2020年02月22日

【河和田幼稚園】寸暇を惜しんで遊ぶ

子どもは、どれだけ遊びたいか?
ほとんど無限といってもいいくらいかもしれません。
地球クラブ(預かり保育)のようすから伝えしますね。

3:00におやつの「いただきます」があって、3:30にお家の方がお迎えにくる子がいます。
おやつが済むともう待ちきれない様子で、さっと支度をして
園庭にかけ出す子どもたち。お迎えまでの時間はわずかです。
KちゃんSちゃんが「なわとびしていいですか?」と聞いてきたので
「いいんだけれど、1分か2分かもしれないね」と先生は答えた・・・
ふたりにとってはなわとびしたい思いが伝わるだけでいいのに
1分とか2分とか、大人の発想だったなぁと先生は思ったのでした。

きのうは5時まで預かりの子がいて、やはりなわとびで遊んでいました。
S君とK君のふたりは「あ〜、5時まであそびたかったぁ」と
お迎えに来たおかあさんと4時58分にしぶしぶ帰っていったそうです。

2月28日なわとび大会があるので、自主練をしているようなのです。
たのもしいですね、男の子も女の子も。
子どもにとって1分2分ってどんな時間なのでしょうね。
5歳の子どもたちは、時計が読めたりしますが
とにかく寸暇を惜しんで遊ぶ!

P2191264P2191265いきなりこんな写真ですが
何かわかりますか?
苔なんです。
幼稚園の玄関前に
プランターがあって
もう20年くらい使っているプランターなのですが
こんな感じで、青々とした苔が楽しめます。
幼稚園の庭には、梅の花がさいたり、木々の芽がふくらんで
春の訪れが感じられます。

kawawadayochien at 13:12|この記事へのリンク園だより 

2020年02月16日

【河和田幼稚園】かれこれ1時間

今年の冬はあたたかいので、早めに春が来ているようです。
幼稚園の水辺には、カエルの卵は2週間前ぐらいから産みつけられているし、
幼稚園の紅梅も同様に花が咲き始め
あちこちの梅も、こぞって花を咲かせています。
IMG_4714子どもたちもこうして裸足で
砂遊びをしています。
この写真は2月7日に撮りました。
砂場中の砂をみんなで山にしました。
富士山かと思ったら
<火山>なのだそうです。

今年のコマ検定の話を少しします。
コマ検定は1月中に終わる予定でしたが、2人がどうしても間に合わず・・・。
2人から「もう一回、コマ検定してください」との涙の申し出があり、
日程を話し合って2月7日になりました。
Ⅿちゃんは、前回の不調が嘘のように1回で合格 
Tくんは、前回あと一歩だったから、すんなり合格と思いきや・・・
どうにも調子が戻りません。
2回、3回、4回、5回・・・続けざまにトライするのですが、回らない。
しかし、驚くべきことは涙ひとつこぼさず、表情が崩れず、
紐を巻いては投げ(回らず)紐を巻いては投げ(回らず)黙々と挑戦し続けることです。
私も、あえて席を外して自主練習の時間としました。

しばらくしてから行きますと、引き締まった顔で、変わらず練習していました。
心なしか回り方に変化が見られ、ゴールが近くに見えてきました。
‥‥‥何度かやるうちに、回った 12・13・14・15〜(合格)・16・17・18・19・20〜
「ごうかく〜、ごうかく〜、おめでとう」
Tくんが、ひとりで練習し始めてから1時間がたっていました。
友だちや先生たちも集まってきて、Tくんを祝福しました。
Tくんは跳びあがって喜びを表すこともなく
しかし、じわっと笑みをうかべて喜びを表していました。

いつの間に、こんなに強い子になったのだろう。
私たち保育者も意図的にがんばる機会を作ったりはしたが
がんばったのは、Tくん自身です。
やはり、子どもを信じて、ここぞという時には、とことん集中できるようにして
大人はあれこれ手を尽くしたら、そっと支えつつも、子どもを信じることがやっぱり大事

たかがコマされどコマ
Tくん、おめでとう。Ⅿちゃん、おめでとう。年長さんみんなおめでとう

kawawadayochien at 16:42|この記事へのリンク園だより 

2020年02月08日

【河和田幼稚園】ほのぼの展覧会

今日はあたたかく、とても天気のいい日でしたね。
午前と午後に分かれて家族で展覧会を楽しんでいただきました。
展覧会は幼稚園中がギャラリーになって、
子どもたちの作品・園生活のようす・お母さんたちの作品などを見ていただく行事です。
P2081240「こんな作品展は初めて見ました」
とおっしゃるお客様がいました。
写真でもお分りのように、室内がずい分スッキリしているでしょう。
幼稚園や保育園が行うガラクタ工作がほとんどありません。
羊毛フェルト・毛糸・自然物・折り紙・積み木・おもちゃ・・・など
おだやかな素材がほとんど。
                                          
P2081248絵画は「お家の人の絵」「将来の夢」など定番のものですが、
先生とおしゃべりしながら描き、そのおしゃべりを添えてあるので
子どもの気持ちが手に取るようにわかります。
気持ちが分かって絵を見ると「なるほど」となって
ほのぼのとしたあたたかい気持ちになります。
「改めて、今を大切にと感じました」との声もありました。

しみじみとした思いを味わいながらと思っていても
子どもは「こっち、こっち」とお家の人を引っ張っていきます。
P2081247
子どもは自分の作ったものを見てほしいんですね。
それくらい自分を表現できているのだと思うと
大したものだと思います。
そう思うと、しみじみ見ていただきたいところですが
そうはいかないようです。

それから、今年のフォトスポットは、こんな感じです。
P2081251幼稚園が2月1日で55周年なので
それを祝うデザインです。
大きな花束を持っているように写真に写ります。
大きなバースデイケーキも作りました。

切り紙を楽しんだり、紐かけを楽しんだり
小さなお楽しみも盛り込んで
お庭に出たら、思いっきりかけっこしたりブランコしたり、

お家の方々はおしゃべりに花を咲かせて、楽しい1日は過ぎていきました。

kawawadayochien at 15:31|この記事へのリンク園だより 

2020年01月26日

【河和田幼稚園】アイドル来園

P1231186まるでフルーツのような盛り合わせです。
でもよく見れば野菜。
赤とオレンジはご存知パプリカ。
そして黄緑色は? 
ロマネスコというカリフラワーの仲間。
1月23日の味噌汁の具になった野菜たちです。

「きょうの味噌汁にこんなお野菜が入るよ」と朝の会で紹介しました。
ロマネスコはみそ汁を作るなつ子さんが小さくしてみそ汁の具となり
やわらかくてとても食べやすかったです。
パプリカはみそ汁の中で鮮やかなアクセントになっていました。

食後にお客さんがいらして、幼稚園は大賑わい
どんなお客さんだったのでしょう。
P1231192そうです、12月に来てくれた
こまのおっちゃんです。
こんな感じで人気アイドルのようです。
おっちゃんがこっちに来れば、子ども達もこっちに。
おっちゃんがあっちに行けば、子ども達もあっちに。
というぐあいでした。おっちゃんすごいなぁ〜

IMG_4706年長さんはコマ検定の2回目があり、前回今回で20人が合格。
年少さんのほし組では、すもう大会が開かれました。
女子もこのように激しくぶつかり合っています。
負けて悔しくて泣きそうになった子に
「おすもうさんは、泣かないよ」といましめるK君。
その一言で涙をぐっとこらえる姿に成長が感じられました。
今まで見る側だったJ君が、やってみたら強くて準優勝
すごいね。きっと大きな自信につながったことでしょう。

年中さんの本の貸し出しも朝に行うようになると、
張り切って登園する姿があったり、
年長さんには科学の本(動物・恐竜・植物・料理・数など・・・)の貸し出しが始まり
絵本の楽しみも増えています。そういえば、
コマ検定で先生がつけている記録(合否・回っている秒数)に興味を示す子がいました。
年長さんは文字や数字が読めるようになってきたので表組の情報も読み取るのです
いろんなところに成長がみられて、うれしいですね。

kawawadayochien at 12:43|この記事へのリンク園だより 

2020年01月19日

【河和田幼稚園】最高の答えを

昨日は今年初めの自由登園でした。
とても寒い日でしたが、久しぶりに20名を超える人数でした。
「それなら!」とまい先生・しおり先生・みさと先生で計画したのは
全員での“すもう大会”でした。
私も観戦したいところでしたが、もう50年以上使っている身長計がこわれたので
隣の部屋で修理をしていました。
子ども達が友達を応援する声がにぎやかで、
先生が盛り上げるうちわ太鼓のベンベンベンベンという音が
まるで大相撲のようで、さしずめ<河和田場所>といった雰囲気。

「横綱はだれだったの?」と聞いたら「Sくん!」との即答でした。
Sくんは年長さんです。やっぱり年長さんが強い。
しかし、きっと勝ち上がっていくと期待されたTくんは、
意外や意外、年中の女子Sちゃんに敗れたとのこと。
大相撲でも小兵が立ち回って、山のように大きい相手を倒すことがあると
「でかしたっ☆」と小気味いいものですが、負けたTくんは悔しかったでしょう。
子ども達のあそびは本気ですからね。

ところで話はかわりまして、お父さん・お母さん
子どもが言うことをきかなかったり、ぐずっていたり
いたずらしたりしたとき、どうしますか?

「コラッ」と叱ったり、「早く」と急かしたりしますか?
それとも、子どものするがままにしておきますか?
お母さんの言っちゃいけない言葉の第1位は「早く」だそうで、
「気を付けましょう」などと教育評論家がアドバイスしてくださるものだから
この頃は、言わない親御さんが多い。
だから、子どもは調子に乗ってやめようとしない。
親の役割って何でしょう?

「お母さん、子どもに試されていますよ」と私は言いたいのです。
子どもは5歳なら5年間の経験で手に入れた全てを駆使していろいろやらかしていると思います。
そして勝手をやっているようで心のどこかで「お母さん、こっち見て」と言っていると思います。
「お母さん、どう思う?」と問いかけているのではないかと思います。
だから、お母さんはハッキリ答えてほしいんですね。
答えかたはいろいろあっていいと思うし、試行錯誤した方がいいと思うし、
タイミングよく、ハッキリとわかりやすくが大事なところ。
ハッキリと、と言うと厳しくなって人格否定までするようでは困ります。
ハッキリと、とは子どもが「なるほど」と思うような表現ということです。
なかなかハイレベルのコミュニケーションですよね。
しかし、恐れることはありません。基本はシンプルです。
子どもの問い—言葉だけでなく行動で示すこともあるでしょうーに答えるということです。
それから、子どもは何といってもお母さんが大好きだし
お母さんは子どもが可愛くって仕方がないわけですから
そういう関係の二人なら、ちょっとの失敗も取返しがつきます。
子どもにとって失礼なのは、問いに対する答えがないことなのではないでしょうか。

PA231525子育てという親の仕事はコミュニケーション力など
人間力が求められるハイレベルな仕事です。
本当に尊い仕事で、日々修行のようなところもあると思います。
幼稚園はそんなお母さんをいつも応援していますから、
頼りにしてください。
(パワー出るようにおにぎりの写真で応援します)

子どもの問いに対して、その時の最高の答えを返してあげてくださいね。
ちなみに最高の答えとは、いわゆる模範解答というようなものではなく
あなたのお子さんにピッタリの、その場にピッタリの、あなたらしいということです。
私は、そのように思います。




kawawadayochien at 09:34|この記事へのリンク園だより 

2020年01月11日

【河和田幼稚園】お茶でも飲むか

新年が明けて11日がたちました。
幼稚園も8日から始まり、子ども達も元気に登園してきました。
P1071169P1071168幼稚園では正月のお飾りを
こんな風にいたしました。
どちらも玄関に飾りました。
右は室内用です。
園児のおばあちゃんの手づくりです。
毎年飾っていますが、
丁寧な仕上がりに、いつもほれぼれします。
左の屋外用は久しぶりに
近所のお店で購入したものを飾りました。
というのも、ここ4,5年は、事務長の嶋田
さん手づくりのものを飾っていたからです。
市民センターの<お飾りづくり>に参加して作るのですが
昨年はお飾りの藁がうまく作れなかったとのことで、
ハーブを使ったアレンジお飾りになったとのことです。
ハーブお飾りはさらにアレンジしてこんな風に飾りました。
P1071167園児のおじいちゃんが出荷されている枝物と組み合わせてみると
なかなか素敵なお飾りになりました。
この枝物は実物はもっと色が鮮やかな赤と黄色です。
おめでたい時用の枝物だそうです。
写真の松は、園庭にある松です。
ハーブは、レモングラスというハーブで
ほのかにいい香りを放っていました。

そして、きのうお飾りを燃す<どんど焼き>をしました。
時々たき火をして、子ども達に火の経験を味合わせるように
してきて、その流れでやってみました。

きのうは、誕生会でお餅を食べました。
以前は餅つきをしていたのですが、保健所の指導でとりやめているのです。
代わって、ホットプレートで餅を焼いて醤油をつけ、海苔で巻いて出来立ての磯部餅を食べています。
家ではお餅を食べない子も、皆と一緒だからか、
はたまた和菓子屋さんから仕入れるお餅だからおいしいのか、お替りするほど!
お替りが焼けるのを待っていると「じゃ、お茶でも飲むか〜」と
なんだかご隠居さんのようなことを言って、こんどは、三年番茶が入ったジャグの前に長蛇の列が!
それにしても、お餅っておもしろい食べ物ですよね。
子どもたちは、プクーッとふくれる様子や、ビヨ〜ンとのびる様子を楽しんだりするわけですね。

羽根つきしたり、福笑いをしたり、凧あげしたり・・・正月気分をたくさん楽しんだ1週間。
3学期は、風邪やインフルエンザに気を付けて
学年末をたのしく過ごしたいものです。
今年もよろしくお願いします。




kawawadayochien at 12:20|この記事へのリンク園だより 

2019年12月14日

【河和田幼稚園】おもしかった

きのうは名古屋から、こまのおっちゃんが来て<こまのサーカス>を見せてくれました。
こまのおっちゃんがいろいろなコマを紹介してくれました。
日本中にいろいろなコマがあるんですね。
PC131112おすもうさんのコマ
桃太郎のコマ
とうちゃんかあちゃんコマ
べえごま
釣り鐘コマ
ばかコマ‥‥

PC131113PC131124
回し方もいろいろです。
細竹の先で回したり
おっちゃんのハンドパワーで回したり
日本刀の刃先で回したり
扇子のふちで回したり

子ども達は食い入るように見ています。
ふつうは45分くらいだそうですが、
子ども達の集中力と「アンコール」の声で公演時間は1時間に及びました。
感想を聞くと「おもしかった」(おもしろかったじゃなくってね)
「おっちゃんはコマの天才だと思う」
「すごすぎる!」
「どうして、そんなに上手なんですか?」という質問も。
すると、おっちゃんは「コマが好きで、いっぱい練習したからね」とのこと。

子ども達が退場した後は、保護者タイムでおっちゃんが子育てについて話してくれたり
その後は、お父さんもお母さんもコマ回しをやってみました。
PC131127みなさん夢中です。
そして回せるとすごくうれしい!
PC131125
廊下ではいろいろなコマ
羽子板・皿回しなどなど
おもちゃ屋さんが開店です。
こちらもたくさんのお母さんたちで
大賑わいでした。

お昼を食べた後は、年長さん向けに特別講座。
当初、30分の予定がこれまた1時間に延長されるほどの
おっちゃんの白熱講座でした。

PC131117
<こまのサーカス>では、
ディアボロもやってくれて、天井にぶつかるほど高く飛びました。
おっちゃんと弟子のルパン君の
ディアボロのキャッチボールを披露してくれましたが
「ほんとはもっと高く飛ばせるんやで〜」ということで

降園時間の園庭で、それはそれは高く!10メートル以上も高く
ディアボロを飛ばしてくれたので、子ども達はまたまた「スゴイ、スゴイ」と大喜び。

おっちゃんは86歳とのことですが、そのエネルギーはどこから?というほどの
すばらしい技の数々、そしてお客さんを引き付ける話芸でした。
子どもと居る大人は、かくありたいと感じ入った次第です。
かくありたいの中身を説明するのはもどかしい。
だから幼稚園では、これからも説明よりも子ども達やお家の方々が
いろいろなことを感じて・楽しんで・おもしろがっていけるようにしたいです!

kawawadayochien at 11:13|この記事へのリンク園だより 

2019年12月02日

つぼみちゃん受付状況

2020年度 つぼみちゃん【未就園親子教室】 
現在 水曜日(みずいろちゃん)
   木曜日(ピンクちゃん) 
両クラスとも受付中です。
つぼみちゃんの新年度は、2020年4月からスタートします。
詳しくは河和田幼稚園のHPをご覧ください。
お問合せお待ちしております。
 029(251)3154



2019年12月01日

【河和田幼稚園】紅葉と高揚

IMG_0221園庭の紅葉も見ごろ。イチョウの葉っぱは一気に散りましたが・・・。
イロハモミジの赤や橙色、͡コナラは黄緑と黄色が混じって、
ニシキギの深い赤、そしてエノキの黄色・・・と
夏のころの緑あふれる園庭とは違う楽しみがあります。
イチョウの落ち葉を束にして「先生あげる」と前触れもなく渡してきた子。ステキにできたからプレゼントという気持ちなのかしら。

久しぶりの晴天でテラスから眺めると、もう一つの紅葉か、と言わんばかりに
年長さんがオレンジ色のユニホームを着て、写真撮影をしています。
IMG_0220卒園に向けて<おもいでノート>の
1ページをかざる集合写真を撮っていました。
音楽会も控えていてとても心が高揚している年長さん。
卒園にむかって、というより
きっとみんなで撮影がうれしいにちがいありません。
後ろ姿からも賑やかさが伝わってきます。

“遊びは学び”といわれるようになって、遊びがどれだけ子どもにとって意味があるかが
浸透してきました。
IMG_0219“幼稚園の砂場で人生のすべてを学んだ”という言葉もあります。
今、ほし組の男子を中心に砂場でこんな遊びが続いています。
管をつなげること、隙間なくつなげるにはどうすればいいか
この管の中を水を通すにはどうするか、
試行錯誤するうちに高低差をつけることに気づきます。
「ちょっとスコップ持ってきて」「砂を入れるからここ持ってて」
「もっと固くして」・・・などなど声が飛び交います。
自ずと協力することも生まれてきます。
こういうたくさんの気づきの生まれることに大人は何をすればいいのでしょうか。
時間を細切れにせず、たっぷり保証してあげること
子どもが試行錯誤できるような環境をさりげなく整えていくことなどでしょうか。

秋空の下、子ども達が我をわすれて夢中になって姿は本当にまぶしいですね。

kawawadayochien at 10:16|この記事へのリンク園だより 

2019年11月22日

【河和田幼稚園】秋晴れのもとで

ここ数日天気のよい日が続いておりました。
天気がいいだけで気分も晴れるし、やっていることが何倍にも感じられます。
今週、火曜日にはホーリーホックのサッカー教室があり
子ども達は夢中でボールを追いかけました。
サッカーはボールを足で動かすので、ずいぶんボールと仲良くなれますね。

水曜日はなおみ先生がいらして、お話しや絵本の読み聞かせをしてくださいました。
実はこの日、園長の私は鹿島スタジアムに出かけました。
水戸地区の園長研修会が鹿島スタジアムで開かれたからです。
この日も青空が広がる秋晴れの1日でした。
メンテナンスの行き届いた芝生、赤と白でバランスよく配置されたシート
スタジアムを覆うような白い屋根、その上空には青空が広がっていました。
選手のロッカールーム、ピッチ前のウォーミングアップエリア、記者会見室、VIPルーム
様々な施設を見学させていただき、なんと中田浩二選手の講義を聴くことができました。
一流の選手というのは、こうも見事なものなのかと感心させられました。
日頃からコミュニケーションの大切さを痛感していますが
「何を言いたいかというと、コミュニケーションをとることが親子の間でも
その他の関係でも大切だ」というのが中田氏の話の要点でした。
また広報の方からは、子どものためのサッカーコーチングについての話を聞きました。
興味深かった指導のポイントは、
No Line,No Laps,No Ⅼecture ということでした。
並ばず・素走りせず・解説せず というようなことで、言ってみれば
たくさん動き・動きを工夫して・動いて理解・・・というようなことだったかと思います。

さて今日が晴天だったら、年少・年中さんは歴史館や偕楽園にお散歩でした。
朝から冬っぽい空気で、あいにくの天気で出かけられず、
合唱や合奏の練習をしたり、
クラスごとに相撲大会をして終わりました。
PB220996お母さんたちのクレッシェンドセミナーでは
スワッグという花束づくりをいたしました。
「同じ材料なのに、一人ひとり違う」
「人の作品がステキに見える」
「たのしかった」という声が聞こえてきました。
クリスマスが近づいているのが感じられますね。

季節が寒くなりますが、楽しいことはたくさんあります。
手洗いうがいで、風邪をひきませんように。



kawawadayochien at 16:48|この記事へのリンク園だより 
月ごと過去記事