2021年12月03日

【河和田幼稚園】ユズ談議に花が咲く

年長さんは一番近い小学校<河和田小学校>に出かけました。
河和田小学校と言えば、これです。
DSCF1476この大イチョウです。
見事でしょう
青空とイチョウと子どもの姿がいっしょに目に入ると
その空間のひろがりや秋の空気の清々しさが押寄せてきました。
子ども達はせっせとイチョウの葉っぱをひろいました。
大きい葉っぱもうれしいけれど、ちっちゃい葉っぱがいっそううれしい。

もちろん、イチョウ以外にも興味はあります。例えば
DSCF1488遊具ですね。
すべり台には小さな行列ができて次々滑ります。
ジャングルジムにのぼったり
地面に埋め込まれたタイヤを跳んだり。
登り棒もあったけれど、なぜかロープでグルグル巻きにされていたので
誰も登れなかった。

年中さんは近くのみかん畑に出かけました。
PC033803幼稚園の近くですが、穴場ですね。
以前はみかんがたくさんなるので、畑の持ち主のおじさんが
「みかんをとりにおいで」と誘ってくれましたが
このところは、あまりみかんはできなくなり
かわりにユズの木があって、まだ取り切れていないユズがなっています。

そこで、ユズを取らせていただけるようにおじさんに交渉。
「いいよ」ということになり、さんぽ&ユズ取りに出かけました。
とは言ってもユズには立派なトゲがあるので、取るのは先生の仕事。
立派なユズほど高いところにあるので、
先生たちは脚立持参で出かけました。

PC033822ほら、こんなにりっぱなユズがとれました。
「わ〜、いいにおい」「いやされるぅ〜」
いろんな声が聞こえてきます。
この近くには、どんぐりの木もあります。
どんぐりに気づいた子どもは、さっそく拾いはじめました。
「どんぐり、サイコウ(最高)」と声をあげたのはK君です。

さんぽの帰り道、「ユズってお風呂に入れるといいんだよ」
「おかあさんは、ユズを入れた飲み物を飲んでいるんだよ」などと
ユズ談議に花が咲く子ども達でした。

年長さんも年中さんも秋を楽しむ散歩になりました。
年少さんは幼稚園の秋を楽しむことができたでしょう。

kawawadayochien at 19:15|この記事へのリンク園だより 

2021年12月01日

【河和田幼稚園】水たまりジャブジャブ

きのうは音楽会だったので、今日は自由の日
ー分がやりたいことをする好きな時に好きな所でお弁当を食べる
など自由です。10:30頃にお弁当を食べ始める子がいました。
今朝は天気予報通りすごい雨が降ったので、水たまりできました。
そこでこんなことが
PC013359PC013362








裸足になって、庭をかけ回る子がたくさんいました。
水たまりにジャブジャブ入る子も
泥水で濡れたり、汚れるのがたのしい
子どもたちは雨も楽しみのひとつですね。

遊戯室では音楽会の楽器をそのままにしておいて、合奏を楽しみました。
年長さんが年中さんや年少さんにマンツーマンで教えてくれて
りな先生のピアノで、合奏を楽しみました。
地球の部屋では、新聞紙あそび・ドレスを着てあそんだり
クラスでは、パズル・工作・粘土あそび・お店屋さんの準備でマカロンづくりなど
それぞれに自分でやりたいことを選んで、遊びました。
きょうも楽しい1日になりました。






kawawadayochien at 17:52|この記事へのリンク園だより 

2021年11月30日

【河和田幼稚園】100点満点だね

きのうに続いて冷え込む朝でしたが、いい天気になりました。
今年は行事ごとにお天気に恵まれています。うれしいですね。
きょうは、歌や合奏をお家の人に楽しんでいただく、音楽会でした。
ちょっとおしゃれしていることやお家の人が来ているのが、うれしくて
緊張よりウキウキしてる子ども達。

PB303346愛先生のリードでボディパーカッションから始めたのは年中さん。
続く合奏「茶色の小瓶」も自分が選んだ楽器で、リズムにのって
楽しくできました。
歌は、秋の食べ物が次々出てくる「くだものれっしゃ」
そして、大好きなお父さん・お母さんを思い浮かべながら
スキスキ大好き〜と歌う「お日さまになりたい」100点満点

PB303348お次はほし組さん。入場しておうちの人がいるのがわかってうれしそう
合奏「おもちゃのチャチャチャ」で鈴を鳴らして楽しそう。
みお先生があまりにうれしそうな子ども達を見て
「おうちの人見つかった。ヤッホーしようか」と呼びかけると
それはそれはうれしそうに「ヤッホー」するのでした。
「おんまはみんな」も「どんな色がすき」も楽しく歌え100点満点。

ほし組さんは帰りの会をして帰りましたが、年中・年長さんはお昼ご飯を食べてエネルギーチャージ。
PB303354
1:00からは年長さんの合奏で幕開けです。
練習を始めた頃は、自分のことで精いっぱいでしたが
少しずつ、みんなの音が合って合奏になってきたのです。
今日は、みんなの気持ちが一つになって、ワルツが踊れるくらいの
「スケーターズワルツ」になりました。100点満点

PB303357年長さんのこの堂々ぶりをご覧ください。
おうちの人はこの姿を目にし「りっぱに育った」と思ったことでしょう。

歌は「青い空の絵をかこう」「こころのねっこ」
あと4か月後には卒園・・・そんなことが頭をよぎる歌詞に
せつない思いも湧いてきました。


しばしコロナを忘れて、子ども達の歌に聞きほれ、心を動かされた音楽会のひと時でした。
歌うことって、やっぱりステキ 音楽っていいね



kawawadayochien at 18:16|この記事へのリンク園だより 

2021年11月28日

【河和田幼稚園】忍法おそるべし

これは何だかお分りになりますか?
PB253340虫のようにも見えますね。
ひっつき虫のひとつですが、虫ではなく植物の種。
秋の野原を歩くと、いつの間にか服に付いていた
なんてことがありますね。
たくさん付いていたので、
コロコロ(ローラー型粘着テープ)で
一気に取ろうとしたら全くとれません。
さすがひっつき虫です。
先っぽが二股になって、これがしっかり服に食い込むのですね。
コロコロしたらさらに食い込むわけです。
ひっつき虫、あっぱれです
ちなみに名前は、シロノセンダングサというそうです。

幼稚園では11月30日の音楽会にむけて各年次ごとに練習をしています。
練習が終わると、主に園庭に出て自分のやりたいことで遊びます。
この前紹介したスタバごっこやハートラブが小さなきっかけから始まりましたが、
今週は、ほし組さんのK君・T君らを中心に忍者ごっこが始まりました。
IMG_6765さっそく先生が忍者の頭巾を出すとあっという間に忍者に変身。
いろんな忍法が生まれ修業が始まります。
・忍法ブランコの術
・忍法木登りの術
・忍法かけっこの術
・忍法かくれんぼの術 
・忍法橋わたりの術
忍法を使うと、いずれも動きが素早くカッコよくなる
帰りの支度なども、モタモタしていたのが素早くなるのだから忍法おそるべし。

忍者の年少さんを見ていた年長さんも「わっ、おもしろそう」と影響され・・・
やっぱり、子どもの生活の中心には遊びがある。



kawawadayochien at 10:55|この記事へのリンク園だより 

2021年11月22日

【河和田幼稚園】子どもがオーナメント

きょうは雨模様の一日になりました。
写真なしですが、雨のせいかイチョウの葉が一気に散って
「わぁ、葉っぱが落ちてる〜」と登園するなり駆け寄った子がいました。
それほど、見事な散りっぷりでした。

ところで、まだ11月の半ば頃からクリスマスツリーとか
クリスマスソングなど、クリスマスが始まっていますが、
河和田幼稚園のクリスマスツリーをご覧いただきましょう。
PB123325子どもがオーナメントです
その昔は、本物のクリスマスツリーでした。
その後、地植えしてグングン大きく育ったので
適宜枝打ちすると
こんな風に子どもが木登りできる
もみの木に育ちました

「ぐりとぐらとくるりくら」という絵本があり
くるりくらが木登りが上手で、ぐりとぐらも木のてっぺんまで
連れて行ってもらいます。
木登りすると、どんな景色が眼下にひろがるのでしょう。
もみの木に登る子どもたちがうらやましいくらいです

kawawadayochien at 18:22|この記事へのリンク園だより 

2021年11月17日

【河和田幼稚園】遊びも仕事も💙

この頃、いい天気が続いていて気持ちがいいですね。
PB123326先週、金曜日にはご覧のように
<秋空ウォーキング>がありました。
お母さん達のクラブ カラダカラの企画です。
黄金色のイチョウの落ち葉が舞う歴史館に集合
20人くらいのお母さん達が集まり、
1時間くらい晴れた秋空のもと歩きました。

スターバックコーヒーでにぎわっている幼稚園の砂場付近に
新たな旋風がもう一つ 
PB173733まあまあ、お客さんがいっぱい
ということは、誰かのステージですか?
そう、その通り。
年中の女の子たちがNiziUの縄飛びダンスをしている
お客さんは、ほし組さんです。
あい先生がCDをかけたり、しおり先生がハートのスティックを作った
ので、子どもたちが集まって大盛り上がりです。

そして、この後がしゃれている💙
コンサートの後は「スタバに寄ろう」とスタバも大賑わい
PB173736
こんな子どもたちも
音楽会に向けて、歌を歌ったり
合奏の練習をしたうえで、ですから
たいしたものです。


遊びも仕事も両立させる女の子たちなのでした。




kawawadayochien at 18:16|この記事へのリンク園だより 

2021年11月16日

【園庭開放・庭day】河和田幼稚園


かわわだ幼稚園の園庭開放 庭Day 
 日 程 11月22・29日
     12月  6・13日
       1月17・24・31日
       2月14・21・28日
       3月  7・14日
         いずれも月曜日です。
 時 間 10:00〜⒒:00
   ⦿予約制なしで、誰でも気軽に
       ご利用いただけます,
  ☔雨の日でも お部屋で遊べます。


kawawadayochien at 12:12|この記事へのリンク園庭開放 | 園児募集

2021年11月11日

【河和田幼稚園】スナ―バックスcoffee

PB093316ここは、子ども達の大好きな場所のひとつ。
木製遊具で「雲」といいます。
こうして登れば、雲の上にいるような
遊具の作者 神賀さんはそんなイメージで作られたのでしょうか?

子ども達は、ちょっと高いところが大好き。
「よいしょ、よいしょ」と張り切って登って
先生よりも高いところにいるのが気分いいみたいです。


きのうから、<スタバごっこ>というのが始まりました。
「どんな遊びかなぁ」と思っていたら、
PB113319年長の女の子たちが砂場にやって来て、
テーブルやベンチを出してチェックのクロスをかけて
「かびん、かびん」などと言いながら遊びだしました。
<スタバごっこ>が始まりました。
始まりは、泥水コーヒーからだったようです。
砂場のカップに砂を盛り付けると、
かき氷になったり、ケーキになります。
「かびん」はお部屋で使っている小さなガラスコップ。しゃれたインテリア!も考えるのですね。
子どもにとって砂場はいつも楽しい遊びが始まる場所です。
スターバックスならぬ、スナ―バックスコーヒーでしょうか?

ほし組のSちゃんとⅯちゃんが「園長先生のお手伝いをする〜」とついてきたので
お庭の枯草集めを手伝ってもらいました。
「園長先生はお部屋に入るわよ」と言うと「いっしょに行く」とついてきました。
PB113321
ふたりともこの頃仲良しになって、
履いている靴も、おなじような薄紫色です。
ついてくるのに夢中で、靴はあっちこっちになっていたので
揃えておきました。


ほし組に行くのでなくて、事務室に行きました。
するとあきこ先生・小野さんがいて「じゃ、クマさんの冬支度をお願いしようかしら」
夏の間、裸ん坊クマさんに、セーターやベストを着せてもらうことにしました。
PB113322さすがお手伝い好きのSちゃん・Ⅿちゃんです。
上手に着せてくれました。
クマさん、寒くなる前に着せてもらえてよかったです。
お手伝いが終わったら、自分たちのやりたいことを伝えてきました。
「紙をください」と言って、ペンは自分たちで見つけて
絵を描きはじめました。

幼稚園の遊びのひとこまを紹介しました。
子ども達は川の水が流れるように、遊び続けます。
途切れず続くので、おもしろいですね。



kawawadayochien at 18:29|この記事へのリンク園だより 

2021年11月08日

【河和田幼稚園】園児募集中

11月1日より願書受付がはじまりました。
河和田幼稚園では、

2022年度 3年保育入園希望の方
募集中です。ぜひご連絡ください
☎029-251-3154


kawawadayochien at 10:33|この記事へのリンク園児募集 | 園だより

2021年11月05日

【河和田幼稚園】秋を味わって

きょうは絶好のピクニック日和で、みんなで水戸市植物園まで歩いて行きました。
PB053675雲ひとつない秋晴れ
今年は年少さんも参加して、
年長さんと手をつないで歩くことにしました。
いざ出発!というところで青空を見上げると
旅客機が間近に見えるではありませんか。
どなたを乗せて、どこへ行くのでしょう。

PB053681こんな風に、長い列を作って歩いていきました。
行きはまだ余裕があります。

IMG_6673植物園に着いたら、
さっそくお弁当を食べました。
天気のいい日にお外でお弁当を食べれば
おいしくないはずがありません。
おまけに、今日はおやつOKなので、
ほんとに食がすすみます。

植物園に着いて、いきなり食事 となったのも訳がありまして・・・。
というのは、以前に比べて“ゆっくり歩き”になっているのですね。
これは、どういうことでしょう。
クルマ社会だから移動手段が足でなくて、クルマになっているのですね。
みなさん、いかがですか?
それから、コロナのために身体を動かす機会や外出が減ったこともあるでしょう。
子どもの育ちに、今の社会のあり様がはっきり反映されています。
保育後に先生達で振返って、このことをどう解決するか考えました。
結論は、少しでも歩く機会を増やそう ということです。
楽しくなるような散歩を少しでも増やそう ということになりました。

歩くための道が減って、クルマのための道路が増える。
人が歩かない、歩けない。そんな流れを加速させないように気をつけたいですね。

復路を歩かず、お家の方に迎えに来てもらった年少さんは
昼食後、植物園を少し楽しむことができました。
IMG_6679IMG_6687








池の鯉を見ました。子どもたちが見ていると鯉が口をパクパクさせながら近づいてきます。
温室に行くと大きなサボテンがあったり、ふだんは見られない珍しい植物もありました。

お天気が良くて、風も気持ちよく、様々な植物が紅葉していたり
滝や水が流れる音が心地よく、植物園や歩く道々にたくさん秋を感じる1日になりました。




kawawadayochien at 19:15|この記事へのリンク園だより 
月ごと過去記事