P7211316P7211315








輪投げ屋さん・<おとしごろ>というやってみなきゃわからないゲーム・ヨーヨー屋さん
P7211317P7211318P7211321








ペインティング屋さん・鬼退治屋さん・夏祭り委員のお母さん達による駄菓子屋・おもちゃ屋

P7211319そして、受付けおよび本部のスタッフ
お客さんが来る前に記念撮影をしました。






いよいよ夏祭りが始まって、どのコーナーも盛況でした。
P7211325P7211326P7211327








そして、年長さんによるお神輿です。P7211333
P7211331わっしょい
わっしょい

わっしょい
わっしょい

みんなの声が揃って元気な神輿でした。
そのあと、太鼓のBGMが鳴りはじまるや・・・・・・
何だ、何だ!
P7211336P7211338今年は父母の会の会長さんを中心として
お父さん方の<おとな神輿>が登場!
総勢17、8名のお父さん方が
手づくり神輿に会長さんを乗せて
わっしょいワッショイわっしょいわっしょい
わっしょいワッショイわっしょいわっしょい

総重量100圓砲覆襪神輿をかついで、やぐらの周りを2週。
子ども神輿は、元気でかわいい
おとな神輿は、勇壮でカッコいい
会場の子ども達・お母さん方もお父さん方のカッコいい姿にびっくりしたりワクワクしたりでした。
P7211343P7211346その後、盆踊り
花火もあって、無事終わりました。

夕方から始まるとはいえ
このところの猛暑でどうなることやら、
と心配されましたが、

程よく風が吹いて気持ちよく、楽しい出し物がメジロ押しで
楽しい夏祭りになりました。

終ってからの会計報告では、久しぶりに収益もあがり
その場で、この7月の西日本の豪雨被災地へ義捐金を送ることを即決!
本日、日赤の<西日本豪雨災害義捐金>に送付しました。
この日本の中で、祭りで湧くところもあれば、豪雨と猛暑でたいへんな思いをしているところもある。
こうして楽しい時間を過せたシアワセを改めて噛みしめ
被災地応援にどれほど役に立つかわからないけれど
義捐金を送ったしだいです・・・。

夏祭りに来た子ども達、子ども達と一緒に楽しんでくれたお父さんお母さん
夏祭り委員のお母さん方、ボランティアのお父さん達
暑い日々の中、爽やかさを届けてくれた夕方の風・・・
全てのことが子ども達の「夏の日のたのしい思い出」に繋がったのではないかしら。



kawawadayochien at 19:42|この記事へのリンク園だより 

2018年07月18日

【河和田幼稚園】一瞬でも暑さを忘れ

幼稚園は今日から夏休みです。
1学期最後の日のきのう「夏は暑いので、おうちで過すのよ」と言ったのですが
こんなに暑くちゃ、これで筋が通るのかどうかわからないですね。
今日は<つぼみちゃん>があって、お兄ちゃんお姉ちゃんも参加して水遊び。
こんな風に過せば、幼稚園に来るのも楽しいでしょう。

幼稚園の庭は、ずいぶん木が大きくなって木陰ができて涼しそうでしょう。
P7121306でもやっぱり、暑いのですけれどね。
子ども達は1学期の間この庭でいろいろな虫に出会い
部屋の中に連れてきて、しばらく一緒にすごしました。
タマムシには榎の葉っぱをあげたり、
お世話もしましたが、仲間や家族の棲むところにかえそうと
見つけた場所に帰してあげました。

そうそう、水辺のほとりにはこんな花もさいたのですよ。
P7121310クサギの花です。花全体が牡丹のような咲き方をして臭気あり、
ということでクサギはクサギでも<牡丹クサギ>といいます。
そして、決定的瞬間!
アゲハチョウが蜜を吸いに来ているではありませんか!
むせ返るような暑さのなかで
こんなに美しい瞬間があると、一瞬暑さを忘れますね。

7月はこの暑さが続くということ。
今週末の夏祭りも夕方から始めますが、夕方5時はまだ暑いでしょうね。
夏祭り委員さんやお父さん方もいろいろ工夫して、
暑さを吹き飛ばす夏祭りにします。楽しみにしていてください。

kawawadayochien at 19:14|この記事へのリンク園だより 

2018年07月11日

【つぼみちゃん】楽しいことがいっぱい!

1学期のつぼみちゃんも今週が最後となりました

1学期中に楽しんだ様々なことをご紹介します

まずは生田先生によるリトミック
ピアノの音やBGMに合わせてお散歩に出発
P6061153

お母さんと手を合わせておどったり



P6071165




スカーフをひらひらさせてフラダンス〜



その他いろんなことを楽しみました



また、ある時は小麦粉粘土を作って遊びました
さらさらの小麦粉に色水を少しずつ加えて(←この水加減が難しい)
DSCF8238



DSCF8244








こねていき、耳たぶほどの固さにまとまったら
パステルカラーの粘土の完成!!
DSCF8250








何とも気持ちの良い感触で、子どもたちも好きなものを作って楽しみました


スタンプあそびは
遊びの時間にやりたい子が楽しみました
DSCF8235








つぼみちゃんの手形でカニさんになりま〜す


そして、今週は水遊び
暑い日は水遊びが1番です
はだかん坊になって、どぼん
気持ちいい〜
DSCF8258








少しずつ幼稚園に慣れて、つぼみちゃんを楽しみに来てくれるようになりました
元気なお返事をしたり、
先生の前に集まって絵本をみたりできるようになり
成長を感じます
P6071166








夏休み中もお庭でたくさん遊べるので、お楽しみに

2018年07月08日

【河和田幼稚園】ぷるん つるん とろん

ささの葉 さらさら のきばにゆれる
おほしさま キラキラ 金銀すなご
P7061230幼稚園では金曜日に一日早く
願いごとが天に届くように
七夕の歌を歌いました。
みんなどんな願いごとをしたのでしょうか。
月曜日には七夕飾りを焼いて
けむりが天に届くようにします。

願いごとが叶うといいですね。

P7061233金曜日には台所で料理委員のお母さん達が
グルグルかきまぜながら
おいしいものを作ってくれました。
なんでしょう?

お弁当の後のデザートです。たのしみですね。


P7061236黄桃がお星さまのように散りばめられた
ゼリーです。
スプーンですくって、口に入れると
とろんととけるようです。
その秘密は葛(くず)が入っているからです。
ぷるん つるん とろん 

七夕のごちそうにゼリーはぴったりですね。
ごちそうさまでした。

kawawadayochien at 18:30|この記事へのリンク園だより 

2018年06月27日

【河和田幼稚園】説明会&見学会

      かわわだ幼稚園と出会ってください  

  ご家族でどうぞ ようちえん説明会
                                                             限定12 
       
9/8(土) 9:30〜11:15 

  ゆっくりじっくり  ようちえん見学 10時〜11時30分
   9/14(金)  9/18(火)  9/25(火)  
    10/5  (金)  10/16(火)   10/26(金) 
         ❤ その他の日も ご要望に応じてご案内いたします。お問合せください。

         お問合せ・申込みはお電話で ☎ 029(251)3154

     
 

【河和田幼稚園】幼稚園のお庭に遊びにおいで

はだしで遊べるお庭です  
 2018年度

園 庭 開 放

  庭DAY
 
     ブランコ・すべり台・砂あそび
     
<小さいおうち>でおままごと
   お池にいるのは、だれかしら?
 お山に登って大きな声で歌ってみよう!
      「いっしょあそぼ!」
     在園の幼稚園生が
  おにいさん・おねえさんのように
       さそってくれます。

 子どもの遊びにのんびり寄り添う時間を
    
園庭開放<庭day>で
    どうぞ、お楽しみください。
 
           P5120528








  
1学期は下記の日程で園庭開放をいたします。

   日にち:4月16日23日
       5月 14日21日28日
       6月11日18日25日
       7月 2日
       8月20日27日
       9月10日
                       
   時 間:10:00〜11:00
   対 象:未就園の親子
   水分補給ができるよう、水筒など持ってきてください。
   
上記以降の予定は随時更新していきます。
予約不要 お気軽に遊びに来てください
雨天の時は、お部屋で遊べます
不明な点はお気軽にお問合せください。
  029(251)3154 
  

kawawadayochien at 08:45|この記事へのリンク園だより | 園庭開放

2018年06月22日

【河和田幼稚園】プール日和

雨が降ったり、少し肌寒かったりと梅雨真っ最中のこの頃ですが、
今日は久しぶりに朝からお日さまが出て、登園する子どもたちの足取りも軽く
いつも以上に元気な一日のスタートとなりました。

そして今日、年少のほし組さんは初めてプールに入りました。
「おおきいプール、いつ入るの?」とずっと楽しみにしていたので、
水を張ったプールを見て、朝から大喜びでした。

プールに入るには、まず水着に着替えなくてはなりません。
入園してから少しずつ、一人でできることが増えたほし組さん。
着替えだって自分で頑張ります。
とはいえ、まだまだ上手くいかないときもあり、
先生に手伝ってもらいながら頑張りました。

少し緊張しながらもおおきいプールに入ると、思わずにっこり!
まず、自分の体に少しずつ水をかけて水に慣れていきます。
「じゃあ今から、ほし組電車になりましょう」と先生が言うと、
「どこに行くの?もうおしまい?」とK君。

まだ並んで歩くことが難しいほし組さんは、
ゆうぎ室に移動するとき、ほし組のおへやに帰るとき、
前の子の肩に手を置いて電車になって移動しています。
K君は、プールはもうお終いでおへやに戻ると思ったのでしょう。
幼稚園生活に見通しが持てるようになった証拠ですね。
IMG_1982
「電車になって、プールで遊ぶのよ」
楽しいプールはまだまだ始まったばかり!
電車になってこんな風に
水の中をぐるぐる ジャブジャブ歩きました。



IMG_1989 - コピー
ワンちゃんやワニ君に変身してハイハイしたり、
フープをくぐったり水にたくさん親しみました。
ちょっとくらい顔に水がかかってもへっちゃら。
友達と水をかけ合って、初めてのプールをとびきりの笑顔で
思い切り心も体も発散させて楽しみました。


お弁当の時間になると
「プールたのしかったね!」「あしたもできるかな〜?」と
早くも次回を楽しみにする子どもたち。
水の中でたくさん遊んだおかげで、
おなかは、ぺっこぺこ。お弁当をモリモリ食べる子ども達。
明日はお休みだけど「また明日もやりたい」ですって!
こんな風にわくわくできるって、本当にステキですよね。

kawawadayochien at 18:24|この記事へのリンク園だより 

2018年06月17日

【河和田幼稚園】絹の木

梅雨に入って、雨の日には部屋の中で遊ぶのも楽しいものです。
部屋の遊びの中でも、時には新聞紙をやぶいたり
やぶいた新聞紙をまき散らしたり、開放的な遊びも楽しんでいます。

さて庭に目をやると、季節ごとに目を楽しませてくれる植物があります。
今週はこの花が咲きました。
IMG_1921きれいでしょう、ネムノキです。
ちょっと儚げな花ですが、
まるで薄桃色の扇をひろげたような形です。
夜になるとゆっくり葉を閉じるところから
眠りの木→ネムノキ、となったそうです。
触るとスッと葉を閉じるオジギソウもありますが

昼夜のリズムにそって眠るネムノキは
花の美しさもあいまってやさしさが感じられます。
英語ではsilk treeというのだそうですが、花が絹のようだからだそうです。

自然の中には様々な美しさがあり、幼稚園の庭でもたくさん観察されます。
子どもたちが日常の中で、何気ない自然にふれて
言葉では表せないやさしさが、心に宿るようにと願っています。




kawawadayochien at 09:18|この記事へのリンク園だより 
月ごと過去記事